「お香」で心も体もリラックス-日本のお香が体にいい理由

日本人が古来から親しんできた癒しの効果が見直されている

昔から儀式や健康のために利用されてきた香り。香りが心身に及ぼす作用と身近な香りの効能を紹介します

香りが心身によい作用をするのはなぜ?

 白檀(びゃくだん)のお線香のにおいや新しい畳のにおいをかいだとき、小さいころ行った田舎のおばあちゃんの家を思い出したり、香水のにおいから大好きだった人のことを思い出したり、香りによって懐かしいできごとや人の記憶がよみがえることはありませんか? そして、それまでイライラしていたのがうそのように、優しい気持ちになったことは?

 香りの成分は鼻から嗅覚(きゅうかく)神経を通って大脳辺縁系に伝えられます。ここには感情と記憶に深い関わりをもつ海馬(かいば)と偏桃体があるため、なつかしい香りをかぐと記憶がよみがえったりすると考えられています。

 さらに香りの成分は大脳辺縁系から視床下部や脳下垂体へと伝えられますが、ここは自律神経やホルモンの分泌調整、免疫などにも影響を与える部分です。この視床下部や脳下垂体が刺激されることで、自律神経を整えたり、ホルモン分泌を促したり、免疫力を高める働きをしてくれると考えられます。よい香りをかぐと心が落ち着いたり、体調がよくなったり、ストレスが解消したりするのは、そういうことなのです。

世界でも古くから利用されてきた自然の香り

 植物の自然の香りを、宗教儀式や医療行為、健康や美容に用いることは、世界でも日本でも古くから行われてきました。日本では、もっとも身近で誰もが知っているのがゆず湯や菖蒲湯(しょうぶゆ)でしょう。日本人は、12月の冬至にはゆず湯、5月の端午(たんご)の節句には菖蒲湯のように、季節ごとに香りのある植物をお風呂に入れて楽しみ、薬効を利用してきました。ほかにも、3月のよもぎ、 4月の桜、9月の菊のように、季節ごとにさまざまな香りをもつ植物が利用されてきました。

 さらに、日本には昔から「お香」をたいたりにおい袋を身につけて香りを楽しむ習慣があります。お香というと仏様にあげるお線香を思い浮かべるかもしれませんが、仏事とは関係なく、香りを楽しむためのお香もあります。「香道」といって、茶道や華道のように、一定の作法のもとに香木をたいて香りを鑑賞する日本独特の文化もあります。近ごろのヒーリングブームで、お香を雑貨店などでよく見かけるようになりました。

お香にはいろいろなタイプが

 お香は加熱すると芳香を発するもので、主な原料は、白檀、伽羅(きゃら)、沈香(じんこう)、桂皮(けいひ)、丁字(ちょうじ)など、漢方薬の原料にも使われる天然の植物です。これらから数種類が調合され、伝統的な「和の香り」ができあがりました。お香は日本の風土に合わせ、長い年月の中で作りあげられた香り。だから、どこかなつかしく、気持ちが落ち着くのでしょう。

 お香にはおなじみの線香、円錐形をしたコーン、間接的に熱を加える練香、常温で香る匂い袋などいろいろなタイプがあります。
  コーンは先端に火をつけ、香皿の上に置いて使用します。線香に比べ灰が散らばりにくいのが特徴で、短時間で強い香りを出すため、料理のにおいなどをサッと消したいときなどによいでしょう。におい袋は火を使わないので高齢の方や小さな子どもの部屋にも安心。たんすの隅に入れておけば衣類にほのかな香りが移り、白檀や丁子など防虫効果のあるものを使えば、ひな人形や書物の保管にも役立ちます。

 実際にお香をたいてみると、香りはもちろん、煙の立ち上っていく姿を見ているだけでも気持ちが癒されます。お香をたいた部屋にずっといると、たいていることを忘れてしまいますが、外出から帰ってきたときなどに香りがして、とてもよいものです。
  あなたもお気に入りのお香を見つけて、ほっとやすらぐ香りを楽しんでみませんか?

