女性たちがマラソンに夢中になる訳-皇居ランナーに女性が多い理由

みんながのめり込んでいくその魅力は、風になれるような感覚

女性が走り出したきっかけ、女性にとって走りやすいコースとは? ネットワークのつくり方を紹介します。

気軽に始めて、徐々にのめり込んでいく

 市民ランナー3万人が、都心を駆け抜けた東京マラソン。3万人のうち約2割は女性でした。颯爽と走る姿を見て、憧れを抱いた人も多いでしょう。気がつくと、公園や河川敷など、街のあちこちで女性ランナーの姿が見られます。女性が走り出したきっかけは何でしょうか? ダイエットが理由なのでしょうか。

 4年ほど前から走り始めたAさん。きっかけは、「公園にジョギングコースがあったから」。それまで運動はあまりしていなかったのですが、ふっと公園を走ってみようと思い立ったそうです。始めてみたら、おもしろくなり、ついに東京マラソンを完走するまでになりました。
 同じくフルマラソン経験者で、ランニング歴10年のMさんは「子育てが一段落して、主人が走り出したので、一緒に始めました」と言います。どちらもことさら気負うことなく、気軽に始めています。

 ランニングはシューズさえあれば、とりあえず始められる、参入ハードルの低いスポーツ。これは大きな利点でしょう。家事の手の空いたとき、あるいは通勤前などに、30分程度ならすぐに捻出できるでしょう。
 おしゃれなウエアも魅力の一つ。スカートやワンピースなど、シーズンごとに新作が発表され、ウエアを着て走る楽しみもあります。これも女性ランナーならでは。東京マラソンの影響も大です。走る楽しさが広く報道され、触発された人も多いでしょう。

 しかし、ブームに乗って始めたとしても、みなさん徐々にのめり込んでいきます。その魔力のような魅力をMさんはこう語ります。
 「風を切って外を走ると、季節の花が咲いたり、新緑が芽吹いたり、と四季の移ろいを実感できます。自然を自分の肌で感じられることが、一番の魅力です」。自然と触れ合え、自分が風になれるような感覚を体感できる点が、最大の醍醐味といえるのではないでしょうか。

皇居外周が女性に人気なわけ

 普段は近場の公園や河川敷で走るという人も、気分転換に違う場所で走ってみるのもよいものです。皇居外周はやはり一度は走ってみたいコース。最近は渋滞が起きると噂されるほど、多くのランナーが集まりますが、女性にとって走りやすいコースといわれています。その秘密を解いてみると……。

(1)1周5kmと計算しやすい距離
 100mごとに敷かれた都道府県花のプレートが、距離の目安になります。また、信号がないので、中断することなく走れることも魅力。
(2)防犯上、安心して走れる
 皇居警備の警察官が辻々に立ち、交番や詰所もあり、女性にとって安心感があります。
(3)着替えができるランナー用施設の充実
 稲荷湯など、銭湯の存在は知られていますが、ランナーをサポートする専用の施設も周辺には点在しています。シャワーやロッカーが完備していて、女性にとって利用しやすい環境が整っているといえるでしょう。
(4)変化に富んだ景観が楽しめる
 並木の中、千鳥ヶ淵公園や桜田門など観光名所が次々と現れ、東京のど真ん中を走る爽快感が味わえます。筆者も走ってみましたが、皇居というシンボリックな場所のため、レースでもないのに、「晴れ舞台」に立った気分になれました。

 東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園も人気です。木陰を走り抜けるコースは全長2,148mで、初心者にも無理なく走れる距離。おしゃれなウエアで走っている人が多く、外国人がいるのも場所柄でしょう。着替えは園内のトレーニングルームを利用。

 走る時間帯は、早朝や夕方が多いと思われますが、夜しか時間のとれない人もいるでしょう。しかし、公園などを夜間、女性が走ることは防犯上避けたいもの。週末などにまとめて走ったほうがいいでしょう。

仲間と走るともっと楽しい

 ランニングは一人で始められますが、孤高を極めるより、一緒に走る仲間がいたほうがやはり長く続けられます。仲間づくりには、地域のサークルに参加するのもいいし、インターネットを活用する手もあります。ランニングサイト「RUNNET」では、仲間やサークル会員を募集するページがあります。自分に適したものがあったら、参加してみるといいでしょう。ソーシャルネットワーキングサイトのランニングコミュニティで同好の士を募ることもできます。

 スポーツメーカーや各地の競技場などが開催する講習会に参加して、仲間の輪を広げる人もいます。初心者から上級者までいろいろなレベルの人が集まるので、視野が広がります。仲間と走れば、楽しさも倍増。てっとり早く、パートナーと走るのもいいでしょう。

