脳卒中の危険因子とは-突然の発症、若くても油断禁物!

体のまひや言語障害を残して介護が必要になる場合も

生活習慣、高血圧や脂質異常を改善し、一過性の半身のしびれや舌のもつれ、めまいなどの前触れを見逃さない

脳卒中の約8割は脳梗塞

 脳卒中(脳血管障害)は、1980年までは日本人の死因の第1位を占めていました。その後、がんや心臓病で亡くなる人がより多くなり、現在は死因の第3位となっています。といっても、脳卒中をおこす人が減少したわけではありません。治療の進歩などにより、発症直後の死亡率は以前に比べて低下したものの、発症率はあまり変わらず、何らかの後遺症を抱えながら生活している患者さんが少なくありません。

 脳卒中には、大きく分けて脳梗塞と脳出血、くも膜下出血の3つのタイプがあります。脳梗塞は、脳の血管が詰まってその先の細胞に血液が流れにくくなるもの。脳出血は、脳の細い血管が破れて出血するもの、くも膜下出血は多くの場合脳の表面の太い血管にできた動脈瘤(どうみゃくりゅう)が破裂してくも膜と脳の間に出血するものです。

 いずれも脳に酸素や栄養が行き渡らなくなり、脳の細胞がダメージを受けることによって、めまいやふらつき、頭痛、しびれ、運動まひ、意識障害などさまざまな症状をおこします。命は助かっても、左右どちらかの半身がまひする「片まひ」や「言語障害」などの後遺症を抱えることになったり、寝たきりになって介護が必要になることも多く、寝たきり原因の3割以上が脳卒中だといわれています。また、認知症の原因になることもよく知られています。

 脳卒中のうち脳出血は、最大の原因である高血圧への対応が進歩した結果、発症者数は急激に減ってきました。これに対して脳梗塞は年々増える傾向にあり、脳卒中全体の約8割は脳梗塞が占めています。

 脳梗塞は、ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症に分けられます。ラクナ梗塞は脳の細い血管が詰まっておこり、高血圧が主な原因です。ラクナ梗塞が脳出血と同じように減少する傾向にある一方、アテローム血栓性脳梗塞と心原性脳塞栓症は都市部を中心に急激に増えています。
 アテローム血栓性脳梗塞は、動脈硬化が原因で脳や頸部の太い血管が詰まっておこります。高血圧のほか、脂質異常症や糖尿病、肥満、喫煙などが原因となります。心原性脳塞栓症は心臓病が原因となり、心臓にできた大きな血栓が脳まで流れ、脳の血管を詰まらせることでおこります。

高血圧や脂質異常、肥満を予防し、禁煙を

 脳卒中は一般に60歳代以降に多く発症すると思われていますが、40~50歳代の働き盛りの方も襲われることが少なくありません。若いからと油断することはできないのです。

 脳卒中は突然発症しますが、発作をおこすまでにはさまざまな危険因子の積み重ねがあります。その危険因子とは高血圧、脂質異常、高血糖、肥満、喫煙などで、これはそのままメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)にも当てはまり、そのほかの生活習慣病につながる原因となります。
 つまり、これらの危険因子を取り除くことは、生活習慣病全体の予防につながります。自分のライフスタイルに合った無理のない食事や運動習慣の改善で、危険因子を少しずつ減らしていってください。

 食事は、塩分や脂肪分のとりすぎ、食物繊維の不足に注意しましょう。具体的には味付けは薄味にして、肉類や脂っこいものを控え、野菜をたっぷりとることを心がけましょう。アルコールも、週に2日はノンアルコールデーとし、飲みすぎないように気をつけたいものです。
 タバコは、血管を収縮させて血圧を上げ、動脈硬化を促進してしまうことがわかっています。タバコは「百害あって一利なし」です。今すぐ禁煙に取り組むことをおすすめします。

 さらに、適度の運動を週に3回は行うことも大切です。運動だけで減量することは難しいものの、体を動かすと血液循環を促進するので、動脈硬化をひきおこすLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪の分解を早めることができます。ウオーキングのような運動なら無理なく続けることができ、これを長い間継続すると、肥満の予防・解消効果や血圧を下げる効果があることもわかっています。

発作がおこったら一刻も早く救急車を

 脳卒中は長い間の生活習慣の積み重ねでおこるといえますから、若いうちから、思い立ったらすぐに予防に取り組むことが大切です。しかし、不幸にも発作をおこしてしまったら、一刻の猶予もありません。まず安静にして119番で救急車を呼び、脳卒中専門医、神経内科専門医、脳神経外科専門医などのいる病院に行くことです。

 脳梗塞の発症後3時間以内なら、劇的な効果を発揮する抗血栓薬による治療が行える可能性もあります。しかしこの治療法が行えなくても、早期の対応で脳へのダメージを最小限にとどめ、後遺症を少なくすることができます。病型によって適切な治療法も異なるため、急いで専門病院へ行くことが重要なのです。
 脳卒中のリスクのある人は特に、自宅や職場近くの専門病院をあらかじめ調べておくことが必要でしょう。

