「食後高血糖」とは? 通常の検査では分からない危険因子

空腹時血糖値だけで安心せず、食物繊維などでしっかり予防

食後の血糖値が異常に高い「食後高血糖」の人は、糖尿病の予備群でも脳卒中や心筋梗塞になりやすい

一般的な空腹時血糖値の検査では「食後高血糖」はわからない

 高血糖が長く続いた状態が糖尿病であり、そのままにしておくと目や神経、腎臓などを傷め、さらには動脈硬化から脳卒中や心筋梗塞といった命にかかわる病気も引き起こします。高血糖とは、私たちの体を動かすエネルギー源である炭水化物などの栄養素が体内で変化したブドウ糖が、作られすぎたり、十分に使われずに血液中にあふれている状態です。

 この血液中のブドウ糖の量を表すのが「血糖値」で、食事をとれば誰でもある程度は血糖値が上がります。健康な人の場合は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが食事に合わせてすぐに分泌されるため、血糖値はそれほど上がらず、しかも短時間で下がって元のレベルに戻ります。
 しかし、糖尿病の患者さんやその予備群の人の場合は、食事をしてから十分な量のインスリンが分泌されるのに時間がかかり、しかも効き目が弱いこともあるため、食後、大幅に血糖値が上昇してしまいます。食事をしてから2時間後に測った血糖値が140mg/dl以上である場合を「食後高血糖」といいます。

 ただ、糖尿病の早期の段階などでは、食後に血糖値が大幅に上昇するものの、空腹時には正常域まで下がっています。しかし、糖尿病のもっとも一般的な検査は空腹時血糖値の測定であり、食後高血糖かどうかは判断できません。つまり、空腹時に測った血糖値が「正常」というだけでは安心できないわけです。食後高血糖を診断するためには、「食後2時間血糖値」や「ヘモグロビンA1c(HbA1c)」などの検査値が有効です。
 実際は食後高血糖なのに気づかず、「空腹時血糖値は正常なんだから…」とそのままにしていると、やがて空腹時にも血糖値が高いままとなってしまいます。さらに、食後高血糖だけでも長く続くと動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞といった重大な病気のリスクも高まることが、多くの調査研究で明らかになっているのです。

食後高血糖は大血管疾患のリスクを高め、がんや認知機能障害とも関連

 東京大学の門脇孝教授が15年前(1994年)に、空腹時血糖値が120mg/dl未満(*)にコントロールされている糖尿病の患者さんに、毎食後、自己測定で血糖値を測ってもらったところ、食後1時間や2時間の血糖値が200mg/dl以上になっているケースが続出しました。

 国際糖尿病連合(IDF)による2007年版『食後高血糖の管理に関するガイドライン』でも、下記のような事項は科学的な根拠(エビデンス)が明らかであるとして、「食後高血糖は有害で、対策を講じる必要がある」と明記しています。


●こんなに危ない食後高血糖
(1)脳卒中や心筋梗塞など(大血管疾患)のリスクを高める。
(2)糖尿病網膜症の発症リスクの上昇と関連する。
(3)頸動脈の血管壁(内膜中膜)が厚くなる(動脈硬化が進む)ことと関連する。
(4)動脈硬化などの引き金になる活性酸素の働きの活発化(酸化ストレス)、血管の炎症、血管壁の働きの低下、の原因になる。
(5)がんの発症リスクの上昇と関連する。
(6)高齢者の認知機能障害と関連する。




*日本糖尿病学会の判定基準では、空腹時血糖値100mg/dl 未満を「正常型」、100mg/dl以上110mg/dl以下を「正常高値」としている。

食物繊維などを十分にとって食後の血糖上昇を緩やかに

 上記の(1)について、食後(ブドウ糖負荷後)2時間の血糖値が140mg/dl未満の人が心筋梗塞などで亡くなる(心血管死)割合は、糖尿病ではない人とほぼ同じですが、140mg/dl以上になると明らかに増加、200mg/dlを超えると急上昇していました。空腹時血糖値との関係を調べた結果では、空腹時血糖値と心筋梗塞などで亡くなる危険度には、食後血糖値ほどの強い関係はありませんでした。
 心筋梗塞などに限らない死亡危険度全体でも、食後2時間血糖値が140mg/dlを超えると、超えない人に比べて急上昇します。これは空腹時血糖値が正常の人にもあてはまります。

 (3)については、食後2時間の血糖値がおおよそ148mg/dlを超えると血管壁が厚くなるという報告があります。ほかの検査値との関係では、血管壁の厚さは、空腹時血糖値よりも、食後血糖値のほうが強い影響を与えているとされています。
 食後に血糖値が急上昇すると、1日の中で血糖値の変動幅が大きくなりがちです。このような日内変動幅が大きいほど、(4)のような酸化ストレスが増大する可能性があります。酸化ストレスの増大も、空腹時血糖値と比べ食後血糖値のほうがより関係が深いとされています。

