疲労をためない体をつくる part2-つかれない座り方とは

疲労回復ワンポイント・アドバイス

肉体疲労の回復のために、日常的に無理なく続けられる正しい姿勢と軽い運動のワンポイント・アドバイス。

朝には、もやっとした疲労感をすっきり解消しましょう

 朝、起きたときに、なんとなくだるいのは、脳の覚醒レベルが低い状態になっているからです。リズム運動でこうした状態をスッキリさせましょう。

 自分で一定のリズムをつくりながら、腹式呼吸やウォーキングなど特定パターンの運動をくりかえすことがポイントです。朝、目覚めたら、まず、ベッドのなかで腹式呼吸を行い、脳や全身の筋肉に新鮮な酸素を十分に送り届けてあげましょう。さらに出勤時には、自分でリズムをとりながら歩いてみましょう。

[腹式呼吸のやり方]
 おへそのあたりに手を当て、おなかがふくらんだり、へこんだりするのを意識しながら行う呼吸法です。息を吸いこむときにはお腹を膨らませ、吐き出すときにはへこませます。息を吐くときに腹筋を十分に使って完全に吐ききれば、吸うときには自然に空気が入ってきます。「吐く」は10秒、「吸う」は5秒が目安で、これを10〜15回、約3分間続けると、脳の覚醒レベルがぐんと上がるだけでなく、全身に新鮮な酸素が送り込まれます。

昼のオフィスでは正しい姿勢を保ちましょう

 肩こりや腰まわりのだるさは、悪い姿勢が原因になっていることが多いので、正しい姿勢を保つことを心がけましょう。背筋を伸ばした姿勢は、最初は疲れやすくても、習慣になればいかに楽で、疲れにくいことが実感できます。

[デスクワークの正しい姿勢]
 椅子に座るときは、お尻を背もたれに密着させて深く腰かけ、軽くあごを引き、背筋を伸ばしましょう。ひざの位置は、お尻よりもやや低くなるようにし、おなかは引っ込め気味にします。また、20〜30分に1度は立ち上がり、肩を回したり、腰を動かしたりして血行を促進しましょう。

昼の移動時には、腰のまわりの筋肉を使いましょう

 正しい姿勢を維持するための要になっているのは、骨盤周辺にある深部の筋肉です。この筋肉をしっかり働かせる習慣が身につくと、正しい姿勢が維持でき、疲れにくくなります。そのためには、日ごろからよく歩くことが大切です。また、階段を昇るのも、太ももを持ち上げる動作が骨盤周辺の筋肉を働かせるため、かなり効果的です。

[少し大股でウォーキング]
 ウォーキングは全身の血行を促進します。速く歩く必要はないので、ゆっくりと歩きましょう。ふだんよりもやや歩幅を広めに(靴のサイズ1足分)とると、骨盤周辺の筋肉がより多く使われ、姿勢の矯正にプラスに作用します。

夜には入浴と軽い体操で体をいたわりましょう

 入浴は、全身の血行をよくすることで、疲労回復をもたらしてくれます。また、体温を上げることで、体内のストレスが緩和されることが最近の研究で明らかになっています。

[腰の重みをとる体操]
 あお向けに寝て、ひざを立てた状態から両膝をつけたまま、背中を床から離さないようにし、ゆったりとひざを片側に倒していきます。息を吐きながら、腰が気持ちよく伸びるところまで倒します。左右各3〜5回が目安ですが、腰に痛みを感じる側は、行わないようにしてください。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
石井直方氏


東京大学大学院身体運動科学研究室教授

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

【 簡単お風呂ヨガpart2】背中にアプローチして腰上肉を撃退!

寒い季節の到来ですね。前回とっても好評でした「お風呂ヨガ」!こんな時期はお風呂でゆっくり温まりましょう。お湯に浸かり体も温まっているので、柔軟性も高まりやすく脂肪も燃焼しやすくなっています。また、浮力で体を軽くしてくれるので、難しいポー... 続きを読む

美しい歩き方で美人度UP-キレイな歩き方のコツと歩幅の決め方

私達は、日頃何気なく「歩いて」います。でも、同じ「歩く」という動作をしていても、ステキに見える人とそうでない人がいます。ステキに歩けば、当然周囲の人も美しく歩いている人は、印象に残ります。では、歩いていて「ステキだなぁ」と思われる人とそう... 続きを読む

顔ケアの要は、首リンパの流れにあり!

寝不足や疲れで出るむくみ・くすみが即効で解消! 顔ケアの要は、首リンパの流れにあり!! カイロプラクター●勝田小百合 先生 首は健康・美容の要! 首ケアに命をかける いまから1... 続きを読む

年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. 年末年始でダイエットのリズムが緩む1月。ダイエット一時休止してもいいですか? A. NO.……お正月についた脂肪はすぐ落とせる!
今すぐ気持ちを切り替えて ... 続きを読む

好みのメロディーで息を吐くだけ!呼吸ダイエット


日常ではあまり意識しないで行っている呼吸。その呼吸の仕方を少しだけ変えて、体にたまった脂肪を燃焼させるのが「呼吸ダイエット」です。食事制限も必要なければ、運動が苦手という人でもOK。さらにダイエット... 続きを読む

腹式呼吸で腹筋を鍛えれば、お腹痩せが出来る

お腹痩せ
お腹がぽっこり出る原因は、腹筋やその近辺のインナーマッスルが不足しているからです。この気になるお腹を普段からへこましているとお腹痩せが可能になります。お腹全体に走っている一番奥にある筋肉を腹横筋といいますが、この筋肉の収縮を人... 続きを読む

あなたの筋力は大丈夫? 脚の筋力とバランス力を簡単チェック

仕事はデスクワークで運動習慣なし、階段よりもエレベーターやエスカレーターという人、多いのではないでしょうか。でもこんな生活を送っていると、脚力(脚の筋力)が低下して、ちょっとしたことで転びやすくなったり、転んだときの反応も鈍くなって危険な... 続きを読む

良い姿勢とるだけダイエットで時間を使わず痩せ

良い姿勢とるだけ
良い姿勢とるだけダイエットとは、まっすぐに背筋を伸ばして、正しい姿勢を取ることで、結果的に腰回りの筋肉などを鍛えることが出来て、ダイエットにつながるという、時間も手間もかからずに誰でも簡単にできるダイエットです。
猫... 続きを読む

姿勢ダイエット・その2

前回のあらすじ
ダイエットにそもそも必要なのは「やる気」です。気分を上向きに変えることがどれほどダイエットに重要であるかは、ダイエットアドバイザーがみな口をそろえて言うことです。
そして前回は、姿勢を正して歩... 続きを読む

姿勢ダイエット・その1

特別ゲストに中村利恵さん!
今週は素敵なゲストをお招きしています。元日立の全日本選抜女子バレー選手で、パリコレなどにも出演し、現在もモデルやウォーキングの講師として活躍なさっている中村利恵さんです。のちほど姿勢の... 続きを読む