公共の場の全面禁煙へ-受動喫煙防止の大切さを理解して

あなたの喫煙が妊婦や子どもをも危険にさらす

国際的な動向にらみ厚生労働省が全国に通知。今すぐは困難な所も「将来的には全面禁煙目指せ」と求める

飲食店、娯楽施設など多くの人が利用する場所は全面禁煙に

 街中の多くの人が利用する施設では、「禁煙」を掲げることが今や当たり前のようになっています。この当たり前のようなことをさらに徹底し、公共的な場所を「全面禁煙」にする動きが加速しそうです。
 これは、厚生労働省が「受動喫煙防止対策について」という通知をこの春(2010年2月)、全国の都道府県知事などに宛てて出したからです。通知では、受動喫煙を「室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされること」と定義し、その防止対策としての「全面禁煙」を徹底したい施設として以下のようなものをあげています。

 学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店、その他(鉄道の駅、バスターミナル、航空旅客ターミナル、旅客船ターミナル、金融機関、美術館、博物館、社会福祉施設、商店、ホテル、旅館などの宿泊施設、屋外競技場、遊技場、娯楽施設、鉄道車両、バス、タクシー、航空機、旅客船など)

 このような公共的な空間では「原則として全面禁煙であるべき」とし、少なくとも官公庁や医療施設では「全面禁煙することが望ましい」と述べています。一方で、全面禁煙が極めて困難な場合などは、「当面、利用者のニーズに応じた適切な受動喫煙防止対策」を進めるように求めています。例えば、喫煙可能区域を設け、そこから非喫煙場所にたばこの煙が流れ出ないようにするとか、喫煙可能区域に未成年者や妊婦が立ち入らないように措置を講ずる必要がある――など具体的な方策を例示しています。そしてこれらの措置も「当面の間」のことで、将来的には全面禁煙を目指すよう求めており、酒場や遊技場のように喫煙する客も多い所にとってはかなり厳しい通知といえそうです。

 厚労省がこのような通知を出したのは、受動喫煙を抑制しようという動きが今や国際的なものになっているからです。そのような状況から厚労省は、有識者による「受動喫煙防止対策のあり方に関する検討会」を立ち上げました。検討会の報告書が2009年3月に取りまとめられたことから、それを踏まえ、今後の受動喫煙防止対策の基本的な方向性を通知として出したのです。

国際的にも明らかにされている受動喫煙の害

 検討会の報告書では、喫煙の自由や権利が主張されることがあるが、喫煙者は自分のたばこの煙に周囲の人がさらされていることを認識する必要があるとし、多くの人が利用する公共的な空間では、原則として全面禁煙であるべき、と訴えています。報告書ではまた、受動喫煙が死亡、疾病、障害を引き起こすことは科学的に明らかであるとし、諸外国で公的に報告されている次の5つの危険性をあげています。

(1)受動喫煙は、他人を発がん性がある化学物質や有害な大気汚染物質にさらすことである。
(2)受動喫煙の煙の中には、ニコチンや一酸化炭素などさまざまな有害化学物質が含まれており、とくにヒトへの発がん性があるベンゾピレン、ニトロソアミンなどが含まれている。
(3)受動喫煙は、乳幼児突然死症候群、子どもの呼吸器感染症や喘息発作など呼吸器疾患の原因になる。とくに親の喫煙で、子どものせき・たんなどの呼吸器症状や呼吸機能の発達に悪影響がある。
(4)受動喫煙で、血管内皮細胞が傷つき、血栓ができやすくなって心臓病の原因になる。
(5)受動喫煙は、急性の循環器への悪影響がある。

 さらに報告書では、子どもや妊婦などは少量のたばこの煙にさらされるだけでも影響が大きいため、彼らをたばこの煙から守ることが差し迫って重要であるとしています。

 また、先の通知から2カ月後(2010年4月末)、厚労省の「職場における受動喫煙防止対策に関する検討会」が、職場の受動喫煙防止を「事業者の義務」にすべきとする報告書をまとめました。この中で、受動喫煙対策は「快適な職場形成」ではなく「労働者の健康障害防止」の観点で取り組まなければならないと指摘しています。10月1日には、たばこ税が増税され、たばこが値上げになることも決まっています(1箱300円のもので410~440円に)。

