スポーツ選手のイメージトレーニングを実践! 6つの注目ポイント

運動能力を高めるイメージトレーニングの方法

スポーツで上達するために、プロのプレーなどを見るときは、この6つのポイントに注目してみましょう。

関節の動きをチェック!

 「ゴルフやテニスなどのスポーツで、腕を上げたいときによく行われるのが、「イメージトレーニング」。これは、プロ選手のプレー風景を見て、フォームなどを学ぶことを指しています。

 このとき、漠然と見るのではなくて、これからお話しする6つのポイントに注目すると、成果がグッと上がります。

 それは、膝・腰・頭・肩・肘・手首の6カ所の関節。そしてその関節の描く軌跡です。

 体を動かすとき、脳はその動作をモニターしています。たとえばテニスなら、自分とボールの位置関係、フォームのイメージがモニターされます。その情報が脳に送られて、どの筋肉をどう動かすかという動作プランが決められます。

 そしてその動作をし終えたときの結果もまた、成功した場合、失敗の場合などのようにモニターされてゆくのです。

 これは無意識に行われているもので、脳は動作プランをつねに更新し続けています。それで、うまい人のフォームを見て、その動きをイメージしつつプレーをすることで、上達につながるのです。

 図によって具体的に注目ポイントを示しましょう。



 ただ漠然と見るのではなく、関節が描く軌道を意識しながら、ひざ・腰・頭・肩・肘・手首の6カ所を各10回以上繰り返し見ましょう。次に、軌道をイメージすることを意識しながら、少しでいいので体を動かしてみましょう。全部で60回以上好きなワンプレー(型)を見れば、そのプレーのイメージはあなたの脳に出来上がります。他のスポーツでも考え方は一緒です。

(「ぐんぐんよくなる頭の使い方」、篠原菊紀著、法研より/イラスト:小林裕美子)

篠原菊紀


諏訪東京理科大学助教授
1960年長野県生まれ。 東京大学大学院博士課程(健康教育学)を経て、現在、東京理科大学共通教育センター助教授。脳システム論、人システム論、学生相談室長。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

ホッとする時間とイメージトレーニングの大切さ

ホッとしていますか?
ダイエットに大切なもの。それは、ホッとする時間。ゆっくり落ち着いて、自分のことを見つめていますか?
ダイエットというと、もちろん、食べる量を減らして動くこと。そして何より必要なこ... 続きを読む

石鹸vs洗顔フォーム!ぴったりの洗顔アイテムを選ぶコツ

あなたは洗顔をするときに、石鹸を使っていますか?それとも洗顔フォーム?どちらにも一長一短ありますが、肌に合ったものを選びたいものです。そこで、石鹸と洗顔フォームの長所と短所、そしてどんな方にどちらが合うのかをご紹介します。石鹸vs洗顔フ... 続きを読む

ヤセ乗りフォームで脂肪燃焼!

ただの移動手段をきちんとした有酸素運動にするためには、フォームが肝心。ルールを6つ覚えるだけで、今日から、サイクリングがダイエットTIMEに変わります。 ルール1
目線は、3~5m先をまっす... 続きを読む

マリンプラセンタ

ご存知「プラセンタ」は、化粧品でブームを起こした、美肌成分をたっぷり含む哺乳動物(おもに人、豚、牛)の胎盤のこと。 「マリン」は、そのお魚版ということになりますが、卵を産むお魚には胎盤はありません…。 「魚には胎盤の代わりに、卵を守り育て... 続きを読む

脳は10%しか使われていないはウソ? 脳にまつわる3つの迷信

映画やテレビでも取り上げられる「10%説」は根拠がない 人の脳は全体の10%しか活動しておらず、それを100%活用できるようになれば超人的な力が発揮できる……そんな設定の映画やテレビドラマなどを見たことがありませんか?
普段、疑うこと... 続きを読む

ダイエットは専門医師と相談する時代? 超音波皮脂厚計で脂肪が丸見え

会社や地域の健康診断で「コレステロール」、「血圧」、「肝機能」が高いので、体重を減らしましょう。。。というコトバに聞き覚えがある人も多いと思います。体重を減らすって言われてもどうしたらいいのかわからず、食事を制限したり、とりあえず歩いてみ... 続きを読む

スカルボールをぐりぐりするだけダイエット

スカルボール
スカルボールダイエットは、整体師の先生が開発した、とげとげ付きの柔らかいボールを、顔や体の気になる部分に、ぐりぐりと押し付けるだけで、体のツボや皮膚を気持ちよく刺激してくれるので、血流が良くなったり、むくみをとってくれるの... 続きを読む

お腹が痛い!どこがどんな風に痛い? 痛む場所から疑われる病気をイラストで解説

「腹痛」といっても、痛みの種類や痛む場所によって原因はさまざま。ときには、その腹痛が病気の前兆の場合もあります。腹痛で疑われる病気をまとめてご紹介します。 腹痛から原因の病気が特定できる 腹部は、体の中心で重要な臓器が集まっている場所... 続きを読む

家事を頑張れば運動不足も解消できちゃう? 一石二鳥のダイエット

まもなく年末の大掃除(そうじ)の季節。普段からきれいにしている人には楽勝でも、忙しさにかまけて放っておいた人にとっては、考えるだけ気が重くなってしまいます。しかしこの大掃除、実は健康づくりにも役立つ「生活活動」なのです。

厚生労働省... 続きを読む

身の回りの道具で肩こり解消ができる? さらに小顔効果も

手軽に心身がきれいになれる方法、それが深い呼吸に合わせてマッサージをする「呼吸マッサージ」です。
深く息を吐き切ると、体内で発生した二酸化炭素や老廃物が体外へ放出されるので、代謝力がアップして、やせやすくなる効果があります。
そして... 続きを読む