肩こりは首や肩甲骨のこりからきている? 肩甲骨をほぐすストレッチ

肩甲骨を大きく動かすストレッチで肩こり解消

肩甲骨を大きく回す肩甲骨時計回り~反時計回りエクササイズ。肩甲骨周りの筋肉を同時にストレッチ

多くの日本人が肩こりに悩まされているが、肩こりにも種類がある

 日本人は男女ともに多くの人が肩こりに悩まされています。厚生労働省の調査によると、気になる自覚症状のなかで、肩こりは女性で第1位、男性で第2位でした(「平成25年 国民生活基礎調査」より)。

 一言で肩こりといっても、原因がはっきりしているものとそうでないものがあり、次のように分けることができます。
 心因性肩こり:精神的ストレスやうつなどが原因で起こっている
 症候性肩こり:骨や筋肉、内臓、目、歯などの病気が原因で起こっている
 いわゆる肩こり:画像検査や血液検査をしても特に異常はないが、症状がある

 このうち心因性と症候性の肩こりの改善には、まず原因となるストレスの解消、けが・病気の治療が必要です。セルフケアで症状の改善が望めるのが「いわゆる肩こり」です。
 「いわゆる肩こり」は、さらに(1)一般的な肩こり、(2)いかり肩による肩こり、(3)なで肩による肩こりの3つに分けられます。

 ここでは一般的な肩こりの解消法を紹介します。「いかり肩」と「なで肩」による肩こり解消法は「仕事の合間に簡単ストレッチ2 首・肩周り」をご参照ください。

「肩がこる」というが、実際は首や肩甲骨周囲にこりを感じていることが多い

 ところで「肩がこる」というとき、実際にこりを感じているのは首であったり、肩甲骨周りであることが多いようです。

 肩甲骨は背中上部の両側にある大きな三角形の骨で、上腕骨と肩関節で、鎖骨と肩鎖関節でつながっています。肩甲骨は背骨とは直接つながっておらず、表層筋では僧帽筋や三角筋、広背筋、深層筋では肩甲挙筋、菱形(りょうけい)筋など、首、肩、腕、腰などに広がる多くの筋肉で支えられています。
 これらの関節と肩甲骨、肩甲骨周りの筋肉がスムーズに動くことで、肩は体の中でも最も大きな可動域(問題なく動かすことができる範囲)をもっています。

 しかし長時間うつむいた姿勢でいたり、普段からあまり肩を動かさないでいると、僧帽筋など頭を支える筋肉ばかりが酷使されて、ほかの筋肉はあまり使われません。そうするとどちらの筋肉も動きが悪くなったり衰えたりして、動きにくさや痛み、こりなどを生じる原因となります。

 そこで今回は、特に肩甲骨周りが重苦しい、詰まった感じがする、じーんとする痛みがあるといった肩こりに効くストレッチを紹介しましょう。

 まずは肩甲骨を持ち上げてストンと落とす体操から。肩を斜め前にすくめる要領で、両肩を斜め前方に上げて5秒止め、力を抜いてストンと落とします。同様に、両肩を斜めうしろに上げて下します。これを3~5回くり返しましょう。

肩甲骨を大きく時計回り~反時計回りに動かすイメージでストレッチ

 肩甲骨周りが少しほぐれてきたら、今度は肩甲骨を時計回りと反時計回りに大きく動かしましょう。このエクササイズで、肩甲骨周りの筋肉を同時にストレッチすることができます。

(1)背筋を伸ばして立ち(いすに座ってもよい)、左腕は手の甲を後ろに向けてひじを直角に曲げ、頭の後ろを超えるように大きく上げて回します。右腕は手のひらを後ろに向けてひじを直角に曲げ、下から背中の後ろに回します。肩甲骨を時計回りに動かすイメージで自分の限界まで伸ばし、5秒間保ちます。

(2)反対側も同様に、肩甲骨を反時計回りに動かすイメージで行います。体は横や前に倒さず、まっすぐにして行いましょう。

(1)(2)を3~5セットくり返しましょう。慣れたら10セットくらいまで増やすとよいでしょう。朝、昼、晩と何回かに分けて行うとより効果的です。勢いをつけたり、無理に伸ばすことは避けましょう。

 シリーズ第1回目に紹介したストレッチ「仕事の合間に簡単ストレッチ1 肩甲骨周り」も、一般的な肩こりに効果があります。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
竹井 仁先生


