寝苦しい夜をぐっすり眠る方法-クーラーなしで涼しく眠るには?

ちょっとした工夫でひんやり、リラックス

暑さに負けず夏を乗り切るためには質のよい睡眠を十分にとることが大切です

夏の疲労回復には質のよい睡眠

 夏も中盤にさしかかると、食欲が低下する、体がだるい、疲れやすいといった夏バテの症状が出てきます。体温以上の気温が何日も続けば、夏バテになるのも無理はないかもしれません。夏バテする、しないの違いは、暑さに負けずに夏を乗り切るだけの体力、気力が持続するかどうかではないでしょうか。

 そのカギを握るのは睡眠です。仕事や勉強の疲れに加え、うだるような暑さで、体は大きなダメージを受けています。ぐっすり眠って体力を回復し、気力も充実させる必要があるでしょう。

 もし、質のよい睡眠を十分にとれなければ、体は疲れをかかえたまま、翌日も暑さと闘わなければなりません。体力の低下しているところに、追い打ちをかけるように、暑さや仕事などのストレスが加わるわけですから、体調はさらに悪化してしまいます。この悪循環を早く断ち切らなければなりません。

 それには、早寝早起きを実行して、生活のリズムを整えることが大切です。メリハリのきいた生活を送ることや十分な栄養をとることで、体は次第に抵抗力を回復し、疲れや暑さに負けないだけの体力をつけることができるでしょう。

クーラーなしで涼む方法

 疲労回復には質のよい睡眠を十分にとる必要があるとわかっていても、夜の気温が25度以上の熱帯夜が続き、寝苦しくてぐっすり眠れないというのが日本の夏の特徴です。何とかぐっすり眠るための工夫が必要です。

 そのためには、クーラーで快適な室温にすることでしょう。しかし、一晩中クーラーをつけていると、体が芯まで冷え切ってしまい、かぜをひいたり頭痛に見舞われたりすることがしばしば。かぜをひかないまでも、体は体温を保つためにフル回転を続け、結果的に疲れの度合いを大きくしてしまいます。これでは元も子もありません。もしクーラーを使うのなら、寝る前に部屋を冷やしておいて寝るときに電源を切るか、設定温度を28度程度と高めにしてタイマーをかけ、冷やしすぎないように注意することが大切です。

 クーラーばかりに頼らないで、快適な睡眠をとる方法も工夫したいものです。
 まず考えられるのは、扇風機の利用。一時的に窓を開けて、扇風機で室内の暑い空気を外に出します。窓を閉めた後も、扇風機で室内の空気を動かすと、多少は涼しく感じられます。このとき、扇風機の風が体に直接当たらないように注意します。

 部屋の温度調節や涼風だけでなく、ねまきや寝具に吸水性や通気性のよいものを選ぶことも大切です。とくにおすすめなのが麻の一種であるリネン。その吸水性はコットンの4倍、通気性も抜群で速乾性にすぐれているため、ひんやり・さらっとした肌触りがさわやかで、夏のパジャマやシーツにぴったりの素材です。値段はコットンに比べ高めですが、手作りに挑戦するのもよいでしょう。リネンのシーツなら端を縫うだけだから簡単です。その他、リネンだけでなく、ガーゼやワッフル素材も涼しく感じられておすすめです。

 また、ひんやりとした感覚の「竹シーツ」や「寝ゴザ」などがあります。これらは、体と布団の密着する面積を減らして、体感温度を下げる効果があるため静かなブームを呼んでいます。
 さらに、ベッドパッドや枕にも、冷たさを感じられる素材のものが次々と開発されているので、寝具売り場などで手に取って確かめてみるのもいいですね。
 また、水まくらや氷まくらをしたり、保冷剤などをタオルで包んで首すじやわきの下を冷やすのも一つの方法です。

眠りを誘うリラックスタイムを

 「神経は疲れていても、体が疲れていないと眠れない」といわれます。じっとしているだけでも汗が出てくるのに、運動なんてする気になれないかもしれませんが、暑い夏でも、適度の運動は必要です。朝か夕方の比較的気温の低い時間帯を選んで、体を動かしましょう。ちょっと早めに歩く程度の軽い運動でかまいません。心地よい汗をかくくらいでよいのです。

 体が適度に疲れたら、ゆったりと入浴をして、心身ともにリラックスしましょう。夏はシャワーだけという人が少なくないようですが、リラックスするためには、ぬるめのお風呂にゆっくり入ることをおすすめします。

 心身をリラックスさせ心地よい眠りを誘うのに効果的な方法として最近流行しているのがヨガです。ヨガの深い呼吸に合わせたゆっくりとした動きが、心拍数を整え、血圧を落ちつかせる効果があるようです。

