猫背を治すにはまずは首から-ストレートネックの解消法

猫背、ストレートネックを解消するあご引きストレッチ

あごを引いて胸を張る体操で猫背やストレートネックを解消。肩・首こり、腕のだるさ、頭痛などの不調改善に

パソコン・スマホを使っていると猫背になりやすく、肩こり・頭痛の原因に

 1日デスクワークでパソコン作業が多く、仕事の行き帰りは電車の中でスマホとにらめっこ! これではかなり長時間パソコンやスマホに向っていることになりますが、そんな人が少なくないようです。

 パソコンやスマホを使っているとき、たいていの人は背中を丸めて猫背になり、前かがみであごが前に出た姿勢になっています。楽なのでついこのような姿勢になってしまいがちですが、この姿勢だと頭が背骨の真上に乗っていないため、重い頭を支えるために首や肩周囲の筋肉には大きな負担がかかっています。

 そのため猫背が習慣化すると、肩こり・首こり、頭痛、めまい、目の疲れやかすみなど、さまざまな不調の原因になります(「仕事の合間に簡単ストレッチ3 目の疲れ」参照)。

長時間パソコン・スマホを使う人はストレートネックにもなりやすい

 最近よくストレートネックという言葉を聞きますね。首の骨は頸椎という7個の骨から成り立ち、頸椎は本来ゆるやかに前に出っ張るカーブを描いて、衝撃から首を守っています。
 この頸椎のカーブが失われて真っ直ぐになってしまった状態がストレートネックです。骨自体の問題ではなく、首や肩周囲の筋肉、特に後頭下筋群が凝り固まることで起こります。

 そのため肩こり・首こりはもちろん、首の痛みや違和感、腕のだるさなどの症状が出たり、ひどくなると頭痛やめまい、吐き気、手のしびれなどを起こすこともあります。

 猫背はストレートネックを起こす原因になると同時に、悪化の原因にもなりますから、長時間パソコンやスマホを使用する人には、猫背でストレートネックという人が多く見られます。特に、長時間うつむいてスマホを見ているとストレートネックを起こしやすいので注意が必要です。

あごを引いて胸を張る体操は、猫背やストレートネックの解消に効果的

 猫背やストレートネックを予防・改善するには、長時間同じ姿勢を続けることを避け、せめて1時間に1回は立ち上がって体を動かしたり、ストレッチをしたりすることが大切です。

 ここでは座ったままできるストレッチを紹介します。動きが少ないので仕事中でも人目を気にすることなくできるでしょう。

(1)いすに座って背筋を伸ばし、あごに両手を添えます。両手であごを押し、のど元に押しつけるようにして5秒間キープします。このとき、視線は前に向けましょう。

(2)両ひじを胸の横から後ろに引いて胸を張り、背筋を伸ばしたまま5秒間キープします。腰を反らないように、軽くおなかに力を入れておきましょう。

 (1)(2)を3セットから始めて、慣れたら朝晩5セットずつに増やすとよいでしょう。仕事の合間に1セットでもよいですが、その場合は頻繁に行うと効果的です。勢いをつけたり、無理に伸ばすことは避けましょう。

 シリーズ第1回目に紹介したストレッチ(「仕事の合間に簡単ストレッチ1 肩甲骨周り」)も、猫背やストレートネックに効果があります。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
竹井 仁先生


首都大学東京健康福祉学部理学療法学科 教授
昭和62年に理学療法士となる。平成9年3月に筑波大学大学院リハビリテーション修士、平成14年10月に東邦大学大学院医学研究科にて医学博士授与。公益社団法人東京都理学療法士協会副会長。専門は、徒手療法、神経筋骨関節疾患、運動学。著書に『たるみリセット』、『不調リセット』(いずれもヴィレッジブックス)、『肩こりにさよなら!』(自由国民社)、『「顔たるみ」とり』(講談社)、ほかに理学療法学関係の専門書多数。テレビ出演や雑誌掲載も多数。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

背面を引き締めて美しく歩くコツ☆猫背セルフチェック

前回の予告通り、「背面を引き締めて美しく歩こう」をお届けします。このテーマは深く大切なことなので、丁寧に3回に分けてシリーズとしてご紹介します。今回のStep1は、猫背を直すファーストステップは「猫背を自覚する」こと。あなたは猫背ですか... 続きを読む

猫背を治すためのエクササイズ-猫背の原因は体のゆがみのせい?