 以上のような危険な食後高血糖を改善するため、速効型インスリン分泌促進薬、αグルコシダーゼ阻害薬などの薬剤が開発され、広く使われています。しかし、治療の基本になるのが適度な運動習慣を加えた食生活の改善であることは、一般的な糖尿病対策と変わりません。食事による大幅な血糖上昇を抑えるわけですから、食事の見直しが第一であることは当然です。
 そのためには、血糖値を上げにくいGI(*)値が低い食品(未精製の穀類、豆類など)や、血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維(野菜、海藻、きのこなど)を十分にとることがおすすめです。

*GI(グリセミック・インデックス)=血糖上昇指数、低いほど血糖値を上げにくい。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
門脇 孝先生


東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科教授
東京大学医学部卒業。同大同学部第3内科入局後、米国国立衛生研究所(NIH)糖尿病部門客員研究員、東京大学医学部第3内科講師などを経て、平成15年から現職。東京大学医学部附属病院副病院長などを兼務。日本糖尿病学会理事長、日本内分泌学会理事、日本肥満学会理事などを務める。専門分野は糖尿病・肥満、インスリン抵抗性の分子機構の研究。著書に『健診で血糖値が心配ですよと言われた人の本(監修)』(法研)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

「食後高血糖」とは? 通常の検査では分からない危険因子 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

血糖値の上昇を抑えるシジュウム茶ダイエット

シジュウム茶
痩せるだけでなく美肌効果も高いダイエットとして注目を集めているのが、シジュウム茶ダイエットです。
シジュウム茶は南アメリカ大陸の熱帯原産の植物で、現地では薬草として多くの民間療法に用いられています。シジュウム茶の健康効... 続きを読む

空腹感に悩まされない三食食べるダイエット

三食食べる
三食食べるダイエットは一日にきちんと三食食べるダイエット方法です。
痩せるには食事制限が一番と食事の回数を減らす方が多いですが、かえって空腹感に我慢できなくなり余計に食べてしまう事がよくあります。
さらに食事の回数を減ら... 続きを読む

日本人は糖尿病になりやすい?予防は生活習慣から

「糖尿病は太っている人や男性がかかる病気」と思っている人は多いのではないでしょうか。確かにそういった人に糖尿病が多いのは事実ですが、やせている人や女性で糖尿病にかかる人も決して少なくありません。
今年の『全国糖尿病週間』(11月11日~... 続きを読む

冬瓜が血糖値を下げて空腹感を抑える

中性脂肪と血糖値を下げて空腹感を抑える。 トウガンには運動と同じダイエット効果がある ●解説してくれる人 医療法人社団延山会理事長・医師・医学博士/岩本 光存欣(みつあき) 先生 ●先生のプロフィール な... 続きを読む

糖尿病の早期発見に健康診断が有効‐メタボリック症候群も要注意

2012年の国民健康・栄養調査によると、わが国の糖尿病患者は有病者だけでも約950万人、予備群は約1100万人で、合計約2050万人と推計されます。これは日本人の人口推計値約1億2700万人からすれば、約6人に1人が糖尿病あるいは糖尿病予... 続きを読む

血糖値(GI値)を制する〔低インシュリンダイエット1〕

こうすれば、もうリバウンドの不安とサヨナラできます! 低インシュリンダイエットを成功させる、6つのカギ 1.同じ食材なら、かみごたえのあるものを 低インシュリンダイエットでいちばん大切なのが、主... 続きを読む

脚も動脈硬化になる-閉塞性動脈硬化症(PAD)とは?

血管が硬くなったり狭くなったりして血流が制限され、多くの生活習慣病を招く動脈硬化。心臓の血管で起これば狭心症や心筋梗塞を、脳の血管で起これば脳卒中を引き起こします。この動脈硬化が腰から下の脚の血管で起こった病態を閉塞性動脈硬化症(PAD=... 続きを読む

トマト寒天で空腹を抑えてダイエット!

トマト寒天
ダイエットをする上で、一番の大敵の一つに挙げる事が出来るのが、食欲です。
ダイエットをしている時も空腹との戦い、そして食欲との戦いは続く事になります。

今回ご紹介する「トマト寒天ダイエット」は、食事前にトマトと寒天... 続きを読む

やせるテクニック:食後はすぐ歯を磨く

食べたら歯磨きを習慣に。食欲に負けそうになったときも、歯磨きは有効です
つまみ食い、ながら食い、早食い、間食、これらはすべてダイエットの敵。
食事のルールは1日3食をきちんと食べて、食事は決まった時間にとる、... 続きを読む

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む