和の香りにはリラックス、集中力を高める、心を鎮めるなどさまざまな作用が

 お線香など身近な和の香りの効能には、次のようなものがあるといわれています。

白檀:呼吸を鎮める、リラックス作用、防虫
ゆずの皮:血行促進、冷え症や神経痛、腰痛などをやわらげる
桜:抗菌作用、浄化作用、せきやたんを鎮める
ひのき:リラックス作用、安眠
すぎ:リラックス作用、殺菌
はっか:脳の働きを活発にする、鼻づまりを軽減する
よもぎ:いらいらを鎮める、疲労回復、食欲増進。肌のかゆみを抑える
緑茶:鎮静作用、集中力を高める
しそ:精神安定作用、食欲増進、防腐・殺菌

【監修】
宮川明子先生


自然療法総合スクール マザーズオフィス代表
マザーズオフィスグループ(「アロマテラピーの学校」、通販部アクアヴィーテ、アロマスフィア、松が丘鍼灸指圧治療室)代表。東洋医学・植物療法研究家、鍼灸師、整体師。女性の月経周期に応じたアロマメソッド「リズミカルボディ セラピー」を考案(「リズミカルボディ」は登録商標です)。アロマテラピーやハーブなどの植物療法、整体、シュタイナー教育などを背景に、女性の自然な身体づくりと心と身体のケアを行っている。
マザーズオフィス http://www.aroma.gr.jp/

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

香りを使った、かんたんダイエット

香り
香りは、人体にいろいろな効果をもたらすことで知られています。好きな香りをかげば、人はリラックスすることが出来たり、幸福感を感じることが出来ます。有名なところでは、ハーブの香りはストレスを軽減してくれる効果などがあります。
そんな... 続きを読む

客室に一歩入るとほんのりと甘い香りがお出迎え

コーラルピンクの淡いトーンを基調にした客室には細やかな気くばりがいたるところに ホテルのホームページで集計したアンケートなどをもとに、女性の声を最大限に活かしつつコーディネイトされているというレディスフロアの客... 続きを読む

男性に「いい香りだね」と言われたことがあるシャンプーランキング

マシェリ ラックス パンテーン SALA TSUBAKI 6位以降をみる すれ違った女性の髪からいい香りがすると、同性であってもドキッとしますよね。「香水よりシャンプーの香りが好き」という男性も少なくありません。では、実際どのようなシ... 続きを読む

ワンランク上の癒しを追求!日本が誇る「和のこころ」を五感で感じるSPA

忙しい日々に追われて、どんどん蓄積していってしまうストレスと疲労。まだまだ寒い日もあり、血行不良や乾燥で、顔色も悪くなりがちです。また寒さで身体は丸くなりがち、顔も疲れてしまっていると一気に5歳くらい老けた感じになりかねません。そんな疲... 続きを読む

アロマオイルの香りが心や体にいい訳とは-好みの香りでリラックス

花の香りに気持ちが明るくなったり、木々の香りに清々しい気分になった経験はありませんか?
植物の香りを心身の美と健康に役立てる健康法がアロマテラピー(芳香療法)です。植物によって香りが異なるように、その効果もそれぞれの個性をもっています。リ... 続きを読む

ホルモン分泌が高まる!?幸福感をもたらす香り「ネロリ」で女子力アップ♡

精油の中で人気の高いローズ、ネロリ、ジャスミンは高価な精油ですが、1滴で大きな作用をもたらしてくれます。今回はネロリの効能を詳しくお話しします。アンチエイジングに使われているネロリには、どんな成分が含まれているのでしょうか。どのような人... 続きを読む

体の体幹を鍛える! 効率よく脂肪を燃やす15分コアトレーニング

キレイなプロポーションをつくるためには、全身の筋肉や神経を総動員する運動が不可欠です。とくに、脂肪を効率よく落とすためには、姿勢を維持したり、ジョギングなどの軽い運動を持続的に行う際に使われる赤筋(遅筋)と、じっとしているときにも脂肪を燃... 続きを読む

疲れやストレスにはグレープフルーツのアロマオイルがおすすめ

ストレスや疲れがたまったときは、理由もなく無気力になったり、集中力が低下したり、精神的にも不安定になりがちです。
フルーツでおなじみのグレープフルーツの学名はCitrus paradisiといい、「パラダイスのシトロン(ミカン)」という... 続きを読む

脱法ハーブ改め、「危険ドラッグ」とは? 強い依存と未知の毒性

危険ドラッグは、少し前まで「合法ドラッグ」「脱法ハーブ」などという名称で出回っていた薬物です。この名称のため、違法ではないとか、体への悪影響はあまりないのでは?
と誤解していた人も多いかもしれません。
しかし、含まれている成分は、麻薬や... 続きを読む

五感を刺激することは健康的? 脳が活性化してストレスにも強くなる?

わたしたち人間は、もともと動物や植物と同じように、自然の恵みを受けて生きてきました。人間には、視覚(見る)・聴覚(聴く)・嗅覚(嗅ぐ)・味覚(味わう)・触覚(触れる)という五感がありますが、自然界の中で生きていくためには、この五感は欠かせな... 続きを読む