パーソナルトレーナーが教えるダイエットのコツ-運動前の食事は?

運動の前後はどのタイミングで、何を食べたらいいの?

運動前はエネルギー源を補給、運動後は筋肉の修復・再成を助け疲労回復を促す食べ物を

運動前には軽く糖質(炭水化物)を補給

 暖かくなりましたね。身も心も軽く、思い切り体を動かしてみたくなりませんか? ダイエットや体力づくりのために、ジムに行こう、ランニングを始めようという方もいるでしょう。ふだんから運動している人も、これから始めようという人も、運動前後に何を食べたらよいのか、考えたことはありますか? 運動直前におなかいっぱい食べたらよくないのは何となくわかります。では、どのタイミングで、どんな物を食べたらよいのでしょうか。

 まず、空腹で運動することは避けてください。体の中に使えるエネルギーがないと、自分の筋肉や骨が分解され、エネルギー源として使われてしまいます。また低血糖を起こし、頭痛や疲労感、集中力の低下などを招くこともあり危険なだけでなく、運動後の食べすぎにもつながります。
 運動前はあらかじめエネルギー源として炭水化物(糖質)をとる必要があります。さらに、体を動かすときには消化吸収が終わっているように、運動を始めるまでの時間によって食べるものを変えましょう。

 運動を始める2時間以上前なら、主食と主菜、副菜といったふだんの食事でよいでしょう。あくまで適量でバランスのよい食事をこころがけ、消化吸収に時間がかかる脂肪は控えめにしてください。運動前に1時間くらい余裕があれば、おにぎり、サンドイッチ、うどん、中華まんなど糖質が主体の軽食でエネルギー補給をしましょう。

 30分くらいしかない場合は、バナナやみかんなど消化吸収が早くすぐにエネルギーになるものを。直前ならゼリー飲料やスポーツドリンクなど、それもノンカロリーでなくエネルギーのあるものがよいでしょう。牛乳は脂肪が多いので控えます。菓子や清涼飲料など甘い物をとると、反動で低血糖を起こすこともあるので注意が必要です。

運動後はすみやかに糖質、たんぱく質、ビタミン・ミネラルを補給

 運動後に何も食べないと、疲労が残り、筋肉が修復できません。運動効果を最大限得るためにも、運動後に何を食べるかは重要です。
 運動後は、エネルギー源として消費された糖質、運動によってダメージを受けた筋肉を修復するたんぱく質、汗と一緒に失われたビタミンやミネラルを補給する必要があります。これらをバランスよく含む食事をとると、疲労回復効果が期待できます。

 とくに筋肉トレーニング後1~2時間は、筋肉の修復のために成長ホルモンの分泌が活発になっています。このタイミングでたんぱく質が消化吸収されて血液中に届くと、筋肉の再成がスムーズに行われます。そのためには、運動後30分以内に栄養を補給できると理想的です。

 運動後すぐに昼食や夕食の時間がくるのなら、通常の主食、主菜、副菜でバランスよく栄養補給ができます。食事まで時間がある場合は、糖質とたんぱく質がとれるいなりずしや肉まんなどに、野菜ジュースなどをプラスした軽食を。時間がとれないときは、糖質とたんぱく質、ビタミン・ミネラル類が補給できる栄養補助食品や、果物とヨーグルト、チーズと果汁100%のジュースなどをとりましょう。

 運動前におにぎりやサンドイッチなどの主食を食べた場合は、運動後にはおかずだけ食べるとよいのですが、それだと脂肪が多くなりやすくエネルギーのとりすぎになるので、主菜は低脂質・高たんぱくの食材を選び、野菜をたっぷりとるなどの注意が必要です。
 低脂質・高たんぱくの食材には、豆・豆製品、魚、鶏ささ身やむね肉などがあります。

筋肉をつけたい人はたんぱく質を多く。脂が多い肉類は調理法に注意

 ダイエット中の人も、食べないで運動するのはよくないことがわかってもらえたでしょうか。ただし運動すると食欲も出るので、食べたいだけ食べてしまっては逆効果なのはいうまでもありません。ダイエットが目的の場合、運動前後に食べた分は通常の食事から減らし、ほかにも次のことに気をつけましょう。

●毎食満腹になるまで食べないようにする
●夜更かしをして、深夜寝る直前に食べないようにする
●朝食を抜くなど欠食しないように、3食をバランスよく食べるようにする
●間食で甘いもの(缶コーヒーや菓子パンなど)を控える
●酒を飲みながらダラダラ食べ続けることは厳禁

