市販のかぜ薬の選び方と3つの注意点-症状や効果に合ってる?

1500を超えるかぜ薬の上手な選び方から服用の注意点まで

かぜのつらい症状を緩和させるために、上手に使いたいかぜ薬。購入するときに役に立つかぜ薬の基礎知識。

どんな症状で、どんな効果を期待するかを見極めて選ぼう

 かぜ薬は種類が多いわりには、うまく使い分けされていません。購入の際には、どれを選んだらよいかわからないままに、商品名や値段だけで選んでいる人が多いようです。自分のいまの状態にとって最も必要なことは何か、症状に対し期待したい効果は何か、これらを見極めたうえで薬を選ぶことが大切です。

 ひと口にかぜ薬といっても、解熱、鎮痛、鼻水、鼻づまり、咳・痰など各症状に効く成分は異なります。これらすべてに効く成分を含んだかぜ薬が「総合感冒薬」と呼ばれるものです。また、症状ごとに有効な成分を強めて差別化を図った「感冒薬」もあります。

 一般的に私たちは、“大は小を兼ねる”という発想で総合感冒薬を選びがちです。薬の安全な用い方という点から、特定の症状に対応した必要最低限の薬は積極的な服用をお勧めしますが、必要のない成分については服用しないほうがよいでしょう。

咳ひとつでも原因は多様! 購入の際には薬剤師に相談を

 かぜ薬を服用する際に注意したいのが、薬ののみ合わせです。違う種類のかぜ薬を同時にのむと、特定の成分を過剰に摂取してしまう場合があります。たとえば、咳・痰に効く薬と、鼻水、鼻づまりに効く薬には、同じ成分が含まれているので、咳止め薬だけを服用すれば、鼻水・鼻づまりにも効果が得られます。しかし、水っぽい鼻が大量に出る場合は、鼻水がのどに流れ出ることによって咳を引き起こしていることも多く、その場合は、鼻水・鼻づまりの薬が効果的です。

 このように鼻水という症状ひとつにも個人差があります。しかも、鼻水に効果のある抗ヒスタミン剤は、鼻水は止めるものの、緑内障や前立腺肥大の人には望ましくない副作用を引き起こす可能性があります。このように市販薬はすべての人に万能ではないのです。

 こうした点から、かぜ薬を購入する際には、薬剤師に自分の体調や症状、持病や体質などを伝えて、最適な薬を選んでもらうのが望ましいでしょう。

4~5日服用してもよくならない場合は受診を

 さらに、かぜ薬を用いる際の注意点として、以下の3点があげられます。

(1)子どもには子ども用のかぜ薬を
 大人用の市販薬には、アスピリンなどウイルス性疾患の子どもが服用を禁止されている成分を含むものがあります。点鼻薬も、子どもの場合、鼻の粘膜から成分を吸収しやすく、意識障害を起こす可能性があります。子どもには子ども用を服用させることが大切です。

(2)西洋薬と漢方薬を一緒に服用しない
 違う製法でつくられていても、含まれている成分が同じこともあるため、特定の成分を過剰にとってしまう可能性があります。

(3)添付の注意書をよく読む
 自分ののむ薬について正しく理解し、正しい量を服用するため、また、副作用を防ぐ意味からも重要です。

 かぜ薬は、かぜにともなう症状を抑えるだけで、かぜを根本的に治すわけではありません。かぜをひいたら安静にして休むこと。これが最高の対策です。市販のかぜ薬を4〜5日のんでもよくならない場合は、ほかの病気の疑いや二次感染の可能性もありますから、受診が必要です。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
堀美智子氏


医薬情報研究所(株)エス・アイ・シー医薬情報部門責任者、薬剤師

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

市販薬でも要注意!かぜ薬や解熱剤の副作用で重症化のキケン

薬局などで売られている市販薬(一般医薬品)は誰でも手軽に買えるため、「用量・用法さえ正しければ大丈夫」だと考えられています。しかし、市販薬であっても重篤な副作用の危険があることを知っていますか? 消費者庁では、4月8日に市販薬の副作用... 続きを読む

市販薬解禁!ロキソニンの現状は?

ロキソニンとは?

体内で炎症・痛みの原因となるプロスタグランジンの生成に関与する酵素シクロオキシゲナーゼを阻害することで,解熱・鎮痛・抗炎症作用を示す薬です。
ロキソニンの詳細- goo ヘルスケア

ロキソニンは。解熱鎮痛剤... 続きを読む

赤ちゃんを欲しい人が妊娠の前にしておくべき7つのこと

春は出会いの季節です。幸せな出会いの先には、妊娠や出産、結婚があるかもしれません。結婚式については詳しく調べていても、妊娠や出産については、何も調べないまま、知らないまま妊娠する人がたくさんいます。
病院で妊娠した女性を診察したときに、... 続きを読む

おからの使い分けテクニック

生の場合 料理のボリュームUP 火を通す通さないに関わらず、料理に加えるだけでボリュームアップ!多少カロリーがプラスされるだけで、量は約倍になります。 ジュワットロッの食感に仕上げる... 続きを読む

もっと脚に自信を持ちたい! 足裏の3点を意識すれば美脚に

足の親指の付け根の下の母趾球、小指の付け根の下の小趾球、カカトの3点を意識して歩くことが美脚への近道 足裏には身体のバランスを整えるセンサーがある o脚やx脚、脚が太いなど、脚に自信がない人は、脚より「足」に問題があるのかもしれない... 続きを読む

効能がひとめでわかる薬味INDEX

<性質について>薬膳では、からだを温めるか・冷やすかで食べ物の性質を5つに分類しています。 この5性に属する食べ物をバランスよく食べていくことが、健康な食生活の基本。 「寒」からだを強く冷やす作用... 続きを読む

スクワットは史上最高のエクササイズ!

スクワット
スクワットは、身体中の上から下に至るあらゆる筋肉を使うことの出来るエクササイズです。トレーニングという観念で見ても非常に有効的なトレーニングであることも特徴です。腹筋や背筋を鍛えるためのトレーニングも有名ですが、スクワットの... 続きを読む

妊娠が分かる前に飲んだ薬の影響は? 飲んでも大丈夫な薬はある?

妊娠していると気付かずに、薬を服用してしまい、心配になる人も多くいます。妊娠中の薬の服用は慎重に行いたいものですが、実は多くの薬が心配のないもの。特に注意したい期間や、薬の種類をご紹介します。 妊娠4〜7週は特に注意
「絶対過敏期」 妊娠... 続きを読む

お酢のダイエット効果-冷え性・便秘・高血圧に-上手な使分け方

疲れがたまっていたり、夏の暑さで食欲が低下すると酸っぱいものが食べたくなる…そんな方も多いのではないでしょうか。これは、無意識のうちに、体が酢のパワーを求めているとも考えられます。酢の主な成分は酢酸やアミノ酸。その中でも、最も大きなはたら... 続きを読む

花粉症の完治する?「舌下減感作療法」は本当に効果があるのか?

花粉症の人には憂うつなシーズンになりました。気象情報会社の発表では、昨年夏の日照時間が全国的に少なかったことから、北海道以外のエリアでは今シーズンのスギ花粉の飛散量は昨シーズンの半分以下と予想しています。ただし、飛散開始の時期は早まり、東... 続きを読む