足がつる3つの原因とは-足がつったときの対処法

その原因を知れば、夜中に悶える心配なし!

足がつる原因の多くは筋肉疲労によるもの。足の冷えやマグネシウム不足も要注意。

足がつる3つの原因

 夜中に突然足がつって目が覚めるといった経験はありませんか? 足がつる原因として考えられるのが、「筋肉疲労」「冷え」「マグネシウム不足」です。

(その1)筋肉の疲労
 足がつる原因として最も多いのが、筋肉疲労によるものです。運動などで、普段使わない筋肉を使ったり過度な負荷をかけると、筋肉が疲れて強ばった状態になります。

 寝ているときの筋肉は通常ゆるんでいますが、疲労によって緊張した筋肉は、急激な収縮、つまりけいれんを引き起こします。夜中に足がつることが多いのは、このためです。これを避けるには、運動前後のストレッチをしっかり行うことです。

 運動前のストレッチは、少し心拍数が上がって体が温まるような「動的ストレッチ」がオススメです。分かりやすいのは、ラジオ体操のような動きです。筋肉の柔軟性を高めて可動域を広げる効果があるので、運動中のケガ予防につながります。

 運動後のストレッチは、普段よく行う「静的ストレッチ」です。このとき大切なのは、反動をつけずにゆっくり伸ばすことです。筋肉の緊張をゆるめて、疲労回復を早めてくれます。

 また、運動後に冷水をかけたり氷で冷やすと、疲労した筋肉の炎症を抑えるため、翌日の筋肉痛が軽くなります。

(その2)足の冷えによる血流悪化
 冷えによって血流が悪くなると、筋肉が緊張してけいれんを起こしやすくなります。

 特に冷え性の人は、普段から足が冷えないように対策をとりましょう。また、アルコールやカフェインは体を冷やして血流を悪くするので、寝る前は特に控えましょう。

(その3)マグネシウムの不足
 運動などで大量に汗をかくと、マグネシウム、カリウム、カルシウムが失われ、筋肉細胞や神経細胞の働きに関わる電解質のバランスが崩れます。筋肉の神経組織が興奮状態になり、足のけいれんを引き起こす原因となります。

 特に、発汗によってマグネシウムが多く失われるので、運動中や運動後はスポーツドリンクで水分補給しましょう。食材では、納豆・ほうれん草・アーモンド・ピーナッツなどに多く含まれています。

 ちなみに、マグネシウムは筋肉の緊張を解く働きがあります。肩こりや緊張性頭痛などが頻繁に起こるときは、意識して食事やサプリメントで摂るようにしてみましょう。

 先に挙げた3つの原因以外に、外部からの急な変化によって足がつる場合もあります。

 水の中に入った途端、足がつったという経験はありませんか? これは、急な温度・水圧変化によって、普段使わない筋肉が刺激されてけいれんを起こすのです。

 普段から泳いでいる人は、ほとんどありません。足がつらないようにするために、準備運動をしっかり行いましょう。しっかり筋肉をほぐしておくことで、けいれんが軽減されます。

足がつったときの対処法

 足がつってしまったら、まずは足先を持ち、足裏をそらせながら自分の体へ引きつけるようにして伸ばしてあげましょう。

 このとき、無理に伸ばすと筋肉を痛めてしまいます。ゆっくりやさしく行うことが大切です。足が冷えている場合は、温めてもよいでしょう。

 少し痛みがおさまってきたら、やさしくさすってあげましょう。筋肉が緊張して収縮しているので、ほぐしてあげることが大切です。

 足がつるのは、筋肉の異常を知らせる脳からのサインです。中にはこれまで挙げた原因とは全く異なる、深刻な原因が隠されている場合もあります。

 頻繁に足がつる人は、末梢神経や頚椎が何らかのダメージを受けている可能性があるかもしれません。

 これまで挙げた原因に当てはまらず、日常的に足がつる場合は、神経内科や整形外科を一度受診してみてください。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
上符正志(うわぶ・まさし)先生