 さあ、戸外を走って、風を感じてみませんか。

●ランナー用施設
 ランナーズステーション http://runsta.jp/
 ランニングオアシス http://www.art-sports.jp/modules/hibiya/index.php/index.html

●ランニングサイト
 RUNNET http://runnet.jp/home.php

●おすすめランニングコースの例
 皇居外周(東京都千代田区) 1周約5km
 駒沢オリンピック公園(東京都世田谷区) 1周約2.1km
 葛西臨海公園(東京都江戸川区) 1周約2.7km
 大阪城公園(大阪府中央区) 1周約3.5km
 万博記念公園(大阪府吹田市) 1周約5km
 真駒内公園(北海道札幌市南区) 1周約3km
 千波湖(茨城県水戸市)1周約3km

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
鈴木 優子さん


医療ジャーナリスト
大学卒業後、JTB日本交通公社出版事業局(現・JTBパブリッシング)を経て、フリーに。「医療安全」「dancyu」「PRESIDENT」などの雑誌に寄稿。医療、健康、パン&スイーツ、旅などの取材執筆をする。2006年国際医療福祉大学大学院 医療福祉ジャーナリズム分野修士課程に入学し、08年修了。東京大学医療政策人材養成講座5期生。産業カウンセラー。健康管理士。最近走りはじめたひよこランナーで、ただ今ランニングブログ走行中。http://runrun50.exblog.jp/

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

やせるテクニック:仲間をつくる

ダイエット仲間どうし、楽しいときもちょっぴりつらいときもお互いに支え合って
今まで何度もダイエットに挑戦してきたけれど、一人だとどうも挫折してしまう。そんな人はダイエット仲間を見つけるに限ります!
同じ目... 続きを読む

手を動かすと脳は活性化する-脳を刺激する手のお手軽体操

人間の脳神経細胞の数は子どものときがピークで、そのあとは減る一方だといわれます。だとすると、そこで知的な能力の成長もストップしてしまうのかというと、そういうわけでもありません。理解力、判断力などは成人になるまで発達することは誰しも経験的に... 続きを読む

マラソンのすすめ-走る習慣の身につけ方と自分へのご褒美のコツ

最近、「マラソン」がブームになっていますね。東京マラソンが大きく話題になっていますが、2007年に開催されて以降、参加希望者は毎年増加しているようです。調べてみると、実は私たちの周りにも、気軽に参加できる市民マラソン大会やチャリティーマラソ... 続きを読む

ランニングの健康メリット-正しいフォームで楽しく走るコツ

ランニングブームもすっかり定着し、最近は街なかや公園でたくさんのランナーを見かけます。2007年に始まった東京マラソンをはじめ、全国各地の市民マラソン大会も盛況。自分も走ってみたい、レースに参加してみたいと思っている人も多いのではないでし... 続きを読む

脳の仕組みとはたらきとは? 各部位のはたらきと脳の病気について

血液を循環する、呼吸する、食べ物を消化する……これらを行うのはそれぞれを受け持つ器官ですが、コントロールするのは脳。見る、聞く、触る、味わう、嗅ぐ……これらをつかさどるのも脳。記憶する、考える、判断する、感動する……これらも脳の働き。 ... 続きを読む

産地直送!とれたてサンマの買えるサイト

とれたてのサンマが食べた~い!
そんな人のために、gooダイエットではとれたてのサンマをご自宅まで直送してくれるお魚屋さんを集めてみました。どちらも新鮮なサンマを送ってくれる親切でお店ばかり。お好みの... 続きを読む

春本番! 新しい習い事やサークル活動、ジム通いなどを始めてもいいですか?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. 春本番!
新しい習い事やサークル活動、ジム通いなどを始めてもいいですか? A. NO……「新しいこと」は様子を見ながら始めてみて。
入学... 続きを読む

ダイエットに弾みをつけるランニング

ランニング
ダイエットには不可欠である運動。なかでもランニングは、健康的に痩せるための方法として取り組む人が多いです。そんなランニングのダイエット効果は、いくつかのポイントに気をつけることでより高めることができるのです。
ランニングに... 続きを読む

大皿のコース料理は進んで取り分けるが勝ち!

自分でやれば少な目に盛れる
その日にあれこれオーダーできる宴なら、ダイエッター向きのメニューをリクエストすることができるけれど、忘年会でいちばん頭が痛いのは、それすらかなわないコース料理かもしれません。
... 続きを読む

低い山も甘く見ると遭難事故に-安全な山歩きのコツとは

梅雨が明ければ本格的な夏山のシーズン。昨年は、華やかなウエアで楽しそうに山道を行く「山ガール」たちが大いに話題になりました。それに釣られてか、おしゃれな「山ボーイ」も少なからず見かけられるようになりました。ファッショナブルに登山を楽しもう... 続きを読む