善玉HDLコレステロールは多いほうが良い-増やすポイントは?

LDL-Cは正常でも、HDL-Cが低いと動脈硬化のリスク

中性脂肪が増えるとHDL-Cは減る。低HDL-C改善には減量、運動、禁煙などが効果的

HDLコレステロールは低いほうが危険

 特定健康診査における脂質の基準値は、LDLコレステロール(LDL-C)120mg/dl未満、HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド;TG)150mg/dl未満です。こうした基準値は通常、大きい値のほうが問題となりますが、HDL-Cは低いほうが危険であることが、多くの観察研究からわかってきました。

 総コレステロール(TC)は、TC=LDL-C+HDL-C+TG/5(Friedewaldの計算式)の関係にあり、総コレステロールが高くても、LDL-Cが低めでHDL-Cが高めの場合は、あまり問題になりません。日本人は、欧米人に比べ、HDL-Cが高いと言われていますので、コレステロールの中身までチェックするようにしましょう。

 「あぶら」であるコレステロールや中性脂肪は、そのままでは血液中に溶けないため、たんぱく質やリン脂質と結合した「リポたんぱく」の形で血液中に溶け込み、体内を循環しています。そのうち、肝臓から体内にコレステロールを運ぶ役割をするLDLが増えすぎると、血管などにコレステロールがたまり、動脈硬化を引き起こす元になります。そのためLDL-Cは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。
 反対に、HDLは細胞の中のコレステロールを引き抜いて肝臓まで運ぶ働きをしており、コレステロールを回収するHDL-Cは「善玉コレステロール」と呼ばれています。
 LDL-Cは正常でも、HDL-Cが低いと動脈硬化のリスクが高まることがわかっています。

脂質の値は性や年齢によって変化する

 2014年に日本人間ドック学会と健保連が150万人のメガスタディーによる基準値を発表しました。これは、学会などが疾患予防のために出している基準値ではなく、病気でない人を選び、さらに潜在異常値除外法という方法で選りすぐられた「超健康人」の基準値です。

 この研究によれば、女性は閉経前には男性に比べ、TC、LDL-Cが低いのですが、閉経後はどちらも男性よりも高くなり、しかも年齢とともに上昇することがわかります。HDL-Cは女性のほうが高め、TGは女性のほうが低めです。女性は閉経前にはLDL-Cが低く、HDL-Cが高く、TGが低いため、動脈硬化リスクがとても低いのですが、閉経後は急激に男性を超えて動脈硬化のリスクが高くなります。単純な数値だけではなく、性や年齢を加味した対策が必要ということです。

HDL-Cを下げない方法、上げる方法

 HDL-Cを下げない方法は、メタボの解消です。内臓脂肪がたまると、中性脂肪が増えます。中性脂肪が増えるとHDL-Cは減るという関係にありますから、内臓脂肪をためないよう減量などに努めることが必要です。第2が禁煙です。喫煙は動脈硬化を促進するだけでなく、HDL-Cを減らすことが明らかになっています。

 では、HDL-Cを増やすには、どうしたらいいでしょうか。効果的なのは、習慣的に運動をすること。激しい運動をする必要はなく、汗ばむ程度の有酸素運動(ウオーキングやジョギング、サイクリングなど)が有効です。

 HDL-Cを増やす薬はあるのでしょうか? 中性脂肪を下げる治療薬の中には、HDL-Cを増やすものもあります。また、女性ホルモンはLDL-Cを下げ、HDL-Cを上げる作用があると言われています。閉経期に女性ホルモンを補充するホルモン補充療法は、米国の大規模試験では動脈硬化予防には明らかな効果を示さないというデータが出ましたが、閉経前後の使用ではメリットがあるというデータもあります。

 耳にたこができるほど聞かされている「食事、運動、禁煙」ですが、わかっていても行動にはなかなか移せないものです。自分にとってのきっかけや継続のコツを見つけてください。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
荒木 葉子先生


産業医・内科医、荒木労働衛生コンサルタント事務所所長
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。2008~2011年3月東京医科歯科大学女性研究者支援室特任教授。内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

悪玉コレステロールのLDLコレステロール-本当は必要な存在

脂質異常症は、高血圧と同様ほとんど無症状のため自分では気づきにくく、健康診断をきっかけに見つかることが多い病気です。脂質異常症は動脈硬化のリスクを高め、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患のリスクを増加させるとされています。今回は、脂質検査... 続きを読む

動脈硬化の進み具合がわかるLH比-運動と食事でコレステロール対策

「寝たきりや認知症になることなく、健康で自立して暮らすことができる期間」を意味する健康寿命は、平均寿命よりも約6~7年半短くなっているのが現状です。
この差をもたらしている大きな原因が動脈硬化です。動脈硬化とは、動脈の血管壁が硬く厚く... 続きを読む

コレルテロールには善玉と悪玉が-動脈硬化を防ぐコツ

「コレステロール」というと、「体によくないもの」「できるだけ少ないほうがいい」といったように、ひとくくりにした超悪役のイメージを持っている人が少なくないかもしれません。しかし実は、コレステロールには体内で代謝の違う、「善玉コレステロール」... 続きを読む

健康診断の検査結果から病気リスクを読み解く-高血圧と高脂血症

血液が、心臓から全身に送り出されるときに、血管に与える圧力が「血圧」です。心臓が収縮して動脈に送り出すときの圧力を収縮期血圧(最高血圧)、また、心臓がもとに戻ったときの血圧を拡張期血圧(最低血圧)といいます。血圧は、高ければ高いほど、血管... 続きを読む

梅干しダイエットで中性脂肪を燃焼させる!

梅干し
ダイエットに欠かせない要素として、体内の中性脂肪を燃やしていく、という要素が挙げられます。

しかし、この中性脂肪を燃やすのは中々大変な作業で、一般に見受けられる通常のダイエットでは効率良く中性脂肪を燃やしていく事が出来ない... 続きを読む

健康診断の結果の見方-前年との推移も確認しよう

健康診断の中でも人間ドックは検査項目が多く、報告書が手元に届いてすべての項目が問題なしという人は少ないでしょう。しかし、それぞれの検査項目は前回の「賢い健診講座2」で示したように重要度が異なっています。今後それぞれの検査項目についてみてい... 続きを読む

健康診断の肝機能検査でわかること-B型・C型肝炎検査のすすめ

健康診断で一般的な肝機能検査として「AST」、「ALT」、「γ-GTP」という検査項目があります。いずれも労働安全衛生規則の健康診断の項目に入っています(1989年から40歳以上が対象)。
AST (aspartate aminotra... 続きを読む

更年期後の健康管理-女性ホルモンとコレステロールの関係

「健診でLDLコレステロール値が高いといわれてしまった。とくに太ったわけでも、脂っこいものばかりを食べたわけでもないのに、なぜ?」50歳前後の更年期を迎えた女性に、このような経験をする人が増えてきます。
男性の場合コレステロール値の異... 続きを読む

mina版 新・国立病院ダイエットC成功体験談(1)

ゆで卵を主食にしたら腹もちのよさに驚き! 秀子さん
(21才・大学3年) -体験者DATA- 身長:152cm

年齢:21才

減量体重:4.7kg タウンサイズ:ウエスト-1cm

おもな効果:─... 続きを読む

mina版 新・国立病院ダイエットC成功体験談(2)

3食キッチリ食べ、大好きなお菓子はガマン 令子さん(19才・フリーター) -体験者DATA- 身長:158cm

年齢:19才

減量体重:2.2kg タウンサイズ:ウエスト-1cm

おもな効果:─... 続きを読む