ミニ盆栽をはじめてみよう! 小さな自然がもたらす6つの健康効果

季節ごとの手入れで生活にメリハリ、健康にも効果が

手のひらにのる可憐さが若い女性にも人気のミニ盆栽。小さくても癒し効果は本格的!

眺めるだけで心が和む緑。なかでもミニ盆栽が人気

 仕事や家事で疲れてイライラしたとき、樹木や花をみて心が和み、ほっとリラックスしたことはありませんか? ガーデニングまでいかなくても、部屋にちょっとした観葉植物を飾っている人は多いでしょう。もっと気軽な、サボテンやこけ玉といった小さな鉢植えも人気で、おしゃれな雑貨屋さんの定番になっています。

 そして今、盆栽が静かなブームになっています。それも手のひらにのってしまうようなミニ盆栽が話題! そのかわいらしさが若い女性にも人気です。盆栽店や園芸ショップだけでなくインターネットショップでも、1500円くらいから手に入れることができます。

気軽に楽しめる鉢の中の小さな自然

 盆栽は、樹木の自然の姿を鉢の中に小さく作り出そうとする趣味の園芸です。それはミニ盆栽でも変わりません。樹の種類も豊富で、本格的な盆栽と同じように四季の移ろいや風情、花や実を長く楽しむことができます。盆栽は普通の鉢植えと違って何年も持ち、成長を楽しむことができますが、難しい作業はいりません。小さな鉢が、根が伸びるのを抑えるため樹が大きくならず、小さいまま自然の姿に育てることができるのです。

 ミニ盆栽は、素材が安く手に入れやすい、作業スペースをとらず、どこにでも飾ることができる、作業に時間がかからないなど、本格的な盆栽に比べ手軽に楽しめ、初心者でもすぐに始めることができます。

自分で育てて季節を感じ、感性をみがく

 盆栽の種類は、松柏(しょうはく)、雑木(ぞうき)、花物(はなもの)、実物(みもの)の大きく4つに分けることができます。

 黒松や五葉松など常緑針葉樹の松柏は、いろいろな形に作ることができ、力強い印象があります。ケヤキやモミジなど紅葉の美しい雑木は、四季の変化に富み、一年を通じて楽しめます。花の美しさを楽しむ花物は初心者でも育てやすく、レンギョウ、ウメ、サツキ、ハギと、季節ごとにさまざまな種類があります。実を楽しむ実物は、ウメモドキやコショウバイなど実を楽しむものと、ヒメリンゴやミカイドウなど花と実を楽しむものがあります。

 たとえば落葉樹なら、春の芽吹き、夏の深い緑、秋の紅葉や黄葉、冬の裸木と、見ているだけで季節を楽しむことができます。また、芽を摘む、枝をせん定する、樹を植え替えるなど、1年を通じて手入れを行うことでも季節を感じ、生活にメリハリがつきます。

 さらに、樹に合った形を考える、形を作る、さまざまな形や素材の鉢から樹に合う組み合わせを考えるなど、創造する楽しみが得られるのも魅力です。

 盆栽を自分で育てるには、用具、用土、肥料、鉢などそろえるものがありますが、まずは日常的に使うものをそろえ、あとは必要に応じて買い足していけばよいでしょう。素材となる樹木も、市販されているものだけでもさまざまです。たくさんの樹木を見て、これだと思うものを買い求めましょう。その際、なんといっても、いきいきしたものを選ぶことが肝心です。

 自分で育てるのは難しいと思う人は、できあいのものを買って世話をすることからはじめてみてはいかがでしょうか?

こんな健康効果を期待

 ミニ盆栽の癒しの力は、健康にもさまざまな効果が期待できます。

1. 植物である盆栽は酸素を作り出すため、新鮮な空気を吸って気分転換ができる。屋外で手入れをすることで、すがすがしい外の空気に触れることができる。
2. 葉の緑や花の美しい色は目にやさしく、OA機器などの作業で疲れた目を癒してくれる。
3. 植物の香りで五感が刺激され、明日への活力が湧いてくる。
4. 樹という生き物に接することで生きる喜びを見いだし、心を健全に保つことができる。
5. 出勤前の水やりなどで生活が規則正しくなり、健康維持につながる。
6. 盆栽の世話をすることで、意識せずに適度な運動ができる。

 小さな緑は毎日の生活に潤いを与えてくれます。まして自分で育てればなおさら。あなたも手のひらサイズのミニ盆栽に挑戦してみませんか?

