子どもの風邪やぜんそくに効くツボマッサージ 長引く咳にも効果あり

胸の緊張をほぐし、せきをしずめる胸のツボ

風邪をひいたらまず風邪のツボセット。せきが出て苦しいときは、胸の緊張をほぐすように胸のツボを軽く刺激

なかなかせきが止まらないときにも、ツボマッサージがおすすめ

 せきが止まらないときは大人でもとても苦しいものです。とくに子どもの場合は見ているだけでもつらくなります。
 せきの原因は風邪や喘息、気管支炎、アレルギーなどさまざまですので、まずは医療機関を受診して適切な処置を受けてください。

 それでもなかなかせきが止まらなかったり、寝入りばなにせきが続いて寝つけないときは、パパやママが優しくツボマッサージをしてあげてください。
 大好きなパパやママが触れることで体の力が抜け、心も落ち着きます、横になるとせきがひどくなるようなときは、子どもを抱いて上体を起こした状態で行いましょう。

乳幼児の場合、ツボは点でなくエリアととらえる

 風邪をひきやすい子どもには、前回の「小児の虚弱体質」で紹介したツボ療法を普段から行うとよいでしょう(「簡単ツボマッサージ28 小児の虚弱体質」)。

 そして風邪をひいたときは「簡単ツボマッサージ21 冷え性・風邪」でも紹介した「風邪に効くツボセット」の場所を押しもみしてみてください。

 乳幼児の場合、ツボは点でなくエリアととらえ、少し指に力を入れてさするようにするとよいでしょう。子どもの様子を見ながら「嫌がらない」「気持ちよさそう」な反応を確かめつつ行いましょう。

せきが出るときは、胸の緊張をほぐすようにツボを刺激

 風邪や喘息でせきが出て苦しいときは、胸の緊張をほぐすことが大切です。胸を開くように軽くさすったり、「ここをトントンするとせきが治るよ」などと声をかけながら、次のツボを刺激してみてください。

 天突はのどの緊張を取りせきをしずめるツボです。ここをのどに向かって押したら苦しいので、胸骨に指をひっかけるようにして、足のほうに向かって軽く押して刺激します。

 中府は腕のつけ根と肋骨の間にあるツボで、せきをしずめ息苦しさを和らげます。せきが出るときは胸を開くようにすると楽になります。手根(手のひらの手首に近いところ)で中府を軽く指圧すると胸が開き、またツボを広くとらえることができてよいでしょう。

 檀中(だんちゅう)はせきが止まらないときに効くツボで、心の疲れを癒し胸の緊張をほぐします。トントンと軽く刺激してもよいですし、指の腹や手のひらで軽くさすると胸の力が抜け、緊張がほぐれます。

症状の原因がさまざまかつ複合的なときの症状改善にツボ療法を

 ツボ療法は、薬を使うほどでもない「未病」(まだ病気とまでは言えないが不快な症状がある状態)や、薬を使って治療してもなかなか症状が引かないときなどの、あと一押しの状況改善に効果を発揮します。

 病気や症状の原因が「体質」「ウイルス感染」「体力の低下」「ストレス」「気温」「湿度」「加齢」「体の未熟」「太りすぎ」「やせすぎ」「働きすぎ」などさまざまかつ複合的であるとき、すぐに原因を取り除くことができないときなど、症状改善に副作用のないツボ療法をぜひお試しください。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
佐藤 明子先生


心愛治療院 院長
宮城学院女子大学卒業。鍼灸按摩マッサージ指圧師、リンパ浮腫療法士(5学会認定)。2002年よりがん術後リンパ浮腫治療、がん術後の身体のコリ違和感の専門治療を行う。東京・南青山『心愛治療院

子どもの風邪やぜんそくに効くツボマッサージ 長引く咳にも効果あり 関連コラム

その他のフィットネス&リラックスコラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

子どもの虚弱体質を改善するツボマッサージ 優しくなでて刺激する

ツボ療法は、大人だけでなくお子さんにもよく効きます。ツボマッサージが得意とするのは、病気まではいかないけれど何か不調のある「未病」と呼ばれる状態。病気ではないのにすぐに疲れたり体調を崩しやすい「虚弱体質」も、未病といえるでしょう。
子... 続きを読む

痩せるツボマッサージのやり方-食欲を抑えるツボやむくみに効くツボ

太り過ぎに効くツボ(やせるツボ)は数多くあります。しかし、そもそも太る原因は「消費エネルギーより摂取エネルギーが多すぎる」ことですから、まずは食べ過ぎを抑えて運動するのが基本。ツボが効くからといって、食べてゴロゴロしていては効果も半減して... 続きを読む

働くママ(パパ)が育休中にもらえるお金 育児休業給付金

育児休業給付金とは?
赤ちゃんが1歳を迎えるまで、法律によって働くパパやママは育児休業を取得できることが定められています。そして育児休業中は、働くパパやママが加入している雇用保険から育児休業給付金が支払われます。通常は1歳を迎えるまでで... 続きを読む

小鼻の横のツボ【天迎香】を押すと花粉症やアレルギーが治る?

花粉症だけでなく難病まで改善するツボ 萩原カイロプラクティック院長の萩原秀紀先生が偶然見つけたツボ「天迎香(てんげいこう)」。花粉症などのアレルギー症状に効き、さらに難病まで改善するなど、その効果は発見した萩原先生も驚くほどだそう。 ... 続きを読む

わたしは入れる?喘息の場合

喘息はなぜ保険に入りにくいの?
喘息で保険への加入を断られてしまうケースがあります。喘息で通院していると、保険加入時の告知書の「最近3カ月以内に医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか」の項目に該当するからです。また喘息は慢性化... 続きを読む

育児休業法改正「パパ・ママ育児休業プラス」

育児休業の実態と国の取り組み
昨今、マタハラと言うフレーズがマスコミによって社会問題として取り上げられました。職場で産休や育児休業を取ることは当然の権利の履行行為であるはずなのですが、未だにこのような問題が根強く残っていることは残念なこ... 続きを読む

疲れやだるさに効くツボマッサージ-全身のツボが分かるイラスト

皆さんは「未病(みびょう)」という言葉をご存じですか?
健康診断、検査などで異常はないけれど、体の疲れやだるさ、胃腸の不調、手足の冷え、不眠などなんらかの体調不良を感じている状態、まだ病気ではないが放置するといずれ病気として治療が必要にな... 続きを読む

気になる角質にお試しあれ!角質ケアには拭き取り化粧水が効く

「なんとなく肌がくすんで見える」という人は、もしかしたら角質がたまっているかもしれません。そんな時には、拭き取り化粧水を使って角質ケアを行うとよいでしょう。拭き取り化粧水はたくさん種類がありますから、自分の肌に合ったものを選びます。気に... 続きを読む

きれいになるツボ・やせるツボ

「やせられるツボなんてあったらいいんだけどな」と思っているベイビーたち。実はダイエットに効果的なツボはあるんだよ。止まらない食欲やダイエット中のイライラを抑えてくれたり、新陳代謝をよくしたり、便秘を解... 続きを読む

簡単解消!ツボ押しで目元のシワをケアしよう

目元のシワを簡単に解消するにはどんな手段があるでしょうか?セルフで出来る、いつでも出来るものが理想的ですが、そのようなツボ押しはあるでしょうか?実際、目元周辺にはたくさんのツボがありますから、目の周りをぐるりと一周、プッシュしながら回っ... 続きを読む