子宮頸がんより死亡数が多い卵巣がん-リスク低下には睡眠が大事

日本女性では出産数増加と7時間以上の睡眠でリスクが低下

40代から増加する卵巣がんは、乳がん・子宮がんとともに女性が若いときから気をつけなければならないがん

卵巣がんの罹患数は子宮頸がんとさほど変わらず、死亡数はむしろ多い

 卵巣がんは、かつては欧米の女性に多いがんでしたが、近年は日本でも増加傾向にあります。乳がんや子宮がんほどには話題になることが少ない卵巣がんですが、1年間の罹患数は約9,900人、死亡数は約4,700人と推計されています(国立がん研究センターがん対策情報センター「最新がん統計」2014年更新)。

 子宮頸がんは罹患数約10,700人、死亡数約2,700人ですから、罹患数は子宮頸がんが少し多いだけで、死亡数はむしろ卵巣がんのほうが多いことがわかります。また、卵巣がんは40歳代から増加して50歳代前半にピークがあり、乳がんや子宮がんとともに、若いときから女性が気をつけなければならないがんの一つなのです。

 がんの原因の多くが喫煙や食生活、運動習慣など日常の生活習慣にかかわっていることが、多くの研究から明らかになっています。
 また、卵巣がんの発生率は日本生まれの日本女性よりも米国生まれの日系女性のほうが高いことから、卵巣がん発生への生活習慣の影響が考えられますが、はっきりしたことはわかっていません。
 そこで日本女性を対象に、卵巣がん発生リスクの調査が行われました。

出産数の増加、7時間以上の睡眠で、日本女性の卵巣がんリスクが下がる

 国立がん研究センターが行っている大規模追跡調査「多目的コホート研究」*によって、日本女性の卵巣がん発生リスクへの生活習慣などの影響を調べる調査が行われました。
 その結果、出産数の増加と7時間以上の睡眠が卵巣がんのリスクを下げる可能性があることがわかったのです。

*多目的コホート研究(JPHC研究):数万人以上の特定の集団に対し生活習慣などの調査を行い、その後何年も追跡調査を行うもので、がんだけでなく、脳血管疾患、循環器疾患、糖尿病などさまざまな病気と生活習慣の関係を調査している。

 この研究では、日本各地に住む約46,000人の女性を対象に平均約16年の追跡調査が行われ、86件の新たな上皮性卵巣がんの発生が確認されました。
 調査では、卵巣がんのリスク要因として挙げられた次の項目について、卵巣がん発生との関連が調べられました。

・初潮年齢
・出産数
・初産年齢
・授乳経験
・外因性ホルモン使用
・閉経
・BMI
・喫煙
・飲酒
・余暇の運動習慣
・日常の睡眠時間
・一次血縁者のがん歴

 調査の結果、出産数が1人増えるごとに卵巣がんの発生リスクが低下すること、日常の睡眠時間が7時間以上のグループでは、6時間未満のグループに比べてリスク低下がみられることが示されました。ただし睡眠時間と卵巣がんリスクの関連については、これまで報告されていなかったため今後の検証が必要とされています。

 そのほかの項目については、卵巣がんリスクとの間の統計学的に有意な関係は認められませんでした。「出産歴の有無」や「低い初潮年齢」、「高い初産年齢」、「母乳による授乳経験がないこと」などは、これまで主に欧米で行われた研究で関係が示されていましたが、この調査では確認できませんでした。
 これは、日本女性と欧米女性とで卵巣がんリスクが異なる可能性や、卵巣がんの発生数が少なかったため関連がはっきりしなかった可能性などが考えられています。

アンジェリーナ・ジョリーさんで注目された「遺伝性乳がん・卵巣がん」もリスク要因

 卵巣がんには「遺伝性乳がん・卵巣がん」といって、遺伝的な要因がはっきりしているものがあります。これは、特定の遺伝子に変異があるために、乳がんや卵巣がんの発生率が高いがんで、2013年に米国の有名女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がん予防のための乳房切除手術を受けたことで注目されました(『知っておきたい「遺伝性乳がん・卵巣がん」』参照)。
 この遺伝性乳がん・卵巣がんは、卵巣がんの約10%を占めると言われています。