 また、香りの鎮静効果としてアロマテラピーを利用するのもよい方法です。心地よい眠りを誘うラベンダー、緊張や不安を鎮めるローマンカモミールなどは心身をリラックスさせる働きがあります。自分に合った香りを見つけ、試してみてください。ただし、妊娠中の方は香りに敏感になっているため、注意が必要ですね。

 暑さに負けないように、睡眠をとる工夫をしてしっかり夏を乗り切ってください。

【監修】
坂本 憲枝先生


消費生活アドバイザー
1970年日本女子大学卒業。主婦業18年を経て91年から消費生活アドバイザーとして活動。社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会に所属。省エネ、環境問題など消費者教育にかかわっている。医療グループあすか代表。よりよい医療に出会うため、患者の視点から必要な医療情報をわかりやすく伝えるためのQ&A冊子を作成中。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

便秘なしの腸美人がやっている6つの習慣-食事・運動・休養

うさぎのフンのようなコロコロとした便が出たり、おなかが張って苦しい便秘。多くの人が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
実は、便秘には明確な定義がありません。一般的には、数日に1回程度しか排便がないときに便秘ということが多い... 続きを読む

冷たいものの摂りすぎはデブのもと? 夏太りを予防する方法とは

8月ももうすぐ終わりですが、涼しくなるのはまだ大分先になりそうです。厳しい暑さが続いていますが、食欲が落ちて「夏やせ」してしまったという人は、そう多くないのではないでしょうか?
夏というと「夏バテ」から「夏やせ」を連想したり、汗をかく... 続きを読む

睡眠不足は仕事に悪影響-働く世代の快眠10か条

ある調査による日本人の平均睡眠時間は7時間22分。これは、世界的にみても短い時間です。アメリカの実験によると、6時間睡眠を2週間続けた場合、作業能率は一晩徹夜したのと同じくらい低下することが明らかになっています。
また、1日の睡眠時間... 続きを読む

夏が終わっても熱中症対策は続けたほうがいい理由とは?

熱中症は、高い気温と湿度によって引き起こされ、頭痛や吐き気、めまい等、ひどくなると意識障害になり死に至る場合もあります。
気温が高くなると、体内の熱を放出するのが困難になります。さらに湿度が高いと汗をかいても蒸発しないため、脳にある体... 続きを読む

女性は夏も冷えを感じている-体を冷えから守る3つのポイント

もうすぐ本格的な夏がやってきますが、暑さ対策と同じく大切なのが夏冷え対策です。冷房の効いた部屋で過ごしていると、体が冷えきり外に出てもなかなか温まってくれないといった経験は、特に女性に多いはずです。
女性は男性と比べると筋肉量が少ない... 続きを読む

ボディメンテナンス・ダイエット7 効果大のあいばウオークとは

ボディメンテナンス・ダイエットは、手軽にできて元気な体をつくるダイエット方法です(「ボディメンテナンス・ダイエット
1」)。今回はダイエット効果が高いウオーキングエクササイズ「あいばウオーク」を紹介します。
2kgのダンベルを20cmの... 続きを読む

夏バテの原因や症状-対処法や食事で気をつけることは?

うっとうしい梅雨が明けて太陽ギラギラの夏本番ですが、相変わらず湿度は高いのが日本の夏。人間の体は暑いと汗を出し、汗が蒸発するときの気化熱で体温が下がるのですが、湿度が高いと汗が蒸発しないため体温が下がりにくく、体には大きな負担となります。... 続きを読む

梅雨から夏は肌の雑菌が増えやすい? 真夏のスキンケアのコツ

こんにちは。今年はなかなか暑くなりませんが、そろそろ梅雨時。これからぐっと蒸し暑くなっていくことでしょう。
こんな季節、肌がむずがゆかったり、いやに毛穴が開いたり、ニキビができたりしませんか?
実は、湿気と温かい空気は、雑菌の大好物。... 続きを読む

夏こそ湯船に浸かったほうが良い理由-美肌をつくるおすすめ入浴法

蒸し暑い夏は、肌がベタベタして、家に帰ったら一刻も早く汗を流したいですね。ところであなたは、「夏はシャワーですませる」派?
それとも、「夏でもしっかり湯船に入る」派ですか?
夏はシャワー派が多いと思われるかもしれませんが、意外に湯船に入る... 続きを読む

ダイエット停滞期脱出方法をチェック!

せめて夏向けのかわいい服だけは買うつもり。 YES NO ... 続きを読む