片脚立ちで靴下がはけない人は要注意! 寝たきりになる可能性

家の中でつまずいたり滑ったり、片脚立ちで靴下がはけない

バランス能力・筋力の低下、骨や関節の病気などが原因。ロコチェックとロコモ・トレーニングで早めの予防を

20~70歳代のほぼ半数が“ロコモ予備群”

 「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」という言葉をご存じですか? 骨、関節、筋肉、腱(けん)、靭帯(じんたい)、神経など運動にかかわる器官や組織を総称して運動器といいますが、それらが衰えて立ったり歩いたりすることが難しくなり、要介護や寝たきりになったり、そうなる危険の高い状態のことをいいます。
 メタボリックシンドロームとともに、社会の高齢化のなかで重要な社会問題として注目されるようになりました。

 50歳を過ぎると運動器の不調を訴える人が急増するといわれます。そういわれてみると、「腰が痛い」とか「膝が痛い」と訴える人が周りに結構いるのではありませんか?

 社団法人日本整形外科学会では、「ロコモ」という略称を使ってロコモティブシンドロームの予防や改善を呼びかけています。同学会内に設けられた「ロコモ チャレンジ!推進協議会」が20~70歳代の男女約600人を対象にインターネットを使って意識調査を行ったところ、ロコモになる可能性がある“ロコモ予備群”が全体の半数近くに当たる45.8%もいることがわかりました。
 ロコモ予備群とは、同学会が作った次の7つのチェック項目のうち、1つでも該当した人です。

●ロコチェック項目
――1つでもあてはまれば要注意
(1)家の中でつまずいたり滑ったりする
(2)階段を上るのに手すりが必要である
(3)15分くらい続けて歩けない
(4)横断歩道を青信号で渡りきれない
(5)片脚立ちで靴下がはけない
(6)2kg(1リットルの紙パックの飲料2本)程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
(7)家の中のやや重い仕事(掃除機をかける、布団の上げ下ろしなど)が困難である

 調査結果を詳しくみると、まず「ロコモティブシンドローム」についての認知度が低いことが目立ちます。「内容や定義を詳しく知っている」「何となく知っている」「聞いたことがある」を合わせても13.9%しかいません。比較的認知度が高いのは男性の60代(19.2%)、女性では60代(19.2%)と70代(21.2%)でした。
 次いで、チェック項目のうち、該当する(「あてはまる」「ややあてはまる」)割合が高いのは、家の中でつまずいたり滑ったりする(27.1%)、階段を上るのに手すりが必要である(21.8%)、片脚立ちで靴下がはけない(21.3%)の順でした。

 ロコモの認知度は低かったものの、概要を示したうえで改めて「どの程度不安を感じるか」尋ねたところ、既にロコモになっている2.1%に加え、「不安を感じる」は54.2%で、合計56.3%と6割近い人が不安感をもっていることがわかりました。

何も手を打たなければ、やがてはロコモになりかねない

 ロコモになる主な原因は3つ指摘されています。「バランス能力の低下」「筋力の低下」「骨や関節の病気」(骨粗しょう症、変形性膝関節症、脊柱管狭窄症など)です。日本人の平均寿命は伸びているのに、運動器の寿命が追いついていないためにロコモが増えているとみられています。

 このことは、何の対策も講じなければ高齢になるほどロコモになり、やがて寝たきりになる可能性があるということでもあります。このため「ロコモ チャレンジ!推進協議会」では、ロコモの予防・改善のために次のようなトレーニングを勧めています。詳しくは「ロコモ チャレンジ!」の公式ウェブサイト(http://locomo-joa.jp)を参照してください。

●主なロコモ・トレーニング
開眼片脚立ち
 転倒しないように必ずつかまるものがある場所で、片脚を少し持ち上げる(左右1分間ずつ、1日3回)。支えが必要な方は、片手または両手で何かにつかまって行う。

スクワット
 両足を肩幅に開いて立ち、膝をゆっくり曲げてお尻を途中まで下ろし、もとに戻る。これを深呼吸のペースでゆっくり行う(安全のためいすやソファーの前で行い、5~6回ずつ、1日3回)。これが無理な場合は、いすに腰かけた姿勢から、机などに両手をついて腰を浮かす動作でもよい

