冬に多い脳出血、夏に多い脳梗塞-水分摂取で脱水を防ごう

脳梗塞の発症ピークは6~8月。こまめな水分補給を心がけて

発汗による脱水症状が血栓(血のかたまり)をできやすくし、血管を詰まらせ、脳梗塞発症の引き金に

脳卒中でも脳出血は冬に多いが、脳梗塞は夏に多い

 脳卒中というと冬場に多いというイメージがありますが、実は夏場に増えるタイプの脳卒中もあります。それは「脳梗塞」で、日本ではこの脳梗塞が脳卒中全体の約8割を占めています。

 脳卒中は、脳の血管が破れて出血する「脳出血」、脳の血管が詰まって血液が流れにくくなる「脳梗塞」、脳の表面にある動脈瘤(りゅう)が破裂して出血する「くも膜下出血」の3つに大きく分けられます。どのタイプも脳の神経細胞がダメージを受け、命を落とすこともある怖い病気です。たとえ命は助かっても半身のまひや言語障害などの後遺症が残ったり、寝たきりになったりして、健康寿命を短くする大きな要因となっています。

 脳卒中のうち、高血圧が最大の原因である脳出血は、寒さで血管が収縮し血圧の上がりやすい冬に多く発症していますが、脳梗塞の発症は夏が多くなっています。東海大学医学部神経内科の瀧澤俊也教授らは、脳梗塞の患者さん2万人のデータを分析し、脳梗塞の発症のピークが6~8月の夏にあることを明らかにしています。

発汗による脱水で血液がドロドロになり、血管が詰まりやすい

 脳梗塞が夏に多い理由の一つに、夏は大量の汗をかくため体が脱水状態になりやすいことがあげられます。脱水が起きると血液中の水分も不足し、血液が粘っこくドロドロの状態になり、血のかたまりである血栓ができやすくなるのです。
 また、水分不足により体内を循環する血液量も減少して、血管が詰まりやすくなります。

 さらに、血圧も原因となります。寒さで血圧が上がりやすい冬とは逆に、夏は体の熱を放出しようと末梢血管が拡張し、血圧は下がりやすくなります。健康な人なら血流が悪くならないように脳の調節機能が働くのですが、血管の拡張作用がある降圧剤(血圧を下げる薬)を服用している人は要注意です。薬のためさらに血圧が下がり、血流が遅くなって血栓ができやすいからです。

 夏に多くなる脳梗塞を予防するため、高血圧の人の血圧管理は医師の指導のもとに行う必要があります。ここでは、脱水症状を防ぐための水分補給のコツを紹介しましょう。

のどが渇く前からこまめに水分補給を

 水分補給は、のどの渇きを感じてからガブガブと飲むよりも、一定の時間ごとに少しずつ補給するほうがよいとされています。特に高齢者は暑さやのどの渇きを感じる感覚が衰えているため、30分に1回など時間を決めてこまめに水分をとる習慣をつけるとよいでしょう。夏は寝ている間もよく汗をかきますから、寝る前にコップ1杯の水を飲むことを、ぜひ習慣づけてください。
 ほかにも、朝起きたとき、スポーツ中とその前後、入浴の前後、飲酒中とその後など、水分が不足しがちな時間帯の水分補給、そしてのどが渇く前の水分補給を心がけましょう。

 また、お酒を飲む人が注意しなければいけないのは、ビールなどのお酒を飲んで、水分を補給したつもりになってしまうこと。お酒の利尿作用や発汗作用に加え、アルコールを分解するためにも体内の水分が使われますから、お酒を飲んでも水分を補給したことにはならず、かえって脱水状態を招きかねません。お酒を飲んでそのまま寝てしまい、脱水から脳梗塞を起こすこともあり、若い方でも大変危険です。お酒を飲んだときは、寝る前の水分補給を忘れずに!

 では、水分補給には何を飲むとよいでしょうか? 普段は、水や麦茶などがよいでしょう。濃い緑茶やコーヒーなどカフェインの多い飲み物にも利尿作用がありますし、ジュースやスポーツ飲料は、飲みすぎると糖質やエネルギーのとりすぎになります。
 ただし、大量に汗をかいたときは体内のナトリウムも一緒に失われるため、スポーツドリンクにしましょう。水や麦茶ではナトリウムが補充できず、意識障害を起こすことがあります。

