そのダイエット大丈夫?健康的にやせるためのポイント

過剰なダイエットはやせないどころか、命を落とす危険性も!

ダイエットを過剰に続けていると、健康に悪影響を及ぼします。
正しくやせる方法を知りましょう。

摂食障害や美容面にも悪影響が!

 もっとやせたい・・・日頃から、そのように思っている人も多いことでしょう。しかし、過剰なダイエットは実は、百害あって一利なし。それを知らずに続けたために、健康に弊害が出るケースが見られます。

 ダイエットというと、「食べる量を減らす」方法をとる人がほとんど。しかし、人間の体は栄養を適量摂取することで正常に機能するようにできています。そのため、外から入る栄養を減らすと、健康に良くない影響が出るのです。

 まず、体重が大幅に減少する“激やせ”のケースでは、生理が止まるなどの症状が現われます。そして、拒食症など摂食障害を起こして、食べ物を体がうけつけなくなり、最悪の場合、死に至ることもあります。また逆に、過食症になって、体重が過剰にリバウンドする人も見られます。摂食障害は、精神面でのダメージが大きく、回復するまでに長く時間がかかるのです。

 それだけではありません。ダイエットのしすぎは、全身の機能にも悪影響を及ぼします。筋肉がやせて代謝が落ち、以前よりやせにくい体質になることもあります。筋肉が落ちると、外見的にも「やせた」というより「やつれた」印象になります。また、骨も栄養不足でスカスカに密度が下がってしまうため、骨粗鬆症の危険性も出てきます。その他、肌荒れ、シワが増える、髪の毛が抜ける、疲れやすくなり貧血を起こすなど、美容や体調面にさまざまな弊害がでてきます。

はやりのダイエット法の危険

 過剰なダイエットは美容と健康の大敵! ところがちまたで広まっているダイエット法のなかには、体にリスクのあるものもあります。そのうちのいくつかを検証してみましょう。

 まず、同じ食品ばかりを食べるダイエット。
 りんご、ゆで卵、パイナップルなど、手軽で安価な一品目を食べ続ける、というものです。この場合、体重は減少しても、栄養が偏り、口内炎、筋力低下、ビタミン欠乏性多発性末しょう神経障害、知覚異常などを起こします。

 アメリカでは液体プロテインによるダイエットで、栄養不足からくる心臓発作を起こし、わかっているだけで60名以上の人が死亡しました。一品目のみを摂り続けるダイエットは、危険度が高いのです。

 さらに、サウナなどで汗を流すダイエット。これは、発汗により水分が減っただけなので、水を飲むとすぐ元に戻ってしまいます。脂肪が減少したわけではないので、ダイエット効果はほとんどないといっていいでしょう。

 また、「やせるお茶」や利尿剤による方法も、脂肪減少とは関係ありません。「脂肪を溶かすお茶」といったものは、現実には存在しないのです。

ダイエットとは健康的に体脂肪を減らすこと

 それでは、健康的にやせるためには、どうすればいいのでしょうか。

 まず、自分の体脂肪がどの程度あるかを知ることが大切です。体脂肪計で、体内の体脂肪率を測ってみます。女性の標準的な体脂肪率は「20~25%」男性の場合は「15~18%」。女性では30%、男性では20%を越えると、「肥満」になります。

 また、正しいダイエット法を知ることも不可欠です。正しいダイエットとは、栄養のバランスをとりながら、筋肉を落とすことなく、余分な体脂肪だけを減らすこと。ただし、食事制限で体重を減らしても、筋肉や骨などが一緒に減ってしまうため、基礎代謝が下がってしまいます。その結果、元の食事に戻したとき、体重がダイエット前より増えてしまうのです。体脂肪を減らすには、栄養バランスがとれた食生活を心がけ、なおかつ適度な運動によって、脂肪を燃焼させることが大切です。そのためには、有酸素運動が効果的です。

 有酸素運動とは、酸素を取り入れつつ行う運動。酸素を取り入れることによって、皮下脂肪や内臓脂肪をエネルギーとして消費します。具体的にはウォーキング、ジョギング、サイクリング、ゆっくり泳ぐスイミングやエアロビクスなど。筋肉トレーニングやハードなスイミングなどは無酸素運動となり、ダイエット効果は期待できません。「運動するような時間がない」という人は、日常生活の中で工夫してみるといいでしょう。これまでバスに乗っていた区間を歩く、乗り物の中では座らずに立つ、エレベーターは利用せず、階段を使う、など、工夫次第で運動の機会はつくれます。