 このほかにも、ストレッチやラジオ体操、ウオーキングなど、無理なくできる運動を習慣づけることが大切です。

【監修】
「ロコモ チャレンジ!推進協議会」

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ロコモティブシンドローム

ロコモティブとは「移動にかかわる」という意味。移動のために歩いたり動いたりするのに必要な骨、関節、筋肉などの運動器の障害が原因で、 将来、寝たきりや要介護になる危険性が高くなっている状態のことを「ロコモティブシンドローム(運動器症候群=通称... 続きを読む

実は冷え性悪化の原因だった…。寝るときに履く靴下の注意点

冬も本格的になると、足が冷たくてなかなか寝付けない・・・という女性も多いようです。そのような人々は多くは靴下を履いて寝ているようですが、実はそれが冷えを促進させている原因だった?という説があります。本当なのでしょうか?実は冷え性悪化の原... 続きを読む

平均寿命よりも大事なのは『健康寿命』-食事と運動の秘訣

日本人の「平均寿命」は、女性が86.41歳で世界第1位、男性が79.94歳で世界第5位と、世界でもトップクラスの長さを誇ります(厚生労働省「平成24年簡易生命表」)。
この平均寿命に対して、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活... 続きを読む

片足立ちダイエットなら短時間で済む

片足立ち
ダイエットしようとウォーキングを始められる方は多いと思います。
しかし意外と時間が掛かるので朝早く起きて始めないといけないです。
仕事があると難しいものがありますが、そんなときでも片足立ちダイエットならもっと短時間で行えま... 続きを読む

立ち仕事でなりやすい下肢静脈瘤の予防と対策

下肢静脈瘤の原因
下肢静脈瘤は、表面にある表在静脈の逆流防止弁が機能不全に陥り起きる病気です。血液が逆流するとうっ血が起き、血管が浮き出てきます。


静脈弁の機能不全による一次性静脈瘤と、生まれつき静脈が拡張している先天性静脈拡... 続きを読む

1日ダイエット!?オススメの3項目をご紹介

1日で必ず痩せる方法があると知ったら、どうしますか?やっぱりやってみたいですよね。ただし、1日限定で行いましょう。 やはり健康にかなり毒ですから、明日にはなんとかしたい!という場合に備えて1日ダイエットを行いましょう。一日で必ず痩せる!... 続きを読む

食べ過ぎた翌日に2kg増!?そんなときの「食べ過ぎリセット3か条」

食べ過ぎたと反省した翌日、体重を測ってみるとなんと1kg〜2kgほど体重が増えてしまっていた!なんてこと、ありますよね。大丈夫。増加した体重は体脂肪ではなく「水分」。上手にリセットすれば太ることはありません。食べ過ぎた翌日に2kg増!?... 続きを読む

日本人の8割は腰痛持ち? 腰痛を改善する簡単ストレッチ

いきなりですが、クイズを一つ。 【質問】いろいろな体の不調感がありますが、日本人でいちばん訴えの多い不調感は次の4つのうち、どれでしょうか?
(1)「頭が痛い」(2)「腰が痛い」(3)「肩がこる」(4)「疲れやすい」 【答え】男性では... 続きを読む

!ラジオ体操ダイエット

ラジオ体操
ラジオ体操ダイエットは、毎日ラジオ体操をするだけのダイエットです。
ラジオ体操によって刺激できる筋肉はなんと400種類以上です。
このようにさまざまな筋肉を動かすので代謝がアップして脂肪が燃焼しやすく痩せやすい身体になっ... 続きを読む

いつでも出来るつまさき立ちダイエット

つまさき立ち
つまさき立ちダイエットのやり方はとてもシンプルで、ちょっとした隙間時間に行うことが出来ます。初めに両足をそろえて、ふくらはぎを伸ばす事を意識しながらつまさき立ちをキープします。この姿勢をとると、自然と背すじがのび、腹筋、背... 続きを読む