 また、脳梗塞の発作には「一過性脳虚血発作」という前触れがあることがあります。これを見逃さないことも重要です。例えば、一時的に手足がしびれる、舌がもつれてろれつが回らない、顔の半分がゆがむ、片方の目が急に見えなくなるといった症状です。

 これらの症状は、いったんおこっても数分で消えてしまい、気のせいだと思って見逃してしまいがちです。しかし、こうした症状があったときは、近い将来大きな発作をおこす危険性が高いので、すぐに専門医を受診してください。

(参考:『脳梗塞・脳出血・くも膜下出血が心配な人の本』篠原 幸人著、法研)

【監修】
篠原 幸人先生


国家公務員共済組合連合会 立川病院 院長
昭和38年慶應義塾大学医学部卒業後、同大大学院、米国デトロイト・ウェイン州立大学神経内科、ヒューストン・ベイラー医科大学神経内科留学を経て、45年より慶應義塾大学医学部内科勤務。同神経内科医長を経て、51年東海大学医学部神経内科科長、58年同教授。同大付属東京病院院長などを経て、平成18年より現職。日本脳卒中学会理事長、脳卒中合同ガイドライン委員会委員長ほか、多くの学会の理事などを務め、国際脳卒中学会会長、日本神経学会会長などを歴任。一般向け著書に『新版 脳梗塞と脳出血』(主婦の友社)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

約3割が死に至るくも膜下出血とは

くも膜下出血の正体をとことん理解する

脳を覆う3層の髄膜のうち2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。全脳卒中の8%を占め突然死の6.6%がこれに該当すると言われる。5... 続きを読む

死因でよく聞く悪性リンパ腫とは

悪性リンパ腫とは
悪性リンパ腫とは、いわゆる悪性腫瘍、つまりがんの一種です。人間の体には、血液と同じようにリンパ液と呼ばれる液体が流れています。この液体の流れの束をリンパ管、さらに膨らみのある部分をリンパ節と呼び、体を流れる一連の循環を... 続きを読む

この症状、もしかしたら脳卒中?まずは正しい知識を身につけて

脳卒中が大部分を占める脳血管疾患の患者数は、約134万人(厚生労働省2008年患者調査)。がん、心疾患に次いで、日本人の死因の第3位を占め、年間約12.8万人(厚生労働省2008年人口動態統計)が亡くなっています。高齢者のますますの増加、... 続きを読む

救急車を呼ぶ前に…緊急性があるか迷ったら、相談ダイヤルを利用して

緊急性がないのに救急車を呼ぶ人が増えているそうです。そういった人が多いと本当に必要な人への到着時間が遅れることになります。救急車を呼ぶべきか迷うことがあったら相談できる窓口があるので是非、活用してください。 「眠れない」「靴ずれで足が... 続きを読む

星野源、KEIKOが患った「くも膜下出血」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

どんな病気? 脳は外側から硬膜(こうまく)、くも膜、軟膜(なんまく)の3枚の膜でおおわれています。くも膜の下(内側)には脳脊髄液(のうせきずいえき)という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。働き盛りの人に起こり、... 続きを読む

タバコを吸うとなぜいけないの? タバコの害と禁煙外来のすすめ

百害あって一利なしといわれるタバコの害とは? タバコの煙を長期間吸い続けると気管支が炎症を起こし肺機能が低下。がん、COPD、ニコチン依存症も問題。 タバコには4000種類以上の化学物質が含まれる タバコが健康によくないということは... 続きを読む

冬に多い脳出血、夏に多い脳梗塞-水分摂取で脱水を防ごう

脳卒中というと冬場に多いというイメージがありますが、実は夏場に増えるタイプの脳卒中もあります。それは「脳梗塞」で、日本ではこの脳梗塞が脳卒中全体の約8割を占めています。
脳卒中は、脳の血管が破れて出血する「脳出血」、脳の血管が詰まって... 続きを読む

健診セーフでも油断は禁物‐生活習慣改善4つのポイント

「メタボリックシンドローム(メタボ)」――この言葉は、だれでも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。メタボは肥満による「内臓脂肪の蓄積」に加え、「高血圧」、「高血糖」、「脂質異常」の3つのうち2つ以上に当てはまる状態のことです。メ... 続きを読む

命の危険がある脳出血の原因と症状、予防法とは

まずは、脳出血の正体を理解しよう
脳出血とは、その名の通り、脳の中を複雑に巡る血管が破れ脳内で出血を起こす状態に陥ることです。脳内に流れでた血液は、体の中であらゆる障害をひきおこし、最悪の場合は命の危険を伴うことも…。


脳出血... 続きを読む

動脈硬化の予防にはコレステロール値を下げるのがポイント

狭心症や心筋梗塞などの心臓病、脳出血・脳梗塞などの脳卒中、これら循環器の病気が日本人の死亡原因の30%近くを占めています。循環器の病気の主な原因は動脈硬化です。動脈硬化は、血管に余分なコレステロールなどがたまり、血管が狭くなったり弾力性が... 続きを読む