首都大学東京健康福祉学部理学療法学科 教授
昭和62年に理学療法士となる。平成9年3月に筑波大学大学院リハビリテーション修士、平成14年10月に東邦大学大学院医学研究科にて医学博士授与。公益社団法人東京都理学療法士協会副会長。専門は、徒手療法、神経筋骨関節疾患、運動学。著書に『たるみリセット』、『不調リセット』(いずれもヴィレッジブックス)、『肩こりにさよなら!』(自由国民社)、『「顔たるみ」とり』(講談社)、ほかに理学療法学関係の専門書多数。テレビ出演や雑誌掲載も多数。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

「いかり肩」と「なで肩」の肩こりは種類が違う!それぞれの解消法

「仕事の合間に簡単ストレッチ」2回目の今回は、1回目に続いて肩こり・首こり解消のためのストレッチを紹介します。
肩や首のこりは、首から肩周りの筋肉に過剰に負担がかかる人によくみられる症状です。特に長時間パソコンを使用する人は、キーボード... 続きを読む

寝るだけでスリムに!「肩甲骨枕」ダイエット

肩甲骨枕
肩甲骨とは、呼吸をする時に動かす筋力で、ストレスなどが原因で呼吸が浅くなってしまうと、肩甲骨周辺の筋力が鈍り、肩こりの原因になったり代謝が悪くなってしまいます。
肩甲筋は「褐色脂肪燃焼細胞」という通常より燃やしやすい細胞が集... 続きを読む

THE ダイエットテスト

便秘はダイエットの天敵です。代謝が悪くなり、お肌もくすんできます。何もいい事がありませんね。「これだけでいいの?
」と思うほど簡単なエクササイズです。だまされたと思ってやってみましょう。 便秘解消... 続きを読む

首美人の条件は肩甲骨の位置にあった!簡単ストレッチで肩甲骨を正しい位置へ

首筋が美人な人はスラリとしており、はたから見ていても美しいなと感じますね。そんな首美人には猫背の人はいません。いつもキリッと立っていますし、座っています。 それには、肩甲骨が関係しているようです。 首美人の条件は肩甲骨の位置にあった!簡... 続きを読む

代謝が倍!肩甲骨ダイエットのポイント解説

「肩甲骨ダイエットとは一体何ぞや?」と思う人も多いかもしれません。実は肩甲骨の付近には脂肪燃焼を促す筋肉があり、ここを重点的にケアすることで、全体の脂肪燃焼を行うことが出来る魅力的なダイエット法なのです。そんな肩甲骨ダイエットもポイント... 続きを読む

基本のストレッチ2(肩甲骨を寄せる)

両手を前に出す 脚を肩幅くらいに開いて立ち、つま先を外側に向けます。 両腕を前にまっすぐ伸ばし、左右の人さし指をくっつけます。 両腕をうしろにひく 息を吐きながら左右の肩甲骨... 続きを読む

基本のストレッチ1(肩甲骨を上下に動かす)

頭の上で手のひらをあわせる 脚を肩幅くらいに開いて立ちます。息を吸いながら腕を上げ、頭の上で手のひらを合わせます。 ひじをうしろにひく 手のひらを外側に向け、ひじを少しう... 続きを読む

最強の5分間!肩甲骨ダイエット

朝晩5分のストレッチでやせる!身体の不調も一気に解消! 『最強の5分間「肩甲骨」ダイエット』は、肩甲骨を動かすことで肩甲骨とその周辺にある褐色脂肪細胞を活発にし、脂肪を燃やしやすくするダイエット... 続きを読む

肩こりや頭痛の隠れた原因は肩甲骨にある-肩甲骨を下げるストレッチ

つらい肩こりや偏頭痛。これらの原因の1つには、肩甲骨の動きが関わっています。もともと肩甲骨は左右上下に10センチ前後動くほど可動域が広いのですが、日常生活ではほとんど肩甲骨を動かさないため周りの筋肉が次第に硬くなります。
硬くなった筋... 続きを読む

どっさり出てストンとやせる!発芽玄米ダイエット

食べても太らない体をつくる。らくらくやせる!
ダイエットの新常識。底知れぬダイエットパワーは発芽力にこそあり! 撮影協力/山田洋二(主婦の友写真室)、中村
太、太田正道 取材協力/林
真理子 イ... 続きを読む