 極端に食事制限をしなくても、生活習慣を変えるだけで、健康的にダイエットを行えます。あなたも、イメージする理想のプロポーションのために生活習慣を改善し、「健康美人」をめざしてみませんか。

【監修】
松峯寿美氏


東峯婦人クリニック院長・医学博士
東京女子医大卒。 専門は婦人科一般、不妊症治療など。 日本産婦人科学会専門医、思春期学会理事、 東京女子医大非常勤講師など兼任。 『マタニティホワイトブック』(朝日出版社) 『女性の医学BOOK』(永岡書店)など著書多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

釈由美子や遠野なぎこが患った「摂食障害」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

摂食障害は心の病気と言われていて、死に至る可能性があるとても怖い病気です。過剰なダイエットを引き金に摂食障害に罹るイメージが強いですが、もともと心に葛藤や苦しみがあり、それが食行動として表面化した病でもあります。 目次 1.摂食障害と... 続きを読む

痩せすぎで罰金! 仏モデル界にみる摂食障害対策|拒食症・過食症とは

フランス下院が先日可決した法案は、驚きの内容でした。BMI値が極端に低いやせすぎのファッションモデルの活動を禁止したのです。また、やせすぎモデルを雇用した業者にも最大で7万5000ユーロ(約980万円)の罰金、最大6カ月の禁固刑を科す... 続きを読む

体質改善にもなる「スイミングダイエット」

スイミング
スイミングダイエットは、泳ぐことでカロリーを消費して痩せるというダイエット方法です。
スイミングは実はとてもカロリーを消費するスポーツで、同じ人が30分をーキングをした場合と30分泳いだ場合では、泳いだ方が約3倍もカロリー... 続きを読む

健康と美容にはプロテインが必須 ダイエットにメンタルケアに有効

プロテインは女性の心とからだの健康や美容にも必要不可欠。 現代人、特に女性の食生活は、プロテインが不足ぎみ。プロテインの必要性と、その効率的なとり方をご紹介します。 今の食事はプロテインが不足ぎみ! プロテインというと、筋肉質な男性... 続きを読む

一品勝負!盛りつけ簡単ワンボックス弁当

「お弁当って、何品もおかずを作らなきゃいけないのが大変」という人にピッタリ。お弁当箱に詰めるテクニックもいらない、簡単カフェ風弁当です。 鮭トマ卵とじ丼弁当 彩りバツグン! 見た目も... 続きを読む

やせる三要素:一日30品目食べてやせる

たとえば、なべ物ならば一度に多くの品目を食べられる
脂質や糖質をいっさい口にしなければ、やせることができるはず。──あなたはそんな思い込みをしていませんか?
体脂肪を減らすためには、摂取するエネルギーを1日に必要... 続きを読む

猫背を治すためのエクササイズ-猫背の原因は体のゆがみのせい?

「いつも猫背ぎみじゃない?」そんなふうに人から指摘されたり、鏡に映る自分の背中が丸くなっているのを見てショックを受けたことはありませんか?
猫背は体のゆがみが原因でおこります。体のゆがみは、ほとんどの中高年以降の人に見られるもの。それ... 続きを読む

流行のウェアを先取りしてスポーツデビュー!スイミング編


まだまだ厳しい残暑がつづいているけれど、秋はすぐそこ。ダイエッターなら食欲の秋はおあずけにして、ことしこそスポーツの秋を楽しまなきゃ!
となると気になってくるのはウエアのこと。せっかくならおしゃれにもとことんこだわ... 続きを読む

日本人は糖尿病になりやすい?予防は生活習慣から

「糖尿病は太っている人や男性がかかる病気」と思っている人は多いのではないでしょうか。確かにそういった人に糖尿病が多いのは事実ですが、やせている人や女性で糖尿病にかかる人も決して少なくありません。
今年の『全国糖尿病週間』(11月11日~... 続きを読む

ヨガは2.5、エアロビクスは6.5!あなたのその運動、消費カロリーは?

ダイエットに欠かせない食事と運動。食事の摂取カロリーは気になり、お店のメニューやお弁当などのカロリーチェックをすると思います。では、運動でどのくらいエネルギーを使えたの?
それを知れば運動へのモチベーションもかなりUPすること間違なし!... 続きを読む