自宅でできるヘッドマッサージのやり方-頭のツボをイラストで解説

パートナーにやってあげて喜ばれるヘッドマッサージ 1

肩こりや頭痛の軽減・予防に、緊張した日のリラックスに、短い時間で効果が高いヘッドマッサージがおすすめ

短い時間でも気分転換できるヘッドマッサージ

 このシリーズでは、6回目から「パートナーにやってあげて喜ばれるマッサージ」を紹介しています。このところ、東日本大震災の影響でちょっと緊張が強いという方が多く見られます。こういうときこそ、ぜひパートナーの体を触ってあげてほしいと思います。手のひらは非常に力を持っていて、手で触ってもらうとリラックスできるのです。それが信頼している相手なら、ゆっくり背中をさすってもらうだけでも、緊張が解けて体が楽になります。大切な人をリラックスさせるためにも、ぜひマッサージを試してみてください。

 さて今回の「パートナーにやってあげて喜ばれるマッサージ」は “手”、“脚”に続いて、 “頭”です。美容院でシャンプーされるのが好きな女性は多いと思います。美容師さんにシャンプーされると、気分が爽快になり、リフレッシュ効果がありますね。このシャンプーをするような手の動きは、後述するように、あん摩では掻手(かきで)という施術方法なのです。
 ヘッドマッサージは短い施術時間でも気分転換でき、とても効果的なマッサージです。仕事中でもちょっとマッサージするだけで、頭がすっきりして目の疲れもとれ、作業効率が上がりますよ。

 仕事の疲れや肩こりがたまりにたまると、頭まで重く感じることがあります。後頭部(首のつけ根の部分)には僧帽筋や肩甲挙筋、脊柱起立筋、頭半棘筋・頭板状筋など頭を支える筋肉が付いています。そのため肩こりがひどくなると、頭が重く感じたり、頭を締め付られるように感じたり、首の横の筋肉が張ってこわばったりします。
 そんなときも、肩だけでなく、後頭部から側頭部(耳の後ろの側頭筋)のマッサージを同時に行うと、さらに効果的です。さあ、やってみましょう!

うつ伏せで:まずは筋肉を緩ませる

 マッサージをするときは、いきなりつらい部分をもんだり押したりするよりも、周辺部分をまずほぐしてあげると、リラックスできて効果が高まります。ヘッドマッサージでも、後頭部から肩、背中にかけて手でこすり、筋肉を緩めることから始めましょう。まず、ベッドや布団の上にうつ伏せになってもらいます。

 (1)後頭部→首のつけ根→肩→上腕の順でこすっていきます。この手の摩擦によって血行がよくなり、さらにパートナーの体から力が抜けて筋肉が緩み、マッサージされやすい体になります。

(2)次に手のひらで肩甲骨と背骨の間にある菱形筋を手で垂直に押圧します、やせている人や女性の場合はこの部分の面積が狭いので、手のひらを合わせて小指側の手の側面を使って押すと押しやすいです。

(3)後頭部→首のつけ根→肩→上腕の順に、手で握るようにしていきます。このとき、筋肉をもまないでください。首から肩にかけての筋肉を素人がもむと、もみ返しが出ることがあります。後頭部の握り方は、首の上のほうから耳の横あたりにかけて、両手でボールを挟むように押さえます。

うつ伏せで:指の腹や手のひらの根元を使って頭をもんでいく

 パートナーの筋肉が緩んでリラックスできたところで、頭をもんでいきましょう。ここから、パートナーの頭頂部に向かい合うように立って(座って)行います。

(1)下図の線をたどり、指の腹を使って螺旋(らせん)を描くように、頭のつけ根から頭頂部に向かって指で押しながらもんでいきます。頭の筋肉は薄く張っていますが、すぐ下に頭がい骨がありますので、少し強めに押してももみ返しがきにくいのです。
 頭の根元(後頭部生え際)には、首こり・肩こりに効くツボが密集して並んでいます(「自分でできる簡単ツボマッサージ 2」参照)。ここに指の腹を引っかけるように力を入れると、ツボ押し効果で首筋のコリもほぐれます。



(2)側頭筋(耳に手のひらを当て耳をふさぐポーズをしたとき指が当たるところにある筋肉)をもむときは、ボールを胸の前で抱えるようにして手のひらの根元の部分(手根部)で力を入れるようにしてもむと気持ちがよいです。

(3)うつ伏せでの最後の仕上げに掻手(かきで)という施術の方法をお教えしましょう、頭皮に傷をつけないようにタオルを頭の上にかぶせ、指の腹や指の頭に力を入れて、シャンプーをするように頭全体を掻(か)いていく手技です。これは、施術者は少々疲れますが、誰がやってもとても気持ちがよいマッサージです。

仰向けで:前頭部と頭頂部のツボを押せば頭がすっきり

 今度は仰向けになってもらい、頭のツボを押していきましょう。

 うつ伏せでは押しにくかった前頭部を真ん中から外側に向かって押していきます。髪の生え際に並ぶツボ<1:神庭(しんてい)、2:曲差(きょくさ)、3:頭維(ずい)>を順に押します。目の疲れや頭痛に効きます。

