「色」が人の心に影響する理由-カラーパワーでストレス対策を

ストレス克服とリラックスはこの色で!

環境の変化でストレスの多い春は、色のパワーでリラックス

色には人を動かす力がある

 新緑のまぶしい季節になりました。木々の緑を見ていると、心身が安らぐ感じがします。森の中なら樹木の香り「フィトンチッド」の効果がありますが、それだけではなく、色がもたらす効果もたいへん大きいものがあります。

 色が人の心理に作用することはよく知られていますが、体にも影響を及ぼすことが言われています。たとえば、青い部屋では赤い部屋よりも体感温度が下がることが、実験で確認されています。
  外部からの情報の8割は視覚を通じて脳に送られることがわかっています。それだけに、色が心身に及ぼす影響はとても大きく、「色には人を動かす力がある」といっても過言ではないでしょう。このような色のもつパワーを、日々の暮らしの中でも活用してみるのはいかがでしょう。

ストレスを感じたらミントグリーンの服

 春は、入学、就職、異動など何かと環境が変わって心身ともにストレスを感じやすい季節です。ストレス克服におすすめの色が、青と緑を混ぜ合わせた色「青緑」です。

  「青」を中心とする寒色系の色には、自律神経の副交感神経に働きかけて血圧や脈拍、呼吸数などを下げる働きがあり、心身の興奮を鎮めてくれる効果があります。
  そして「緑」は安らぎをもたらす色。太古の昔から人間を守り食の恵みを与えてくれた木々や草といった植物の色に、人は安心感を覚えるのでしょう。

 青緑は、青の沈静と緑の安らぎという2つの効果をあわせもつ、心身を非常に楽にしてくれる色です。見ているだけで目の疲れをやわらげ、疲れ目や頭痛にも効果があると言われています。具体的には青竹の色をイメージしてください。このごろ都会ではあまり見かけなくなりましたが、竹のある風景は懐かしい日本の風景。青緑がストレスを癒すのもわかる気がしますね。

 リラックスした状態とは、筋肉の緊張がほどよく緩んだ状態です。目に入る色によって筋肉の緊張度も変化しますが、最も緊張を緩めてくれるのがパステルカラーやベージュ色です。見るだけでなく身につけることでも同様の効果が得られますから、ストレスを感じたときは、ミントグリーンなどパステル系の青緑の服を着て、ごろんとしてみてください。きっとリラックスできるはず。

ベージュ系の部屋で癒される

 休日は家でゆっくり過ごしたいというあなた。インテリアの配色で、くつろぎ空間を手に入れることも可能です。くつろぎたいときのインテリアカラーはベージュがおすすめ。母親の肌色をイメージさせる肌色に近いベージュは、子どもにも大人にも安心感をもたらします。ベージュは、パステルカラーとともに最も筋肉の緊張を緩めてくれる色でもあります。ベージュを基本色として、観葉植物などの自然の緑を置けば、よりリラックス効果があります。

 そしてストレスで眠れないあなたには、寝室の配色に青系をおすすめします。ストレスを抱えているときは神経が高ぶり、気が張りつめて眠れないことが多くなります。そんなときには心身の興奮を鎮めてくれる青色がおすすめ。同じ青でも筋肉の緊張をやわらげリラックスさせてくれるパステル系がよいでしょう。寝室や寝具の色に、明るくさわやかなスカイブルーなどの青色を試してみてはいかが?

(「健康のひろば」法研より)

【監修】
木下代理子先生


カラーカウンセラー、カラーセラピー研究所 所長
色彩と深層心理を研究、クレヨンを使う心理分析法(Human Color Counseling)を実施。個人から企業までのカウンセリング、講演・執筆で活躍中。著書に『色の理由』(廣済堂出版)、『色で変わる人間心理』(実業之日本社)ほか。各種養成セミナーを開講。
http://www.i-ro.jp

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

リラックス空間は青と緑

寝室とお風呂場には緑と青を配色し気分をリラックス&リフレッシュ!
寝室は、リラックスして1日の疲れをとり、体を休めて「また次の日からダイエットに励もう」という意欲をわかせるとても大切な空間です。ここには青や緑... 続きを読む

今年、流行っている色は?

Q.今年、流行っている色は? A.この冬はビビットで明るい色が大流行!
ポイントで使うべし。
毎年毎年、流行の色は変わっていきます。2008-2009の秋冬の流行は、ビビットで鮮やかな「オレ... 続きを読む

やせて見える色ってあるの?

Q.ついつい黒ばっかり着ちゃうのですが……レスキューはこちら→ Q.今年、流行っている色は?レスキューはこちら→ 政近先生からのファッション通信 みなさん、こんにちわ。 3回目は『ワードローブ... 続きを読む

パステルカラーが苦手な人の「春色」着こなし術♡

春の色と聞いてイメージするのは、パステルカラーではないでしょうか?ただこの色、人によって得意・不得意が大きく分かれますし、大人の女性にとっては「可愛すぎる」と敬遠しがちな色でもあります。そこで、パステルカラーの甘さが苦手な人でも、抵抗な... 続きを読む

赤みもくすみも下地で解決!カラーコントロールで肌色補正

今日ま待ちに待った彼とのデート。前日からバッリチ決めた服装や靴は完璧なのに、顔色が悪いなんてどうしようと焦っているあなたへ、お肌のお悩み別にカラーベースを取り入れる豆知識をご紹介したいと思います。【SOS】顔色をよくしたい!お肌の悩みを... 続きを読む

美人メイクのポイント-チーク&リップメイクのコツ|癒し系とデキル系

今回の「健康美人をつくるメイクのコツ」は、「癒し系」と「デキル女系」のいよいよ仕上げです。1回目はベースづくり、2回目は眉と目元のメイクのコツを紹介しました。仕上げは、健康美に欠かせない血色や、女性らしいニュアンスを加えるチーク&リップメ... 続きを読む

カラーパワーを上手に取り入れよう! プレゼンには赤、接待には茶色

たとえば赤やピンク色のセーターを着ると気分が明るくなったり、ブルーのトーンで統一された部屋にいるとなんとなく落ち着いたりと、“色”は、日頃から私たちの心理にさまざまな影響を与えています。
それぞれの色によって、活気づいたりクールダウン... 続きを読む

ピンクの服を着ると女性ホルモンが増える? カラーパワーの秘密

色には人を動かす力があると言われています。色は視覚に直接訴えることで心理や生理に大きな影響をもたらし、人の心や態度を動かす力になります。この色のパワーを効果的に使えば、自分の気持ちや行動を変えることができるだけでなく、周りの人の気持ちにも... 続きを読む

筋肉痛・風邪予防・頭痛に効く-ミントのアロマオイルの上手な使い方

ラベンターとともに、北海道で精油生産の歴史をもつハーブのひとつが薄荷(ハッカ)です。開拓時代、入植した屯田兵がハッカを育てたのが北海道におけるハッカの歴史の始まりといわれています。
そのハッカの仲間がペパーミント。シソ科ハッカ属の多年... 続きを読む

森林の持つ癒しのパワーとは-緑の香り、フィトンチッドの効果

秋も深まってきました。食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・どんな秋を過ごされているでしょうか。忙しい日々を送っている方や室内にこもりがちな方も、たまには日頃じっくり見ていなかったり感じなくなったりしている自然界のものを、ほんの少しだけでも探... 続きを読む