大腸がんを早期発見-便潜血反応検査って知ってる?

有効性が高く体への負担もない検査だから毎年受けよう

早めの対処でほぼ完治。早期発見には検診が有効、受診者は死亡率が7割も低い。家族に患者がいる人は要注意

食生活の変化で男女とも急増

 近年、大腸がん(結腸、直腸、肛門のがん)による死亡者数が急増しています。厚生労働省の統計によると、平成19年の日本人の死因の約3分の1は「がん」です。このうち男性の大腸がんの死亡者数は10年前の約1.2倍となり、初めて肝臓がんを抜いて3番目に多いがんとなりました(1位は肺がん、2位は胃がん)。女性ではすでに平成15年から、大腸がんが1位になっています(2位は肺がん、3位は胃がん)。この背景には、肉類を中心とした高たんぱく・高脂肪な欧米風の食生活の広がりが指摘されています。

 大腸がんは早めに見つければ、内視鏡を用いての切除や外科手術によって完全に治すことができます。症状が少し進んでしまっていても手術ができる時期であれば、ほかの臓器へ転移しているものも含め外科手術で完全に治すことも期待できます。つまり、発見が早いほど完全治癒が望める、比較的治しやすい病気といわれているのです。

便潜血反応検査で死亡率減少効果がはっきり

 大腸がんの初期にはほとんど自覚症状がありませんから、早めの発見には検診が欠かせません。大腸がん検診の一次検診として一般的なのは「便潜血反応検査」です。大腸にがんがあると、便の中に血液が混じることがあるため、少量の便を採って血液の有無を調べるものです。通常、便は日を変えて2回自分で採取し、専用容器に入れて提出します。

 検査では、痔(じ)やそのほかの出血で血液が混じっていたり、逆にがんが進行していても検査では潜血反応がみられないこともありますが、この検査を受けることによる死亡率の減少効果ははっきりと出ています。厚生労働省の研究班による40~50歳代の4万人を対象にした13年間に及ぶ追跡研究では、便潜血反応検査を受けた人は、受けていない人より大腸がんによる死亡率が7割も低かったという結果が出ているのです。

 便潜血反応検査で「疑わしい」(陽性)となった場合には、必ず精密検査を受けましょう。これには、肛門から内視鏡を入れて大腸を内側から観察する「大腸内視鏡検査」と、肛門から造影剤(バリウム)と空気を注入して大腸全体をX線撮影して観察する「注腸造影X線検査」(「下部消化管X線造影検査」ともいう)の2種類があります。
 大腸内視鏡検査では、小さな病変が見つかったら、その場で検査を兼ねた治療(切除)を行うことができます。一方、大きな病変があり大腸が狭窄(きょうさく)している場合、内視鏡はその先へ進んで観察することができないことがありますが、注腸造影X線検査は大腸の全体像を把握することができ、腸壁の凹凸(おうとつ)や狭窄などの存在や位置、大きさなどにより病変をとらえることができます。このように、それぞれの検査に特有の長所・短所があります。

予防には食習慣の見直し、運動も効果

 大腸がんは、直系の親族に同じ病気の人がいるという家族歴が危険因子の一つとされています。このほかいくつかの危険因子をあげることができます。以下のような項目に当てはまる人は40歳をすぎたら年に1回は検診を受けたほうがよいでしょう。
●肉親に大腸がんになった人がいる
●大腸ポリープができたことがある
●かいよう性大腸炎やクローン病で治療を受けている
●痔ろうが何年も続いている

 また、以下のような症状があったらすぐにも検査を受けましょう。
●便が細くなった
●便秘や下痢を繰り返す
●便に赤黒い血が混じる
●腹痛が長く続いている

 大腸がんを予防するためには、まず食生活をはじめ、以下のような注意を。
●ふだんからできるだけ歩き、週に1回くらいは汗をかく運動をする
●規則正しい生活とバランスのよい食事をこころがけ、肥満にならないようにする
●肉類に多い動物性脂肪をとりすぎない
●喫煙者は禁煙する。他人のたばこの煙をできるだけ吸わないようにする
●アルコールを飲むならほどほどに(1日に日本酒なら1合、ビールなら500ml程度)