(「健康のひろば」、法研より)

【監修】
原田 繁氏


日光園芸/(社)日本植木協会卓越技能者(名人)
1937年神奈川県に生まれる。1959年千葉大学園芸学部園芸学科卒業後、サカタのタネ入社。1970年退社し、日光園芸を創立、現在に至る。栃木県立宇都宮白楊高校農業特別専攻科講師6年、(社)日本植木協会理事、同学術委員をそれぞれ10年務める。NHK教育テレビ「趣味の園芸」講師、日本テレビ「たのしい園芸」講師をそれぞれ10年務める。著書に「サツキ・ツツジ入門」「サツキの仕立て方」(以上、有紀書房)、「石楠花入門」「石楠花の作り方」(以上、池田書店)、「盆栽名人の手のひら盆栽入門(監修)」(講談社)ほか。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

庭やベランダでできるビオトープガーデンをつくる-睡蓮鉢の飾り方

暑くなってくると、透明な水は触って気持ちがいいのはもちろん、見ているだけでも涼しげです。そこで今回は、手軽に水辺の涼しさが味わえ環境にもちょっと優しい、ビオトープガーデン作りを紹介しましょう。
ビオトープとは、ギリシャ語のビオ(bio... 続きを読む

初心者から始めるベランダ菜園のやり方-ハツカダイコンの育て方

新緑に春の花々が目を楽しませてくれるこの季節、家のベランダを見てなんとなくさみしい感じがしたら、ガーデニングに挑戦してみませんか?
それも、見て楽しむだけでなく食べておいしい、欲張りキッチンガーデンはいかがでしょう?
屋外で作業しても春... 続きを読む

リラックス空間は青と緑

寝室とお風呂場には緑と青を配色し気分をリラックス&リフレッシュ!
寝室は、リラックスして1日の疲れをとり、体を休めて「また次の日からダイエットに励もう」という意欲をわかせるとても大切な空間です。ここには青や緑... 続きを読む

身近な自然に触れてストレスを解消しよう-植物の癒し効果でリフレッシュ

日本の四季の移り変わりの中には、様々な植物が満ちています。うららかな春は、自然の芽吹きに心躍り、太陽が力強さを増す夏には、葉や幹の躍動感に感嘆させられる。成長して豊かに実を結ぶ豊穣の秋、雪解けが待ち遠しい冬。こうした植物に触れることは、スト... 続きを読む

フラワーエッセンスとは? 花の波動が心身のリラックスを助ける

美しく咲いている花を見ると、みずみずしいエネルギーをあたりに発散しているように感じられますね。そのような、花の持つパワーに着目した療法がフラワーエッセンスです。イギリスの細菌学者で医師のエドワード・バッチ博士が考案しました。さまざまな花が... 続きを読む

フィトンチッド

最近、森や林の中を歩きましたか?
今回は樹木が発散する森林の香りのお話です。緑溢れる森林を散策していると、気持ちが落ち着き、すがすがしくなってくる、そういう経験は誰もがしていることでしょう。森の空気はとても澄んでいて、どこからともなくかす... 続きを読む

花つぼみ

美肌や便秘解消に効果がある花つぼみが、口コミで人気です。中にはすでに身近なものもあり、バラのハーブティには、花のつぼみでできているものも。
実は、この花つぼみ、中国・清王朝の名門皇族・愛新覚羅(あいしんかくら)家に秘伝のレシピがあるほど... 続きを読む

夏に向けて“緑のカーテン”を育てよう-ゴーヤの育て方

地球温暖化のせいでしょうか、夏の暑さが年々強くなるような気がしていませんか?
そんなことから、日当たりの良い南側や西日の当たる西側の窓とかベランダに、夏の間の日ざしをさえぎるため、つる性の植物をはわせる“緑のカーテン”づくりが関心を集めて... 続きを読む

森林浴でストレス解消、免疫力UP! 全国の森林セラピーロードを巡る


緑の豊かな森や林の中を歩いていて、何となく安らいだ気持ちになったことはありませんか。誰もが経験的にわかっていたその心地よさには、ちゃんと根拠があることが科学的に確かめられています。それに基づいて、森や林を心身を癒すために活用しようという... 続きを読む

サボテンダイエットなら食欲を抑制できる

サボテン
サボテンは乾燥地で良く見られる植物です。
たくさんの刺が付いている種が多いですが、そんなサボテンが近頃ダイエットに良いと話題になっています。
サボテンは乾燥地でも枯れないように中に多くの水分を取り込めるようになっています。... 続きを読む