朝の目覚めをスッキリさせる活脳体操! 寝たままできる簡単体操

気分爽快、頭もクリアになる、目覚めのストレッチ

午前中はエンジンがかからない…そんなあなたは、ふとんの上でできる活脳ストレッチを試してみましょう。

簡単な動作で脳が動きだす!

 朝の目覚めがスッキリしない、午前中はどうしても頭がぼ~っとしてエンジンがかからない…そんなあなたには、軽く活脳体操を行ってから起きるようにすることをおすすめします。
 体操といっても、ハードな運動ではありません。とても簡単な体操で、ふとんの上で寝ころびながら行なえるので体力のない人にもピッタリ。

 たとえば「ウインク」。ウインクの際には眼輪筋を動かしますが、この眼輪筋を思い切り使ってウインクすると脳の奥の部分(脳幹網様体)が活発に働き、ノルアドレナリンやドーパミン、セロトニンなどの脳内物質の分泌がさかんになって脳を覚醒させ、脳を働きやすくします。また、脳の前頭葉も活性化します。

 ウインクだけでも効果がありますが、以下に紹介する「指先・足先ジャンケン」「足習字」もあわせて行なうとより効果的です。前頭葉は軽いストレッチングや筋肉トレーニングで活性化することがわかっていますが、「指先・足先ジャンケン」「足習字」はこれらの要素を含んだ体操です。
 前頭葉を活性させる他、筋肉トレーニング効果やリラックス効果も期待でき、まさに一石三鳥です。

指先・足先ジャンケン

 あおむけのままで、手と足でジャンケンします。最初は、手と足が「あいこ」になるように。慣れてきたら、手が勝つように。次は、足が勝つように。

<やり方>
(1)まず、手と足で「グー」をつくります。次に、手で「チョキ」、足で「パー」をつくります。
(2)手が「グー」で足に勝つようにジャンケンします。
(3)手が「チョキ」で足に勝つようにジャンケンします。
(4)手が「パー」で足に勝つようにジャンケンします。
(5)(2)~(4)の要領で、今度は足が手に勝つようにやってみましょう。
(6)ジャンケンがうまくできない人は、グー、パー、グー、パー、あるいはグー、チョキ、パーなどと繰り返すだけでも構いません。

足習字

 あおむけになり、頭の後ろで手を組みます。足先を持ち上げ、空中に文字を書きます。「あいうえお」や、「自分の名前」など。 文字を書くには、「視覚の処理(後頭葉)」はもちろんのこと、「動きの把握(頭頂葉)」や「言葉の処理(側頭葉)」が必要になります。足習字はこれらの活動を統合した動作です。ただし、やや強い運動なので、無理のないように行いましょう。

<やり方>
(1)足をふとんの上から浮かして、空中に文字を書きます。
(2)自分の名前をひらがなで書いてみましょう。
(3)漢字や英語も書いてみましょう。
(4)しりとりをしてみましょう。
(5)足が動かせない人や、運動が強過ぎる人は、手の先で、(2)~(4)の動作をしてください。
(6) かかとをふとんから上に浮かせない人は、かかとをふとんにつけたまま、足の先だけを動かして文字を書いても結構です。

 活脳体操は、呼吸をとめたり、いきんだりせず、自然な呼吸で行うことが大切。また自分が心地いいと感じる速さ・強さで行うのも重要なポイントです。ハードに行えば、活脳効果が高まるわけではありません。
 体や脳が目覚めていくのを楽しみながら活脳体操をして、朝のスタートにちょっぴり差をつけたいものですね。

(「ボケない頭をつくる60秒活脳体操」篠原菊紀著、法研より)

【著者】
篠原菊紀


諏訪東京理科大学教授
1960年長野県生まれ。東京大学大学院博士課程(健康教育学)等を経て、現在、諏訪東京理科大学教授。学生相談室長。専門は脳システム論。多チャンネル近赤外線分光法で日常的な脳活動を調べている。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ボケを防ぐ脳のエクササイズ-鏡をつかってできる2つの脳活

最近、もの忘れがひどくなった。人やものの名前が出てこなくて「アレ・コレ・ソレ」を頻発。そんなプチ・ボケ現象はありませんか?
身に覚えがある方はきっと、脳をイキイキ活性化させたいと思っているはず。そこでそういう方のために、鏡を見ながら簡単... 続きを読む

結婚したいOLが書き初めで書きそうな四文字熟語ランキング

一期一会 以心伝心 相思相愛 良妻賢母 大願成就 6位以降をみる ... 続きを読む

美しさは腸から始まる♪腸活ダイエット始めませんか?

腸活ダイエット、聞いたことがありますか? その名のとおり、腸を活動させるダイエットです。これを行うと肌コンディションがよくなり、美肌になれると言われています。 一体どんな方法なのでしょうか?美しさは腸から始まる♪腸活ダイエット始めません... 続きを読む

さらにダイエット効果をあげる!活痩麺

燃える陽射しもなんのその、いつも心はほがらかだ! 暑い夏も元気いっぱいのあなたは、さらに美しい自分をめざすべく、ダイエットを続けるべし。それには、ダイエット系薬味をかけた活痩麺をどうぞ。 ねらった効果が得られ... 続きを読む

可愛いペットは心を癒してくれる-アニマルセラピーの効果とは

可愛い犬の写真を見ただけで、「なんだか、いやされる」と感じたことはないですか?
動物との触れ合いは、人間にとって、心身両面で大きないやし効果を持っています。それを医療に応用しているのがアニマルセラピー。
アニマルセラピーは、老人介護施... 続きを読む

1日中デスクワークで足がパンパン!むくみ解消に効く飲み物3選

1日中デスクワークをしてれば、それこそ足はパンパンになるに決まっています。 そんな足パンパンむくみ女性にオススメしたいドリンクがあります。1日中デスクワークで足がパンパン!むくみ解消に効く飲み物3選 誰もが知っている豆乳 豆乳には、利尿... 続きを読む

知られざるデング熱の意外な名前の由来

デング熱とは
デングウイルスをもつ蚊に吸血される際に感染し、2〜15日の潜伏期間のあと突然の発熱、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹などの症状が現れる。多くは1週間程度で回復するが、一部は重症化して出血やショック症状をきたすことがある。デ... 続きを読む

なんで足指しばりでウエストが細くなるの?

開いた骨盤を元の位置に戻してウエストを締める筋肉の働きをよみがえらせる
足指しばり 「がんばってダイエットをしているのに、ウエストが全然細くならない……」
そんな皆さんにぜひ試していただきたいのが【足指しば... 続きを読む

いつでもどこでも指先運動ダイエット

指先運動
手持無沙汰な通勤途中の電車の中や、誰かを待っている間など、ちょっとした時間にダイエットをすることが出来れば、無駄な時間の有効活用になりますよね。
指先運動ダイエットは、いつでもどこでも、空いた時間に出来るダイエット方法です。... 続きを読む

「腸活」に欠かせない!発酵食品のビューティーパワー!

こんにちは、インナービューティー研究家・フードコーディネーターの國塩亜矢子です。便秘の改善、肌荒れ予防などまずは「美腸」を作ることが大事!ということで注目している人も多い「腸活」。そう、「美腸=美肌」なのです。その腸活に欠かせないのが発... 続きを読む