歯周病と骨粗しょう症を一緒に予防-カルシウムや大豆を摂って

歯周病がよくなると骨粗しょう症の進行も抑えられる可能性!

歯周病と骨粗しょう症をともに防ぐため、とくに女性は、カルシウムやイソフラボンを不足させないように

骨量が少ないほど、残った自分の歯が少ない傾向が

 歯は主に歯肉(歯茎)と歯肉の中にある歯槽骨という骨に支えられています。ところが、これらの歯周組織が歯周病菌に感染すると炎症が起こり(歯周炎)、悪化すると「歯の支え」が破壊され、歯を失うことになります。
 一方、骨粗しょう症は骨密度の低下(骨量の減少)によって骨がスカスカになる病気であり、とくに高齢者では骨折から寝たきりになる大きな原因となっています。女性ホルモンは骨量の減少を抑えているため、それが急激に減少する更年期以降の女性はとくに、骨粗しょう症予防が大切といえます。

   愛知学院大学短期大学部の稲垣幸司教授らは、長年歯周病と骨粗しょう症の関係を調べています。その一環として、愛知県下のある自治体の歯科健診受診者に協力してもらい、現在残っている自分の歯の数と、中指の骨量との関係を調査。その結果、中指の骨量が正常だった人では、残っている歯の数が20本未満の人は10%もいませんでした(全歯28本中)。それが、骨量が少なくなるにつれて20本未満の人が増加し、骨折の危険が心配されるまでに骨量が減少した人では30%前後にもなっていました。

 また、同自治体の別年度の歯科健診では、歯周病の進行度がわかる歯肉の退縮程度や、歯と歯肉の間にできた溝(歯周ポケット)などと骨粗しょう症の関係を調べました。すると、歯周ポケットが深いなど歯周炎が進行しているほど、「骨粗しょう症の疑いが強い」と診断される割合が高いという結果が得られました。

歯周病の治療が骨粗しょう症の治療になる可能性が

 稲垣教授らはまた、愛知学院大学歯学部附属病院で歯周病の治療を受けている患者さんを対象に、歯周病と骨粗しょう症の関係を調べました。その結果、骨粗しょう症による腰椎の萎縮がある人は萎縮のない人に比べ、治療が必要なレベルの深い歯周ポケットや歯肉からの出血が多く見られました。
 さらに稲垣教授は、「骨粗しょう症で骨折したことがある人には、残っている自分の歯の数も少なく、歯肉から出血している人が多い。なかでも喫煙者では歯槽骨の吸収(骨量減少)が進んでいた」とのデータを紹介。歯周病予防にも、骨粗しょう症予防にも、禁煙が大切であることを強調しています。

 一方、歯周病で同病院を受診している閉経後の女性を対象に調べたところ、骨粗しょう症がありながらその治療を受けていない人でも、歯周病の治療を続けて良好な状態にコントロールすることで、骨粗しょう症の進行も抑えることができました。稲垣教授は「歯周病治療が骨粗しょう症の治療に結びついている可能性がある」とみています。

とくに更年期女性は、カルシウムやイソフラボンの摂取を

 更年期以降の女性は、女性ホルモン(とくにエストロゲン)の分泌量が減少することで、骨密度が低下しやすくなります。骨は、形成と吸収(破壊)をくり返す「骨代謝」が行われていますが、エストロゲンが減少すると、この代謝バランスが崩れ、骨の破壊が進んでしまうためです。
 骨密度の低下は、骨粗しょう症だけでなく、歯を支える歯槽骨の破壊にもつながり、歯が抜けるリスクを高めます。
 また、エストロゲンの減少は、炎症性サイトカイン(免疫システムの細胞から分泌される炎症に関係するタンパク質)やプロスタグランディン(ホルモン様物質)の異常産生を招き、歯周病菌によって生じた炎症を、さらに悪化させます。

 前述の調査結果やこれらのメカニズムから言えることは、とくに更年期以降の女性では、歯周病と骨粗しょう症は、予防においても治療においても、一緒に取り組んでいくほうが、有効であるということです。

 稲垣教授によると、「カルシウムを多くとるほど歯周病のリスクが低い」「カルシウムやビタミンDを十分にとっている人は、歯の喪失が少ない」「女性ホルモンを補うホルモン補充療法を受けた人は、全身の骨だけでなく歯槽骨の状態も改善した」といったデータが出ているとも言います。
 カルシウムは骨の構成成分、ビタミンDはカルシウムの吸収を促進する成分です。私たちが骨粗しょう症や歯周病の対策として日常的にできることは、適度な運動を行い、栄養バランスのとれた食事を心がけることです。
 日本人の日常の食事で、とくにカルシウムは不足しがちな栄養素の一つなので、いろいろな食材から工夫してとるようにしたいものです。また、女性ホルモンのエストロゲンによく似た作用をする成分にイソフラボンがあり、これも食事からとることができます。

