一日の足の疲れをとってリラックス-おやすみ前の足のストレッチ

1日頑張った足の疲れ、寝る前に解消しましょう

足首、ひざ、太もも、股関節。足を柔軟にすれば全身の疲れも癒され、ぐっすり眠れます

足の疲れはその日のうちに解消しましょう

 足は体の中で一番の働き者。夕方になると足が疲れてだるくなったり、むくんだりすることはありませんか? とくに立ち仕事や座りっぱなしのデスクワークが続くと足の血行が滞り、むくみやだるさがひどくなりがちです。足が疲れると全身の血行が悪くなって、足だけでなく全身の疲れやだるさ、不調にもつながります。

 だから足の疲れは翌日に残さないように気をつけたいもの。まずは、家に帰ったらお風呂でリラックスしましょう。ぬる目のお湯でゆっくり半身浴をすれば、体があたたまり疲れが飛んでいきます。
 足がむくんでいるときは、ぜひ足浴を試してみてください。少し熱め(42~43度)のお湯にくるぶしの上までつけて10~20分くらいリラックス。足の先の血管が広がって血行がよくなり、体中がぽかぽかに。むくみも、びっくりするくらいきれいになくなります。洗面器やバケツを使って、お湯が冷めたらポットのお湯を注ぎ足します。

 そして1日の終わりには、足の疲れをとる体操を。全身の疲れをとってぐっすり眠るためにもとても大切です。

ゆっくり筋肉を伸ばしてリラックス

 「老化は足から」というように、体の中で老化が一番速く進むのも足。男女とも40代ごろから足の衰えを感じるようになると言われています。足の老化を防ぐには、普段から足の筋肉をよく使って筋力を維持すること。筋肉は動かさないと弱ってしまいます。疲れるからと動かないでいると、筋力だけでなく柔軟性も低下し、ますます疲れるという悪循環に陥ることに。

 日中はよく歩くなど適度の運動をして、寝る前の体操で足の柔軟性をとり戻してあげましょう。ゆっくりと足の筋肉を伸ばせば、足の疲れがとれ、ぐっすり眠れます。おやすみ前のリラクゼーションをかねて、毎日数分程度を習慣に。リラックスできる音楽をかけたり、アロマテラピーで香りを楽しんだりすれば、さらに効果が高まります。

 どの体操も、筋肉や関節をゆっくり伸ばすことを意識しながら行いましょう。ゆったりと、気持ちがいいと思うところで止めて、決して無理はしないように。

 ほかに、あおむけに寝て片足ずつ伸ばしたままゆっくり上げ下げしたり、うつぶせに寝てひざを曲げ、かかとでお尻をぽんぽんたたくなど、足をしなやかにしながら鍛えられる体操もおすすめです。

(「足をスッキリきれいにする本」平井正文著、法研より)

【監修】
平井正文先生


愛知県立看護大学外科教授
昭和18年愛知県生まれ。昭和42年名古屋大学医学部卒業。国立循環器病センター医長、名古屋大学第一外科講師、愛知県立尾張病院外科部長などを経て、平成4年より現職。この間、デンマークに1年、ドイツに2年留学。日本血管外科学会評議員、日本静脈学会理事などを務める。研究テーマは下肢静脈瘤・リンパ浮腫の治療、むくみの病態と治療、弾性ストッキングの臨床効果など。著書に『弾性ストッキング・コンダクター(共著)』(へるす出版)、『足の血管のコブ「下肢静脈瘤」を治す本』(マキノ出版)など多数。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

素足美人になるフットケア 2 足浴のすすめ、ドライヤーでもOK?

長時間立ちっぱなしだったり、一日中ハイヒールをはいて過ごしたりして足が疲れたり、むくんだとき。あるいはこの季節、寒くて足が冷えきってしまったとき、足浴をためしてみませんか?
足をお湯につけて温めると、足先の血管が広がって、血行がよくなり... 続きを読む

お湯だけでかんたん!白湯ダイエット

白湯
最近、コーヒーや飲料水ではなく、マイボトル持参で白湯を飲むという人が増えてきています。
白湯を飲むと胃腸や内臓器官を温めて代謝アップに繋がるといわれ、脂肪燃焼に繋がるといわれています。
脂肪燃焼を促進させると、消化作用も活発に... 続きを読む

片足立ちダイエットなら短時間で済む

片足立ち
ダイエットしようとウォーキングを始められる方は多いと思います。
しかし意外と時間が掛かるので朝早く起きて始めないといけないです。
仕事があると難しいものがありますが、そんなときでも片足立ちダイエットならもっと短時間で行えま... 続きを読む

音楽でやせられるか

音波でやせる
音といえば「空気の振動」のことを意味しますが、そういえば、最近は超音波を皮下脂肪にあててやせる方法が発明され話題になっているようです。ちなみに、この超音波の原理は、皮下に一定の周波数をあてると、その刺激... 続きを読む

毎日のお風呂で健康とリラックス-ストレスを溜めないお湯の温度は?

忙しいから普段はお風呂じゃなくてシャワー、という人も多いでしょう。でも、お風呂にはシャワーでは得られない健康効果がいっぱい。温かいお湯につかるとホッとして、疲れがとれる気がしますが、それはどうしてなのでしょうか?
入浴時、私たちの体は次... 続きを読む

1日中デスクワークで足がパンパン!むくみ解消に効く飲み物3選

1日中デスクワークをしてれば、それこそ足はパンパンになるに決まっています。 そんな足パンパンむくみ女性にオススメしたいドリンクがあります。1日中デスクワークで足がパンパン!むくみ解消に効く飲み物3選 誰もが知っている豆乳 豆乳には、利尿... 続きを読む

自分で寝る前にできる足もむ-リフレクソロジーで体調コントロール

足の裏をもむ健康法は、昔から世界各地で行われてきました。アメリカやヨーロッパではリフレクソロジー(反射療法)、日本や中国では足ツボと違いはあっても、元をたどれば同じものです。
リフレクソロジーには、リラクセーションを目的とする「英国式リ... 続きを読む

キッチンに立ちながら かかと上げ下げ [3グループ・下半身の筋トレ]

●1分間の消費カロリー:3.6kcal ●1度に行う目安:1分×1回 ●ながらチャンス度:★★★ ふくらはぎは「第二の心臓」といわれ、この筋肉を刺激すれば血行がよくなり、むくみが改善され、キュッ... 続きを読む

特に寒い日は足湯で温まろう-足湯・手湯の健康効果とケア方法

足だけ温泉気分につかる“足湯”は、今やどこの温泉地に行っても見られる光景です。さらに手軽な、手だけ温める“手湯”も登場しています。また、手と足を同時に温めることができるところもあります。一年のうちで寒さが最も厳しいこの時期、あちこちの足湯... 続きを読む

素足美人になるフットケア 1 清潔と保湿|肌を傷めないムダ毛処理

毎日、顔はちゃんと洗ってケアをしているのに、足のお手入れを忘れている人が意外と多いようです。足は1日中動き回っていることもあり、思いのほか汚れているものです。せめて1日の終わりには、やさしくいたわってあげたいものです。
まず、バスタイ... 続きを読む