1年を通じ、食事や運動、喫煙、飲酒など生活習慣の改善で脳梗塞を予防

 夏、意識的な水分摂取で脱水を防ぐことは、熱中症だけでなく脳梗塞の予防にもなることがおわかりいただけたと思います。ただ、脳梗塞は夏の発症が多いといっても、それ以外の季節には少ないというわけではありません。そもそも、脳梗塞の発症は加齢や生活習慣と深くかかわっています。

 脳梗塞の3大危険因子といわれる高血圧、高血糖、脂質異常の予防・改善には、食事や運動、喫煙、飲酒など生活習慣の改善が大変重要です。食事では塩分や脂質、エネルギーをとり過ぎない、運動を日常生活に取り入れる、禁煙する、お酒は飲みすぎないなど、生活習慣を改善することが、脳梗塞、ひいては生活習慣病全般の予防・改善につながります。

(編集・制作 (株)法研)


▼脳ドック施設を比較&予約
忙しい人必見。土日診療可能な検査コース

【監修】
瀧澤 俊也先生


東海大学医学部神経内科教授
1981年東海大学医学部卒業。同大医学部講師、准教授を経て、2008年医学部神経内科教授、現在に至る。同大医学部付属病院神経内科診療部長を兼務。日本神経学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本内科学会認定医。専門は、脳血管障害における脳循環代謝、フリーラジカル、神経再生、脳血管障害の治療および予防。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

老廃物の除去に役立つ麦茶でダイエット

麦茶
麦茶の効能はダイエットサポートに役立つそうです。
麦茶は、ノンカフェインでゼロカロリーでありながら、ミネラルや有効成分を含んでいます。
直接的に痩せることにつながる、脂肪燃焼の効果などはありませんが、含まれる有効成分が血液サラ... 続きを読む

お酒も飲んでいいんです

“お酒NG”は迷信!
うまくお酒と付き合おう♪ 『ダイエットにお酒はNG!』、これは“ダイエットの常識”として、お医者さんやダイエットの専門家をはじめ、世のダイエッターのほとんどが信じていることと思います。 しか... 続きを読む

水や野菜摂取で~デトックスダイエット

デトックス
デトックスダイエット、最近注目のダイエットです。ダイエットは、脂肪を燃焼させる、脂質をとらないなど色々方法があります。その中でデトックスダイエットは、体内にたまった不用な
モノを「排出すること」に重点を置くものです。

... 続きを読む

暑い日には水分をいっぱい摂っちゃう。水太りの危険性ってあるの?

栄養IQを高める!~今回の解説~ Q. 暑い日には水分をいっぱい摂っちゃう。水太りの危険性ってあるの? A. NO……暑い日には水分をしっかり摂って、体の水分を補って!
日差しが強く、... 続きを読む

夏のダイエット成功の鍵 水分補給


夏バテ予防にも、ダイエットにも不可欠なのが水分補給です。ご存知のとおり人間の身体の70%以上は水分でできており、特別に汗をかかなくても通常の生活で一日2.5リットル以上の水分が排泄されています。そのため食事以外から... 続きを読む

わかっちゃいるけどやめられない第5位・お酒で失敗しちゃった

7ヵ月もダイエットして9kg減もお歳暮のお酒で水の泡に…… 愛知県
Nさんがお酒で失敗しちゃったとき
7カ月もかけて9Kgのダイエットに成功していた時。めったに手に入らない珍しい... 続きを読む

3種類のリップスピークの違い

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ リップスピークの違いによる雰囲気の変化 (1)ラウンドタイプ
ラウンドタイプはリップスピークに丸みのある形です。... 続きを読む

命の危険がある脳出血の原因と症状、予防法とは

まずは、脳出血の正体を理解しよう
脳出血とは、その名の通り、脳の中を複雑に巡る血管が破れ脳内で出血を起こす状態に陥ることです。脳内に流れでた血液は、体の中であらゆる障害をひきおこし、最悪の場合は命の危険を伴うことも…。


脳出血... 続きを読む

水分豊富なゆでなすで夏バテ防止ダイエット

なす
なすは95%が水分と、とても水分が豊富な野菜です。
特徴として「体を冷やす」という効果があります。
夏に何も食べずに水分をがぶがぶ摂るよりも、なすレシピで賢く水分を摂りながらダイエットが賢い方法です。
なすは油を吸ってしまい... 続きを読む

お酒が弱い・飲めない人は飲酒を断るべし!【アルハラ撃退法】

お酒を飲む女性が増えています。1954年には13%だった女性の飲酒者が、2008年には62%に急上昇(男性は68%から83%に)。また、20~24歳の飲酒率は男性が83.5%であるのに対し、女性が90.4%と、女性の方がお酒を飲む人が多... 続きを読む