(「クリニックQ&A」法研より)

【監修】
西堀 英樹先生


きたみ胃・大腸クリニック院長
1988年慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科、国立がんセンター研究所病理部、国立大蔵病院(現国立成育医療センター)外科、米国コーネル大学医学部外科などを経て、2002年より慶應義塾大学病院一般・消化器外科で大腸癌を専門に消化器癌診療に専念してきた。2007年きたみ胃・大腸クリニックを開院。苦痛の少ない内視鏡検査により胃・大腸疾患を中心とした早期診断・治療に努めている。
http://www.kitami-clinic.com

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

年々増える人間ドッグ受診者-「異常なし」は全体の8.4%

人間ドックを受診した人で「異常なし」、すなわち健康上の問題が何もないと判定された人は、全体のわずか8.4%しかいなかったことが明らかにされました。日本人間ドック学会は前年1年間の全国の人間ドック受診者の集計データを毎年公表しており、これは... 続きを読む

がん患者数No.2の“大腸がん”を徹底追及

男女ともに増えているがん"大腸がん”
日本でかかる人が増えているがんは、「大腸がん」です。食生活が欧米化し、脂肪や蛋白の摂りすぎ、食物繊維の不足などが原因と考えられています。


日本人では、1万5000〜1万7000人に1人発症... 続きを読む

わかっちゃいるけどやめられない第2位・やせた後に油断しちゃった

スキーでカロリー消費は順調もバイキングで食べ過ぎて失敗! 青森県
Kさんが油断してしまった時
ダイエットしてたんです。たしかに3kg痩せたんです。そんな時、スキー旅行へ行くことに... 続きを読む

今井雅之さんが会見で告白 女性の死亡数1位の大腸がんとは

俳優の今井雅之さんが末期の大腸がんであることを発表しました。予定していた舞台『THE WINDS OF GOD』は降板し、現在は抗がん剤治療を行っているとのことです。 本来、大腸がんは進行の遅いがんで、早期に見つかればほぼ治すことがで... 続きを読む

増加傾向の大腸がん-16の危険度セルフチェック 食事のコツ

かつて、欧米人に比べると、日本人には大腸がんにかかる人が少ないといわれていました。ところが近年、日本人にも大腸がんにかかる人が増えてきました。
また、患者数の増加に伴い、大腸がんで亡くなる人の数も増えてきています。厚生労働省の人口動態... 続きを読む

わかっちゃいるけどやめられない第1位・誘惑に負けちゃった

おいしいみかんを一日に4個も 太ってしまって大後悔 宮城県
Fさんが誘惑に負けちゃった時
それは、ダイエット中だったある日のことでした。お母さんがみかん(Mサイズ)1kgの箱... 続きを読む

潰瘍性大腸炎が20~30代に急増してる? 主な3つの症状

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が炎症を起こし、粘膜にただれや潰瘍ができる病気です。もともと欧米に多くみられた病気ですが、近年日本でも患者数が急増しています。2013年の患者数は1000人に1人程度ですが、10年で約2倍になる勢いで急増してい... 続きを読む

わかっちゃいるけどやめられない第3位・ダイエットをさぼっちゃった

スポーツジムに会費を払い続けるも行かずに増えるは脂肪のみ 神奈川県
Kさんがさぼっちゃったとき
私は身長が高いので、体重が少しくらい多くてもしょうがないなんて思ってました。し... 続きを読む

肉類と砂糖を上手にとることが【太る脳】を【やせる脳】に

肉類と砂糖を上手にとることが【太る脳】を【やせる脳】に変えて、ダイエットを成功させるカギとなる ●解説してくれる人 浜松医科大学名誉教授/高田明和 ●先生のプロフィール 1935年、静岡県... 続きを読む

糖尿病とメタボの人は、がんになりやすい?3つの改善ポイント

血液中のブドウ糖(血糖)を細胞に取り込んでエネルギー源として使うためには、膵臓でつくられるインスリンというホルモンが十分に働く必要があります。
このインスリンの働きが弱いと、ブドウ糖を十分に体内に取り込むことができず、血液中にブドウ糖が... 続きを読む