デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

生理用ナプキン、重ねばきや洗いすぎなどもかゆみの原因に

かゆみが強いときや長引くときはカンジダ腟炎や性感染症、がんなど病気の疑いも。治療は原因を見極めて

生命にはかかわらなくてもひどく悩まされるデリケートゾーンのかゆみ

 婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
 多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常がないのに強いかゆみや長引くかゆみで苦しんでいる方もいます。

 デリケートゾーンのかゆみは家族や友人にも相談しづらいため、がまんして長引いたり悪化して初めて病院・医院に足を運ぶ人が少なくありません。自分で何とかしようと、市販の塗り薬を利用している方も多いようです。

かゆみの原因はさまざまだが、受診すれば早く治るものも多い

 かゆみの原因が細菌やウィルス、真菌(かび)などである場合は、婦人科で相談していただくと比較的スムースに治療できます。

 疲労や糖尿病、抗がん剤治療などで抵抗力が落ちているときには、病原菌に負けて炎症が起こり、痛みやかゆみが出ます。下痢や便秘が続いているときにも、陰部の病原菌の量が増えて炎症が起こり、同様の症状が出ます。
 大変まれですが、外陰部にもがんができることがあって、なかなか治らない強いかゆみが続くことがあります。

 かゆみが強い、悪化する、一時的に塗り薬で症状が治まっても繰りかえすといった場合は、早めに婦人科で診察を受けることが必要です。

案外多い日常生活に原因があるかゆみ

 冬場になると乾燥によって陰部だけでなく皮膚のさまざまなところにかゆみが出ることがあります。さらに、毎日のように熱いお風呂に入ったり、石けんを使って念入りに洗う、トイレの洗浄機を頻繁に使うといったことも、かゆみの原因になります。

 人間の皮膚には皮脂といって、皮膚を保護してくれるバリアがあります。体を洗いすぎたり、石けんなどの界面活性剤を使用すると、皮脂が奪われて皮膚の守りが弱くなり、かゆみが出やすくなります。
 陰部は非常に傷つきやすいので、洗うときも強くこするのは禁物です。やさしくなでるように洗うといいでしょう。特に閉経後の方では、皮膚も薄く敏感になっているので注意が必要です。

 また、寒さ対策の重ねばきや通気性の悪い下着、ガードルやジーンズなどしめつけるような衣類も、蒸れや刺激からかゆみを起こすことがあります。
 このように、かゆみの原因が日常生活に潜んでいることは案外多いので、状態をしっかり見極めて粘り強く対処していくことが大切です。

生理用ナプキンや尿もれパッドは使用目的に合わせて

 月経(生理)用ナプキンやおりものシート、尿もれパッドなども、かゆみを起こす原因になります。特に、尿もれ対策に生理用のナプキンを使用したりするとかぶれやすくなります。生理用は血液を吸収するように作られているので尿は十分には吸収されず、皮膚が尿にひたされた状態になり、刺激されてかゆみが出ます。

 また、高機能のナプキンは汚れが目立ちませんが、長時間取り替えずにいることでかゆみが出ている場合もありますから、こまめに取り替えることが大切です。
 最近は肌触りの良い布製のナプキンを使う人も増えていて、素材や防水機能、持ち運びなどにさまざまな工夫のある製品が販売され、選択肢が広がっています。

治療はまず原因の見極めが大事

 がまんできないほどの強いかゆみにおりものの異常を伴う場合は、カンジダ腟炎や、トリコモナス腟炎などの性感染症の可能性があります。

 カンジダ腟炎を起こすカンジダ菌は誰もが体にもっているありふれた真菌(かび)の1種で、乳酸菌のような腟を守る善玉菌などとよいバランスで存在している分には何の問題もありません。しかし、過労や病気、抗生物質の使用などで腟内の菌のバランスが崩れると、カンジダ菌が増えて炎症を起こします。

 ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)には炎症を鎮める強い効果がありますが、カンジダなどの真菌が原因のときに単独で使用すると、症状が悪化する場合があるので注意が必要です。
 カンジダ性の腟炎や外陰炎が繰り返し起きる場合、病院・医院で治療歴のある方に限って薬局で購入できる専用の市販薬もありますから、薬剤師さんに相談するとよいでしょう。性交渉がきっかけで発症している場合は、パートナーと一緒に治療することが必要です。