「いつも猫背ぎみじゃない?」そんなふうに人から指摘されたり、鏡に映る自分の背中が丸くなっているのを見てショックを受けたことはありませんか?
猫背は体のゆがみが原因でおこります。体のゆがみは、ほとんどの中高年以降の人に見られるもの。それ... 続きを読む

頭痛の原因はスマホ猫背からくる肩こりが原因? 肩こりの解消方法

慢性的な頭痛の原因のひとつに、肩こりがあります。頭痛に悩まされている人は、まず肩こりから解消していくと、頭痛の緩和に。その方法をご紹介します。 血行不良や老廃物の蓄積で頭痛に 不定愁訴のひとつでもる「頭痛」。主に慢性頭痛には、片頭痛、群... 続きを読む

スマホ愛用者注意!頸椎椎間板ヘルニア増加中

頸椎椎間板ヘルニアってどんな病気
頸椎椎間板ヘルニアとは実際にはどのようなものなのでしょうか。


頸椎は7個の椎骨で構成されていますが、第1頸椎は環椎(かんつい)、第2頸椎は軸椎(じくつい)と呼ばれ、第3頸椎以下とはまったく異な... 続きを読む

パソコンやスマホのやりすぎで10代でも発症!飛蚊症とはどんな病気?

そもそも飛蚊症とは

視野に黒い点や虫のようなものがゆらゆらと動いて見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)といいます。これは眼の中を広く覆っている卵の白身のような物質・硝子体(しょうしたい)のなかに浮かんでいる濁りが景色に重なって見えるた... 続きを読む

猫背からくる肩こりに!症状・原因別「肩こり解消ヨガポーズ」3つ

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。デスクワーク、家事育児で凝り固まってしまう肩。ヨガには、体の凝りやこわばりをほぐして、ゆがみや偏りを取る効果があります。今回は肩の凝りを取る簡単ヨガポーズをご紹介致します。肩の凝りを取る... 続きを読む

今すぐやめて!顔のたるみや不調を招く「スマホ●●」

毎日うっかりしてしまっている“あの姿勢”が、二重顎や顔のたるみ、首の不調を引き起こしている(してしまう)としたら、どうしますか?その姿勢、今すぐ見直してみてください。 今すぐやめて!顔のたるみや不調を招く「スマホ◯◯」「スマホ顔」で老け... 続きを読む

5秒間で代謝アップ!BMダイエット

1分間「BMマッシング」でやせ体質になる! 5秒間「BMレジスタンス」で引き締める! スポーツ選手のコンディショニングを専門としてきた、饗庭秀直(ボディメンテナンス学院
学院長)が... 続きを読む

【スマホうつ】になりやすいスマホの使い方 ワースト3

最近、イライラしたり、原因のわからない不安感が続くといったココロの不調がありませんか?
あなたがスマホユーザーで、1日2時間以上スマホをいじっているなら、それは「スマホうつ」かもしれません。 首のコリからくる「スマホうつ」 「スマホ... 続きを読む

スマホの使いすぎは眼から全身、さらにメンタルも疲労させる?

スマホやパソコンを使う時間が長く、肩が凝ってしかたがないと感じるときは「ストレートネック」という問題が起こっているかもしれません。
体をまっすぐ起こした姿勢では、首の骨(頸椎)は前側にやや湾曲しているもの。ところが、スマホの操作などで... 続きを読む