 全面禁煙の徹底化に加え、たばこの価格も引き上げられるなど、愛煙家にとっては禁煙へのはずみもつきそうですね。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

女性にとって喫煙はこんなに怖い-タバコ顔や妊娠にも影響

1989年、世界保健機関(WHO)が5月31日を世界禁煙デーと定めてから20年近くたっていますが、日本でも最近は公共の場や職場の禁煙化がどんどん進み、今年に入ってからは一部の新幹線では全面禁煙の列車が出ています。名古屋地区では5月からタク... 続きを読む

親の喫煙が子どもの健康に与える恐い影響

毎年5月31日は、WHO(世界保健機関)が定める世界禁煙デーです。2008年は、若者がタバコの常習使用者になることを防ぐために、「若者へのタバコの売り込みをやめさせよう」というテーマが掲げられました。
わが国では、未成年者の喫煙防止の... 続きを読む

朝時間を上手に使うには-7つのポイントと良質な睡眠のカギとは

「効率よく時間を使いたい」という永遠のテーマにおいて、朝の時間を有効に活用するということが言われていますが、皆さんはうまく活用していますか。最近、朝の時間を活用して、将来のために勉強をしたり、趣味の時間に充てている人が増えているようです。ビ... 続きを読む

今年こそ絶対!禁煙(1)禁煙のメリット

禁煙車に社内禁煙、最近は禁煙の居酒屋まで…、喫煙者に対する風当たりは強くなっています。そんななか、タバコを吸う男性は年々減っているのに対し、タバコを吸う女性は逆に増えています。なかでも20歳代、30歳代の若い女性の喫煙率の高さが目立ちます... 続きを読む

冬の運動不足解消に温水プールがおすすめ-冬太りを予防しよう

通学も通勤も買い物も、電車やバス、車、自転車など何かの乗り物を利用していることが多いはずです。どんどん便利になっていく今の時代は、いくらでも楽ができてしまい、運動不足を自覚している人も少なくありません。
きっと多くの方が、「運動しなけれ... 続きを読む

働く世代の喫煙率は下げ止まり-妊娠中、出産後の喫煙が問題

喫煙が肺がんだけでなく全身のがんのリスクを高め、脳卒中や心筋梗塞をはじめとするさまざまな病気の原因となることは広く知られるようになっています。しかし、喫煙率は一頃より減ってはいるものの、働く世代の男性ではまだまだ喫煙する人の多いことが、国... 続きを読む

一晩寝かせたカレーにはウェルシュ菌が増殖! 食中毒を防ぐには

よく、一晩寝かせた翌日のカレーはおいしいといわれますが、それは野菜や肉などの具材からうま味が溶け出すからだとか。
「それなら、これからカレーは作った次の日楽しむことにしよう」と即断するのは、ちょっと待って。というのは、保存の仕方によって... 続きを読む

「若いな…」と思う他人の恋愛は?

「運命」や「永遠」を信じている 一日に何度もメールをやり取りする 毎日のようにデートをする 相手の周りの異性にとにかく嫉妬 相手... 続きを読む

子宮頸がんの予防に向けた世界の動き-日本の受診率は欧米より低い

11月は「子宮頸がん征圧月間」にあたり、子宮頸がんの予防啓発の普及に向けたイベントが全国各地で開催されます。子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの接種と定期的な子宮頸がん検診によって、ほぼ100%予防が可能です。
日... 続きを読む

リラックス空間は青と緑

寝室とお風呂場には緑と青を配色し気分をリラックス&リフレッシュ!
寝室は、リラックスして1日の疲れをとり、体を休めて「また次の日からダイエットに励もう」という意欲をわかせるとても大切な空間です。ここには青や緑... 続きを読む