銀座上符メディカルクリニック 院長
1960年、山口県下関市生まれ。九州大学工学部在学中、医師が社会で果たすべき役割にめざめ転身、産業医科大学医学部に入学。卒業後、横浜市民病院外科、北里大学医学部救命救急センター、益子病 院内科などで治療に携わりながらも、病気の早期発見・早期治療の方法に限界を感じていた。そんななかでアンチエイジング医学と出会い、発症を未然にふせぐ患者本位の医療の可能性を見いだす。米ニューヨークのザ・サレーノ・センターで行われている最先端治療プログラムを習得し日本に導入。近著に、『若くて疲れ知らずの人は副腎が元気!』(マガジンハウス)がある。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

毎朝飲むだけ!ほうれん草ジュースで健康痩身

ほうれん草ジュース
ダイエットはしたいけど運動は苦手。そんな方にお勧めのダイエット方法が、ホウレン草ジュースダイエットです。
野菜ジュースやグリーンスムージーを使ったダイエットは今までにもありましたが、ホウレン草スダイエットは特に栄... 続きを読む

!ラジオ体操ダイエット

ラジオ体操
ラジオ体操ダイエットは、毎日ラジオ体操をするだけのダイエットです。
ラジオ体操によって刺激できる筋肉はなんと400種類以上です。
このようにさまざまな筋肉を動かすので代謝がアップして脂肪が燃焼しやすく痩せやすい身体になっ... 続きを読む

氷を食べたくなる?さまざまな貧血の症状

90%以上は鉄欠乏性貧血
患者の90%以上は、鉄欠乏性貧血だといわれています。鉄欠乏性貧血は体内の鉄が不足することにより発症する病気です。ヘモグロビンが充分に作られなくなり、体内の酸素が欠乏します。


成長の加速する10~15歳... 続きを読む

たるんだ脚とお尻のお悩み解決!「冷水シャワー」で一気に引き締める!

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。いよいよ夏が来ますね。ショートパンツをカッコよく履きたい!脚を引き締めたい!というみなさんに、今回は一気に身体の引き締めが期待できる、冷水シャワーをご紹介してい... 続きを読む

ポイントは少し強めの水圧♡シャワーで便秘改善&お腹引き締め

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。毎日のシャワーでカラダの引き締めが手軽にできたら、思わずやりたくなっちゃいますよね。今回はシャワーで気持ちよくむくみ解消、そしてカラダを引き締める方法をご紹介し... 続きを読む

夜中に足がつったときの対処法と原因-病院へ行くべき症状は?

夜中、寝ているときに突然足がつって目が覚めたり、朝起きたときもまだ痛みが残っていることがありませんか?
「足がつる」とは、足の筋肉が突然強い痛みを伴って収縮・けいれんすること。とくに多いのが、ふくらはぎがつる「こむら返り」です。
足がつ... 続きを読む

業務上の事由によるケガ・病気・障害・死亡に対してもらえるお金 労災保険給付

労災保険とは
労災保険とは、会社の経営者が100%保険料を負担して加入しなければならない、労働者を保護するための公的保険です。 一人一人に保険がかけられているのではなく、会社全体にかけられているので、労災保険に加入している会社で働いてい... 続きを読む

「神経内科」と「心療内科」…名前が似ていて間違えやすい診療科。どちらが何を診るの?

「脳神経外科・脳外科」に対応する内科が「神経内科」 シンケイ内科とシンリョウ内科、耳慣れない上に意味が似ているので迷いますね。 循環器外科に対応する内科が循環器内科であるように、脳神経外科・脳外科に対応する内科が神経内科です。分かりや... 続きを読む

高血圧の人にすすすめたい食事法-8つのポイント

「サイレントキラー」(静かなる殺人者)の異名のある高血圧。その95%は、毎日の悪い生活習慣の積み重ねがベースにあるそうです。つまり私たちは、ふだん何気なく送っている生活ぶりのなかで、自分に牙をむく“殺人者”を育ててしまっているかもしれない... 続きを読む

足ツボダイエットとは

足つぼ
足ツボダイエットとは、足の裏にあるツボをもむダイエットです。足の裏にある、甲状腺や消化器に効果のあるツボをもむことで新陳代謝が良くなることがダイエットにつながるとされています。立ち仕事の人ばかりではなく、デスクワークで座っている... 続きを読む