 また最近の調査によって、卵巣がんの発生リスクは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含む経口避妊薬の使用で低下し、卵胞ホルモンのみのホルモン補充療法では上昇することがわかっています。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

乳がん予防には定期的な運動がカギ-週1の運動でも効果あり

9月の「がん征圧月間」に続いて、10月は乳がん月間です。そして10月13日は体育の日。そこで、「運動と乳がんの発生リスク」について調べた研究報告がありますので紹介しましょう。
女性がかかるがんの中で最も多いのが乳がんです。年齢別では3... 続きを読む

乳がんを予防するには-生活習慣をあらためるだけでも効果アリ

10月は乳がん月間です。国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、2011年に日本で新たに乳がんと診断された女性は約72,500人、生涯で乳がんにかかるリスクは12人に1人と高く、現在日本人女性がかかるがんで最も... 続きを読む

アンジェリーナ・ジョリーのような女性らしいメリハリボディに!

痩せた!太った!がすぐ話題になるハリウッド。 だからこそ、美しくなる方法を一番良く&いち早く知っているはず! 美しいセレブの秘訣をBe Dietロス特派員がリポート! 09 アンジェリーナ・ジョリー ... 続きを読む

子宮頸がんを予防しよう-5つの病気と5年生存率について

子宮がんには、子宮の入り口に発生する「子宮頸がん」と子宮の内膜に発生する「子宮体がん」があります。日本では子宮頸がんが圧倒的に多く、子宮がん全体の約70〜80%を占めています。
一般的に子宮頸がんは40〜50歳代に多く発生しますが、最近で... 続きを読む

台湾生まれの羊の腸ダイエット

羊の腸
台湾で今注目のダイエットをご存知でしょうか?
テレビや雑誌でも特集が組まれている注目の最新ダイエットが「羊の腸ダイエット」です。
このダイエットは羊の腸から作った特別な糸を使用するという、今までのダイエット法とは全く異な... 続きを読む

性格から【将来なりやすい病気】を診断 ネガティブは病気リスクが高い?

遺伝子検査を行えば、将来かかりやすい病気がわかるようになりましたが、遺伝子検査を行わなくても、性格タイプを見れば病気のかかりやすさがわかるという考え方があるのをご存じですか? せっかちで怒りっぽい「タイプA」は心臓病リスクが高い 性... 続きを読む

妊娠しないと上がる子宮筋腫のリスク

「子宮筋腫」ってどんな病気なの
女性なら一度は聞いたことのある婦人科の病気「子宮筋腫」はいったいどのような病気なのでしょうか。


子宮筋腫は、主に子宮筋層内の平滑筋(へいかつきん)成分から発生し、女性ホルモン(エストロゲン)のは... 続きを読む

遺伝性乳がん・卵巣がんにかかる可能性が高い人とは?

日本で乳がんにかかる人は年々増加を続け、現在1年間に約6万人が新たに乳がんと診断されています。また、日本人女性において一生のうちに乳がんにかかる確率は、現時点で15人に1人と言われています。乳がんで亡くなる人も長年増加傾向にありましたが、... 続きを読む

若い女性に増える子宮がん-早期発見には自覚症状が出てからでは遅い?

一般にがんになりやすい年齢は40歳以降といわれますが、子宮がんはむしろ若い世代に多いがんであるため、若い人も油断はできません。子宮がんには、子宮の入り口(頸部)にできる「子宮頸(けい)がん」と、子宮の奥(体部)にできる「子宮体がん」があり... 続きを読む

女性ホルモンの分泌が増えると歯周病になりやすい? 予防法とは

日本人の成人が歯を失う原因の第一位は歯周病です。歯周病というと、中高年男性に多いというイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実は、女性のほうが歯周病の危険がいっぱいです。
最近の研究で、女性ホルモンやホルモンバランスの変動が、歯周病の... 続きを読む