お腹のマッサージでお肌プルプル? 効果的なマッサージのやり方

呼吸とマッサージの組み合わせで相乗効果!(2)

数多くあるマッサージのなかでも、より効果的な方法を紹介します。

胃腸の調子が悪いと肌に影響が

 前回に引き続き「呼吸マッサージ」を紹介しましょう。今回は、ハリのあるプルプル肌に近づくためのマッサージです。

 胃もたれや便秘の状態が続くと、吹き出物が出るなど肌に悪影響を及ぼします。きめが細かく、ハリのあるプルプルした肌にするためには、常に胃腸の調子を整えておくことが大切です。

 そのためには、胃の入口部分を手のひらで覆うようにして、なでるようにゆっくりと時計まわりにマッサージするのが効果的です。ポイントは、3~5回まわしながら息を吐き、2~3回まわしながら息を吸うこと。これを10~30回ほど繰り返すと、消化活動が活発になり、便秘が予防できます。

 さらに入浴時は、胃の上を、少し熱めのシャワーで時計まわりに円を描くようにあてると、水圧による刺激と温熱効果で、胃腸の血行がよくなります。

効果的なマッサージの方法は

 日常生活では、激しい運動をしなくても、さまざまな筋肉を使い、疲れがたまっていきます。疲労を解消するために最も効果的なのは、就寝前に行うマッサージです。血行が促進されることで、熟睡できるからです。

 控えたほうがいいのは、食後すぐにするマッサージです。食後は、食べたものを消化するために、血液が胃に集中します。そのときにツボを押すと、押した部分に更に血液が集まって、胃が消化不良を起こしてしまうからです。

 また、妊娠している人、とくに妊娠3か月以内の不安定な時期にある人は、マッサージを控えましょう。体が敏感になっているので、外からの刺激を与えないほうが安全です。同じく、病気や手術後の安静期、お酒を飲んだ後も好ましくありません。

 一方、頭痛や肩こり、腰痛などの症状を改善するためのマッサージは、すぐに行うほうが望ましいでしょう。

マッサージの後は水分補給

 マッサージを行う際は、最初はやさしく、筋肉がほぐれてきたら徐々に力を加えていく方法が効果的です。このとき力を入れすぎると、筋肉繊維がこわれて筋肉が痛くなります。この状態がもみかえしです。ちょっと痛いけれど気持ちがいい、「イタ気持ちいい」程度の力で押したりさすったりすれば、筋肉を痛めること(もみかえし)は防げます。

 また、マッサージを終えたら、必ずたっぷりと水分補給をしましょう。体の血流がよくなっているため、体内の老廃物の排泄が促進されて、新陳代謝が活発になるからです。睡眠をたっぷりとることも重要です。

 自分にあったマッサージの方法を知り、水分補給と睡眠で、翌日に疲れを持ち越さず、健康的な美しい肌を保ちましょう。

(「呼吸マッサージ」2006年2月刊、劉 勇著、法研より/イラスト:里見敦子)

劉 勇


『こりとれーる』代表
中華人民共和国遼寧省生まれ。北京軍医学校卒業後、外科医として活躍。1983年来日、東京福祉専門学校入学。86年中国鍼灸治療院で治療を開始。94年クイックマッサージの先駆けである『コリとれーる』第1号店を開業。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

身の回りの道具で肩こり解消ができる? さらに小顔効果も

手軽に心身がきれいになれる方法、それが深い呼吸に合わせてマッサージをする「呼吸マッサージ」です。
深く息を吐き切ると、体内で発生した二酸化炭素や老廃物が体外へ放出されるので、代謝力がアップして、やせやすくなる効果があります。
そして... 続きを読む

入浴中のマッサージで冷え性・肩こりを撃退! マッサージ方法とは

疲れたときはお風呂に入ってのんびりするのが一番ですね。ストレスや疲れでこり固まった体がほぐれてくると、気持ちまでやわらかーくなっていく感じがしませんか?
なかでもリラックス効果の高いのが半身浴。やりかたは簡単です。
38~40度のぬる... 続きを読む

ハリとツヤを出すフェイスヨーガ

フェイスエクササイズ+雄牛のポーズ
目安左右1セットずつ 雄牛のポーズは、腰への血液循環を促し、丹田を整え、足腰を強化。能力を開発するパワーアップヨーガです。姿勢を美しくし、肌にハリとツヤを与えます。また、... 続きを読む

ポイントは少し強めの水圧♡シャワーで便秘改善&お腹引き締め

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。毎日のシャワーでカラダの引き締めが手軽にできたら、思わずやりたくなっちゃいますよね。今回はシャワーで気持ちよくむくみ解消、そしてカラダを引き締める方法をご紹介し... 続きを読む

シャープな首のラインを手に入れる方法-肌のたるみ・くすみ改善

ストレスがたまってくると、体全体の血行がわるくなり、内臓の機能も低下してくるのをご存知ですか?
体の中からきれいを引き出すためには、ストレスを取り除いて体全体の血行をよくし、胃腸などの内臓を元気に保っておくことが重要です。
ストレスを... 続きを読む

体のコリに注意!運動性とストレス性があるコリ|マッサージで解消

肩や背中、腰などのコリはゆううつなもの。「デスクワークが多くて、運動不足だから・・・」そう思ってあきらめているあなたも、実はストレスからコリが起こっているのかもしれません。
コリには運動性のものとストレス性のものがあります。運動性のコ... 続きを読む

お肌の調子は腸内から整えよう!簡単にできる腸内環境セルフチェック

「腸の仕組みや腸内フローラが発見された」など、いろいろと話題になっている腸。実は、肌コンディションも腸内から届いているものです。 では、自分の腸の中はどんな様子なのでしょうか?セルフチェックしてみましょう。お肌の調子は腸内から整えよう!... 続きを読む

納豆とキムチの相乗効果が腸内を大掃除

納豆とキムチの相乗効果が血栓の詰まりを予防し 腸内を大掃除する ●解説してくれる人 倉敷芸術科学大学教授・医学博士/須見洋行 先生 ●先生のプロフィール すみ・ひろゆき 1945年生まれ。山梨大学工学... 続きを読む

繊維たっぷり オシャレに楽しむ大麦

絶対きます、大麦ブーム
今月のマイフェイバレットフードは大麦。
さまざまな料理法で大麦を生かすために一時期、毎朝昼夜と親しんだ食材。サッポロビールの商品開発で大麦スープを生んだことからも、強い思い入れがあ... 続きを読む

東洋医学の教え 温熱食と寒冷食

代謝を上げて完璧!冬ダイエット
生活編 代謝アップ食材を食べよう!今年のオススメは火鍋 身体を温め、代謝アップを促す冬向きの食材を目黒西口クリニック院長である南雲久美子先生が紹介します。
東洋医学では... 続きを読む