 また、とくに筋肉をつけたい人は、材料となるたんぱく質を多くとること。ただし肉には脂肪がついていることが多く、エネルギーが多くなりがちです。そのため、たんぱく源には、前述のように低脂質・高たんぱくのものを選ぶこと、肉なら調理方法を工夫することで脂肪分をカットできます。たとえば、ゆでる・蒸す・煮る、網焼きにして油分を落とす、油を使わず(または少量の油を使って)フライパンで焼く……など。

 ハードなトレーニングをしたり、筋肉を大きくしたい場合は、サプリメントでたんぱく質を補ってもよいでしょう。BACC(分岐鎖アミノ酸)にはたんぱく質の分解を抑える働きがあり、筋肉を保ち衰えを防ぐ効果があります。ただし、特定のアミノ酸のとりすぎは体のアミノ酸バランスを壊すため、あくまで補助的にとるものと考えてください。また、たんぱく質のとりすぎは、アレルギー物質への反応を過敏にして花粉症などの原因にもなるので注意が必要です。

(編集・制作 (株)法研)

【指導】
中村 正彦先生


パーソナルトレーナー
東京学芸大学大学院修士課程教育学研究科修了。NESTA認定パーソナルトレーナー。メタボリック改善からシェイプボディ、肩こり・腰痛の改善など、健康度アップのためのフィジカルサポートや、トップアスリートのための体力向上トレーニングなどを行う。クライアントにはオリンピック代表選手、有名モデルなど著名人も多数。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

遅めに夕食を食べても太らない方法とは? 夜9時以降の太らない夕食

残業が多くて夕食の時間が遅くなることはしょっちゅうという人、多いのではないでしょうか。でも、夜遅い時間の食事が肥満やメタボの原因になることはご存じですか?
夜遅く食べると、食後すぐに寝てしまったり、起きていても夜はあまり体を動かさない... 続きを読む

低糖質で高たんぱく!厚揚げダイエット

厚揚げ
ダイエット中は、できるだけ糖質を抑えた食事をしたいもの。
しかしそうなると満腹感が得られず、挫折してしまう人も多いでしょう。

そんな中、糖質制限食として人気となっているのが『厚揚げ』です。
厚揚げは低糖質なのに食べ応え... 続きを読む

ダイエットにどうしてたんぱく質が必要?

たんぱく質が不足するとダイエットは失敗する! かつては「たんぱく質を多く摂ると太る」と敬遠されがちだった肉や魚、乳製品などですが、ここ数年は「たんぱく質をきちんと摂らないと、きれいにやせない」ということが分かり、にわかに脚光を... 続きを読む

バランスのとれた食生活の目安は? ひと目で分かるバランスガイド

ビタミン、カルシウムをしっかりとらなくっちゃ。塩分、脂質はひかえめに……なんて、知識としてはわかっていても、毎日のメニュー選びとなると、好き嫌いや習慣、気分まかせになっていないでしょうか。一人暮らしだったり、家族がそれぞれ別々に食事をして... 続きを読む

やせるメカニズム:摂るエネルギーより、消費するエネルギーを増やす

お湯をただあふれさせてムダに流してしまうなんて、お金はかかるし、ガス代はかかるしで、もったいない。体脂肪も同じこと
ヒトが普通の暮らしのなかでエネルギーを消費することを基礎代謝と呼びます。基礎代謝は家の中... 続きを読む

やせるためには欠かせない!たんぱく質ダイエットレシピ

「ダイエットするなら食事の量を減らすのが一番!」「ダイエットするならお肉や魚は厳禁!」なんて言っている人、いませんか?
以前はダイエットの敵として扱われてきたたんぱく質ですが、最近の研究では必要量を摂... 続きを読む

炭水化物を食べて痩せる!おにぎりダイエット

おにぎり
おにぎりはお米の塊なので、要するに完全に炭水化物の塊といえる食べ物です。
普通の食事制限ダイエットでは、炭水化物はやめるというのが基本になっています。
しかしおにぎりを1日3食しっかり食べて痩せてしまうということであれば大... 続きを読む

糖質の摂り方

第2回
甘いものが好きな人のダイエット・サプリメントの選び方 「甘いものは太るもと!」とわかってはいても、ついつい手が伸びてしまう人って多いですよね。今回は、そんな人にピッタリなサプリメントの選び方を伝授します... 続きを読む

必見!ダイエット中に食べて欲しい糖質4選

ご飯やパンなどの糖質を食べると太ってしまう・・・。そんなふうに思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。実は、摂取することでダイエット効果がアップしやすい糖質があるのです。では、どんな糖質をとったらいいのでしょうか。ということ... 続きを読む

白粥vsその他の主食カロリー比較


お粥はとっても低カロリー。では他の主食と比べてどのくらいカロリーが少ないのでしょうか。一回の食事で食べるお粥とその他の主食のカロリー1人分の分量を比べてみました。もっともポピュラーに食べられている五分粥とのカロリーを比較す... 続きを読む