彼氏や夫を老化させないアンチエイジング-若さをキープする6つのコツ

男性こそ気をつけたい、アンチエイジングを徹底チェック!

女性に比べ、無頓着になりがちな男性のエイジングケア。しかし、男性こそアンチエイジングを心がけたい。

男性の方が老化現象に気づきにくい

 「アンチエイジング」というと女性のケアをイメージしがちですが、実は男性こそ敏感になるべきといわれます。というのも、男性は体質的に老化に気づきにくいからです。
 若さの鍵を握るのは、免疫力を高めたり、抗ストレス作用を持つDHEAホルモン。女性は25歳前後をピークにゆるやかに減少するので、細やかにケアしやすいのですが、男性は35~45歳にかけて急激に減少します。そのため「ある日気づいたら、去年までできていた徹夜仕事ができない」という事態に陥りがち。
 さらには、「10年前と同じ感覚でスポーツやレジャーをしようとしてケガをする」といったトラブルを起こしてしまうおそれもあるのです。昔から男性の厄年が「42歳」とされているのも、この年代でのケガや病気の多さゆえかもしれません。

□外見の変化や身だしなみに、無頓着になってきた。
□趣味など、以前は好きだったことややっていたことへの興味が薄れてきた。
□体型の変化に気づいても、自分で止めることができない。

 といったネガティブ・無気力な兆候が見られたら、DHEAが減少しつつある可能性があります。アンチエイジングケアは早く始めるほど効果が見込めるので、男性も35歳を過ぎたら意識的に行いましょう。

若返りホルモン・DHEAをキープするコツ

 できるだけDHEAの減少をゆるやかにすることが、アンチエイジングの基本。そのためのコツをチェックしましょう。

■食品やサプリで抗酸化対策を
 ビタミンCやコエンザイムQ10を積極的に摂取しましょう。ブロッコリーやベリー類(ブルーベリーなど)といった野菜や果物がおすすめ。フレッシュジュースにしたり、サプリメントで摂るなどして補給を。

■適度な筋トレで筋肉をキープ
 スクワットや腹筋などの筋肉トレーニングを行うと、筋肉の維持と修復を行う男性ホルモンが活性化します。終わった後に心地よい疲れや、翌朝に軽い筋肉痛を感じる程度の筋トレを習慣づけるとよいでしょう。

■激しい運動はNG
 やみくもにスポーツをすると、活性酸素が多く発生して体を酸化させてしまいます。たとえばマラソンなら10km以内の距離を週1回程度走ることを目安にし、無理しないようにしましょう。

■タバコやストレスに注意
 喫煙や強いストレスも、DHEAを減らしてしまう原因に。できるだけマイナス要因を取り除けるよう、生活習慣や環境の見直しを。

■クリニックで補充する手も
 予防医学クリニックで、医薬品としてDHEAを処方してもらうことも可能。体内から補充するのもひとつの方法です。

■健診やクリニックへの相談を積極的に
 健診や病院を敬遠しがちな男性が多い一方で、体の状態を数値で示されると改善にやる気を出すのも特徴。予防医学の観点からも、そばにいる女性が上手に誘って定期的にチェックするようにしてあげては。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
上符正志(うわぶ・まさし)先生


銀座上符メディカルクリニック 院長
1960年生まれ。産業医科大学医学部卒業後、横浜市民病院外科、北里大学医学部救命救急センターなどで治療に携わる。そんななかでアンチエイジング医学と出会い、米国で最先端治療プログラムを習得し日本に導入。近著に、『若くて疲れ知らずの人は副腎が元気!』(マガジンハウス)がある。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

セックスとダイエット その2 「DHEAとオーガズム」

DHEAの増やし方とは?
やせている人はDHEA(ジヒドロエピアンドロゲン)が多く、このDHEAの影響で性感が高まることを述べました。つまり「太っている人は不感症」という俗説に科学的な正当性があることがわ... 続きを読む

業務上の事由によるケガ・病気・障害・死亡に対してもらえるお金 労災保険給付

労災保険とは
労災保険とは、会社の経営者が100%保険料を負担して加入しなければならない、労働者を保護するための公的保険です。 一人一人に保険がかけられているのではなく、会社全体にかけられているので、労災保険に加入している会社で働いてい... 続きを読む

ジューサーで作るフレッシュジュース

緩やかにルールを守るのがダイエット成功の秘訣
gooダイエットをご覧いただき、さまざまなお声を頂戴し本当にうれしく思います。いつもありがとうございます。
ただ今、ナチュラル・ハイジーンという食べ方を続けて... 続きを読む

DHEA

先ごろの関西テレビ『あるある大事典』データ捏造問題を覚えていますよね?
ことの発端は“DHEAというホルモンにやせる効果があり、納豆を食べるとDHEAが増えるので、健康的にダイエットできる”という内容でした。その翌日にはスーパー店頭から納... 続きを読む

還元型コエンザイムQ10

体の健康と美容に欠かせない成分として認知されているコエンザイムQ10ですが、そもそもどんな働きをするのでしょう。
「皮膚、内臓、脳、血管など、人間の体のあらゆる組織は細胞からできています。体内にある細胞の数は約60兆個もあり、その... 続きを読む

今が旬のゴールデンベリーの食べ方と女性に嬉しい効能とは?

最近よく耳にするようになった、“スーパーフード”という言葉。アメリカの食事療法を研究する医師や専門家の間で、1980年頃から言われはじめたのだそう。一般的な食材よりも栄養価が高いものを指し、日本でもブームになっているチアシードやアサイー... 続きを読む

さといもダイエットコラム 満腹感を得ながらダイエット、しかも若さも維持してくれる!

みずほ先生コラム
旬!の野菜、カラダにちょっとイイ話 原産地はインド付近スリランカといわれ、日本には縄文中期に渡来し、万葉以前から栽培され、食されていた野菜です。里で栽培されるため「里いも」と呼ばれ、じゃがいもやさ... 続きを読む

35歳以上の高齢出産が増加|妊娠中にできるリスク回避法や生活習慣のコツ

初産が35歳以上という人も多くなってきた昨今。高齢出産のリスクとそのリスクをできるだけ低くする方法と、母子ともに健康でいるためのコツをまとめました。 10年で2倍に増えた高齢出産 女性の社会進出や晩婚化が進み、年齢が35歳以上で妊娠・... 続きを読む

高ファイトケミカル食材 ブドウ・ブルーベリーなど→アントシアニン

gooダイエットの見過ぎで疲れ目のあなたに ブドウ、ブルーベリーなど→アントシアニン ブドウ(赤ワイン)、ブルーベリー、クランベリー(コケモモ)、ムラサキイモなどには、青紫(赤とも赤紫ともいわ... 続きを読む

【医師が教える】キレイと若さのために「女性がとりたいベースサプリ」

食品の栄養成分をまとめた「日本食品標準成分表」(食品成分表)が昨年末、15年ぶりに改訂され、干しひじきの鉄分含有量が大幅に減ったことが話題になりました。 「ひじきの豊富な鉄分の所以は、昔は鉄鍋でひじきを炊いていたからということが分かりま... 続きを読む