 ●カルシウムを多く含む主な食品
 牛乳、乳製品(ヨーグルト、チーズなど)、小魚、大豆、大豆製品、緑黄色野菜など

 ●イソフラボンを多く含む主な食品
 大豆、大豆製品(納豆、豆腐、きなこ、豆乳、みそなど)

(編集・制作 (株)法研)

【取材協力】
稲垣 幸司先生


愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授
同大学歯学部歯周病学講座准教授
1982年愛知学院大学歯学部卒業。86年同大学大学院歯学研究科修了(医学博士)。同大歯学部(歯周病学講座)講師などを経て、2000~01年ボストン大学歯学部健康政策・健康事業研究講座客員研究員。05年愛知学院大学歯学部助教授、07年4月より現職。日本歯周病学会専門医・指導医、日本禁煙学会専門医、日本歯科保存学会認定医。日本歯科衛生学会、アメリカ歯周病学会、国際歯周病学会、日本骨代謝学会、アメリカ骨代謝学会など国内外の所属学会多数。歯周病と全身疾患、特に骨粗しょう症や糖尿病との関係に関する研究などを行う。

コラムに関連する病名が検索できます。

歯周病と骨粗しょう症を一緒に予防-カルシウムや大豆を摂って 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

アンチエイジングに必須!歯周病ケアで早産や骨粗しょう症を予防

歯周病は活性酸素を増やし老化を促進する炎症反応 歯並びやホワイトニングには関心があっても、歯周病のケアは見落としがちなのではないでしょうか。「歯周病は、口の中だけの問題ではありません。いつまでも若く美しくいたいなら、今すぐオーラルケア... 続きを読む

高齢になると女性は骨粗しょう症になりやすい-今からできる予防策

骨粗しょう症は、骨からカルシウムが減ることで骨がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことでも骨折しやすくなる病気です。圧倒的に女性に多いのが特徴で、女性は閉経を機に急増、高齢になるにしたがって増えていきます。初期には自覚症状がなく、骨... 続きを読む

素敵なスタイルは骨からつくられる-カルシウムの正しい取り方

身体を支えているのは骨。いつまでも素敵なプロポーションで健康美人でいるためには、骨の健康を維持することが大切です。
とくに、女性は骨粗しょう症になりやすいといわれています。骨粗しょう症とは骨からカルシウムが溶け出し、骨がスカスカになって... 続きを読む

女性ホルモンの分泌が増えると歯周病になりやすい? 予防法とは

日本人の成人が歯を失う原因の第一位は歯周病です。歯周病というと、中高年男性に多いというイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実は、女性のほうが歯周病の危険がいっぱいです。
最近の研究で、女性ホルモンやホルモンバランスの変動が、歯周病の... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む

歯茎のマッサージが簡単で効果大! 歯周病・口の乾燥やネバネバに効く?

美しい笑顔のカギは、歯以上に歯茎が重要なのをご存知ですか? 歯茎の血行を促すマッサージで、歯の健康と美しさを維持して笑顔美人になりましょう。 歯茎の血流の悪さが歯周病をまねく 笑顔の美しい人は、歯がきれいです。歯がきれいであるためには... 続きを読む

ボーンペップ

いま日本の骨粗しょう症の患者数は約1千万人。特にホルモンが減少する閉経後の女性がかかりやすいため、アラフォー世代から予防を心がけることが重要です。そこで、今注目されているのが骨を強くする新成分“ボーンペップ”。鶏卵からヒヨコが生まれるメカ... 続きを読む

女性ホルモンのように働く大豆イソフラボンの効果的な食べ方

大豆は「畑の肉」といわれるほど良質なたんぱく質に富むだけでなく、良質な脂質にビタミンB1や鉄分、カルシウム、食物繊維など多くの栄養素を含む、とても栄養価の高い食品です。さらに最近は、ファイトケミカルと呼ばれる有効成分も含まれていることがわ... 続きを読む

山崎教授の「ファイトケミカルを摂りなさい!」

いま、なぜファイトケミカルに注目すべきなのか?
食品と健康の話題になると、これまでは糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの栄養素に、食物繊維をプラスした6大栄養素をもって語られるのが一般的でした。しかし、そ... 続きを読む

歯周病とメタボの意外な関係-お口の健康が体を守る

内臓脂肪型肥満に高血糖、高血圧、脂質異常などが重なった状態である「メタボリックシンドローム」と、歯ぐきに炎症などがおこる「歯周病」。一見なんの関係もなさそうですが、最近、両者の間には深い関係があることがわかってきました。
そもそも生活... 続きを読む