 次に四神聡を押します。頭の頂点にある青●が百会(ひゃくえ)のツボ、その前後左右指二本分外側にある赤●が四神聡です。ここを押すと頭がすっきりします。また、お灸をすれば集中力が持続すると好評です。

 最後にストレッチをしてマッサージを終えます。首の横にある胸鎖乳突筋のストレッチをしたら、最後に手首をつかんで腕の筋肉を伸ばし、血流を促進させます。


(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
佐藤 明子先生


心愛治療院院長
宮城学院女子大学 日本文学科卒業後、後藤学園 神奈川衛生学園専門学校東洋医療総合学科卒業。2004年、乳がん、子宮がん、大腸がん、甲状腺がんなどのがん術後のむくみ(リンパ浮腫)とがん治療後の体のこりや張りの専門治療院を青山に開業。鍼・灸・あん摩・マッサージ・指圧師(厚生労働省認定)。MLAJ日本医療リンパドレナージ協会認定 医療徒手リンパドレナージセラピスト 上級臨床コース修了。
心愛治療院ホームページ  http://sinnai.net/eigyou_annai.html

自宅でできるヘッドマッサージのやり方-頭のツボをイラストで解説 関連コラム

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

自宅でできるヘッドマッサージのやり方-頭のツボをイラストで解説

ヘッドマッサージは、短い施術時間でも気分転換になり、頭がすっきりして目の疲れもとれる、とても効果的なマッサージです。前回は、ベッドや布団に横になってもらって行うやり方を紹介しました(『自分でできる簡単ツボマッサージ
11』)。ちょっとマッ... 続きを読む

急増してる!? 左の後頭部に起こる頭痛の原因とは

慢性頭痛に悩む人の人数は?
日常的に頭痛が繰り返されることを、慢性頭痛と言います。


何らかの原因で、頭部血管の拡張、筋肉の緊張、神経の圧迫、炎症や出血があったりすると頭痛が起こってきます。
頭が痛い 考えられる主な病気 - ... 続きを読む

男の加齢臭は30代から始まる!? 後頭部が臭いだしたら対策を

「加齢臭」などという言葉が一般的になりましたが、臭いが気になるのはおじさんだけじゃありません。夏が近づくにつれ、30~40代の働き盛り男性の臭いも気になってくるようです。 「そういえば最近、彼の後頭部がちょっと臭うかも」と心当たる人は... 続きを読む

パートナーに言いたいけど言えないことランキング

あなたの両親、苦手なんだけど もっと節約してほしいんだけど たまには一人の時間がほしいんだけど 部屋をもう少し片付けてほしいんだけど ... 続きを読む

あご筋マッサージ(1)側頭筋をほぐすマッサージ

(1)側頭部を手のひら全体で包み込みます。 (2)奥歯をグッと噛みしめます。そのとき、盛り上がったり、動いたりするところが側頭筋です。 (3)側頭筋の上を、指を少しずつずらしながら押していき、... 続きを読む

背中のツボとマッサージのやり方 一番疲れが出る腰をリフレッシュ

自分では触れない、触れても押せない場所が腰背部です。座りっぱなしや立ちっぱなし、あるいは緊張した1日を過ごしたあとで、背中や腰が痛くなったり、張って重だるくなったりすることがありますね。そんな1日の終わりに、腰背部のマッサージはリラックス... 続きを読む

「いかり肩」と「なで肩」の肩こりは種類が違う!それぞれの解消法

「仕事の合間に簡単ストレッチ」2回目の今回は、1回目に続いて肩こり・首こり解消のためのストレッチを紹介します。
肩や首のこりは、首から肩周りの筋肉に過剰に負担がかかる人によくみられる症状です。特に長時間パソコンを使用する人は、キーボード... 続きを読む

腰から脚までのツボ押しマッサージ-喜ばれるマッサージ方法

多くの人がマッサージをしてほしいと思っている場所が腰背部です。前回の「パートナーにやってあげて喜ばれる腰背部のマッサージ
1」では、うつ伏せで背中から腰までを中心に上半身全体をマッサージしてきました。今回は続いて、腰から下を中心にほぐして... 続きを読む

スカルボールをぐりぐりするだけダイエット

スカルボール
スカルボールダイエットは、整体師の先生が開発した、とげとげ付きの柔らかいボールを、顔や体の気になる部分に、ぐりぐりと押し付けるだけで、体のツボや皮膚を気持ちよく刺激してくれるので、血流が良くなったり、むくみをとってくれるの... 続きを読む

力がなくても大丈夫-自宅でできる足裏のツボとマッサージ方法

前々回、前回の2回にわたって、太ももから足首にかけて脚全体のマッサージを紹介してきました。今回は足裏のマッサージです。
足の裏をマッサージしてもらって、スッキリした経験はありませんか? 足裏には「反射区」といって、体のあらゆる部分(器... 続きを読む