 診察しても特に異常がないのにかゆみが続く場合、抗アレルギー剤や漢方薬が有効なことがあるので担当医に相談しましょう。腟の乾燥によるかゆみには、保湿効果のある専用のゼリー剤(メノケアモイストゼリーなど)が市販され、入浴後に使用することで症状が改善されます。

【関連コラム】「蒸れる季節のデリケートゾーンの悩み解決法」「誰にでも起こりうるカンジダ腟炎」

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
福本 由美子先生


済生会奈良病院・松原徳洲会病院婦人科医
1986年奈良県立医科大学卒業。同大附属病院、東大阪市立総合病院、湘南鎌倉総合病院、松原徳洲会病院の産婦人科勤務を経て、大阪中央病院泌尿器科・ウロギネセンターで産婦人科医としての経験を生かし、女性泌尿器科診療に携わった。現在は済生会奈良病院・松原徳洲会病院で婦人科医として診療を行う。医学博士。日本産科婦人科学会認定専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本性科学会認定セックス・セラピストなど。共著に『女性泌尿器科外来へ行こう』(法研)、『30歳からのわがまま出産』(二見書房)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

デリケートゾーンのにおいは洗って解決!正しいケアで女性ホルモンの分泌もアップ♡

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。デリケートゾーンのにおいやかゆみが気になったことはありませんか?今回は、なかなか人には聞けないデリケートゾーンのケアについてこっそりお伝えします。 美しい人は見... 続きを読む

女性のデリケートゾーンのかぶれやかゆみ解決法-蒸し暑い季節は要注意

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

冬場に増える低温やけど-痛みを感じなくても重症の場合がある

暖房器具が欠かせない季節、気をつけたいのが「低温やけど」です。使い捨てカイロやこたつ、電気あんか、湯たんぽ、ホットカーペットなど、ふだん危険を感じることなく使っているものが原因になります。
「温かくて快適」と感じる温度でも、長時間、体... 続きを読む

若年性アルツハイマーってどんな病気-遺伝によって発病、症状は?

「もの忘れが多くなってさあ・・・」
「それって若年性アルツハイマー病じゃないの?」
最近、若い人の間でこんな会話が交わされるようになりました。しかし、話題になるわりには、その実態はよく知られていません。
10代~30代の若い人で不... 続きを読む

腟の入り口の痛みやかゆみ、腫れの原因は?どの病院にいけばいい?

腟や尿道口(おしっこの出口)の周辺、つまり外陰部にできものがある、イボ(ブツブツ)がある、という理由で外来に来る人がいます。しかし困ったことに、自分の外陰部を見たことがないという人も珍しくないのです。
外陰部は他人と比べることは少ない... 続きを読む

界面活性剤って本当に悪者?4種類ある成分の特徴とは

“「界面活性剤」って一体何のためにあるの?そしてどんな種類があってどんな役割をしているんだう…?”そんな小さな疑問を感じているあなたへ、今回はちょっぴりマニアックな豆知識をご紹介したいと思います!【美肌豆知識】界面活性剤には4種類あった... 続きを読む

過活動膀胱ってどんな病気? 主な3つの症状と治療法

「過活動膀胱」という病気を知っていますか?
OAB(Overactive Bladderの略)ともいい、2002年に国際尿禁制学会(排尿機能などに関する国際学会)で定義が大幅に変更されたいわば新しい病名です。主な症状は、我慢できないほど強... 続きを読む

女性に多い膀胱炎-再発しやすいのは何故? 注意したい9つの習慣

膀胱(ぼうこう)炎は女性にたいへん多い病気で、特に10代後半から20~30代の女性によくみられます。再発をくり返す人も多く、「自分は膀胱炎になりやすい体質では」と悩んでいる方もいるかもしれません。
膀胱炎にはいくつかのタイプがありますが... 続きを読む

生理の量が多い-昼でも夜用を使うようなら子宮筋腫の疑いが

成人女性に多く見られる病気に子宮筋腫があります。早くから見つけておけばたいしたことのない病気ですが、大きくなってから、困った症状が出てからの治療では、ひどい目に遭うことがありますから、早めに見つけておくほうが有利です。
治療の必要な子... 続きを読む