お酒は飲むほど強くなる? ちゃんぽんは悪酔いするって本当?

チャンポンで飲むと悪酔いしやすいってホント?

お酒を飲む機会の多いこの時期に、巷で聞くお酒に関する常識はウソかホントかを専門家の眼で検証。

アルコールは飲めば飲むほど強くなる?

 アルコールを常飲することによって、アルコールに強くなるのはホントです。

 その理由のひとつは肝臓でのアルコールの処理量が増加することがあげられます。平均的な大人では、1時間に純アルコール7g(※アルコール1単位=純アルコール20g=日本酒で1合に相当)が代謝されますが、常時アルコールを飲み続けると、10gが代謝できるようになります。

 もうひとつは、脳の神経細胞膜に変化がおこって、アルコールに対する感受性が鈍くなり、酔いにくくなると考えられています。ただし、詳しいことはまだ解明されていません。

 ところで、アルコールは2割が胃で吸収され、残りの大部分が小腸で吸収されて血液中にとり込まれます。何も食べずに空腹の状態でアルコールを飲むと、すみやかに小腸に移行するため、小腸での吸収が早くなり、その結果、酔いやすくなります。

 血中アルコール濃度の高い状態をくり返すことは、アルコール依存症になる要因のひとつです。悪酔いを防ぐためにも、食べながらゆっくり飲むようにしたいものです。

日本人は欧米人に比べてアルコールに弱い?

 血液中のアルコールは肝臓のアルコール脱水素酵素によって、悪酔いの原因物質であるアセトアルデヒドという中間代謝物質に分解されます。この酵素の働き方によって酔いの早さが決まってきます。欧米人に比べて日本人のほうが、この酵素が活発に働くため、早く酔ってしまうのです。

 さらに、欧米人と日本人とでは、二日酔いの原因にもなるアセトアルデヒドを体外に排泄するスピードが違います。アセトアルデヒド脱水素酵素が活発に働くと、酔いから醒めるのも早くなります。しかし残念ながら、日本人のアセトアルデヒド脱水素酵素の働きは非常に悪く、そのため、欧米人に比べて日本人はアルコールに酔いやすく、顔が赤くなり、悪酔いしやすいのです。

 このように、日本人のお酒の弱さは民族的な“特性”であり、それゆえに良くも悪くもお酒に寛容な文化が育ったともいえます。

チャンポンで飲むと悪酔いしやすい?

 さまざまな体重の人に同量のビール、ワイン、ウイスキーを、(1)空腹時(2)食事と一緒に(3)食事の1時間後に飲んでもらい、血中アルコール濃度を比較した実験で、(1)ではウイスキーが、(2)と(3)ではビールが高いという結果になりました。

 この結果から、空腹時はアルコール度数の高いお酒が、食事中や食後はアルコール度数の低いお酒が吸収されやすいことが推測できます。しかし、通常の飲酒状態で異なる種類のお酒を飲ませる実験では、血中アルコール濃度の上昇率や最高濃度に差はみられませんでした。

 このことから、いろいろな種類のお酒をチャンポンで飲むことが悪酔いにつながるとは考えられません。チャンポンによってお酒の味が変わることから、つい飲み過ぎてしまうことによるものだと考えられています。

迎え酒は二日酔いに効く?

 迎え酒はアルコール依存症に発展するリスクが高く、アルコール依存症の診断基準にもなっている厳禁事項です。

 もし迎え酒で気分がよくなるとしたら、すでにアルコールに対する身体的な依存傾向があると考えられます。

 また、果物やハチミツなどの果糖がアルコール濃度を下げるとか、お茶や柿に含まれるカテキンやビタミンCがアルコールの分解を早めるなど、よく二日酔い対策としていわれていることは俗説にすぎません。

 二日酔いのための治療はないため、静かに嵐の過ぎ去るのを待つしかありません。ただ、頭痛にはカフェインの入ったコーヒーが効果的で、酔い醒めの水も多少は気分改善に役立つでしょう。それより飲み過ぎないことを心がけ、12時前には就寝することが大切です。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
高木 敏氏


新町クリニック健康管理センター所長/医学博士

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

やせる三要素:アルコールを抑えてやせる

アルコールのカロリーはどれも大差ナシ。おつまみも高カロリーのものが多いので、ダイエット中の飲酒はなるべく控えめに
ビールや日本酒は糖質が含まれているから、ダイエット中はダメ。でも、糖質の含まれ... 続きを読む

1日に飲んで良いアルコールの量-飲みすぎ・食べすぎを防ぐコツ

12月から1月にかけて、パーティーや忘年会、新年会など、お酒を飲む機会が続きます。飛ぶように出ていく財布の中身も気になりますが、飲みすぎによる二日酔い、肝臓へのダメージ、エネルギーのとりすぎによる太りすぎにも注意が必要です。
意外にこう... 続きを読む

二日酔いを防ぐお酒の飲み方-シーフードを一緒に食べるといい?

忘年会やクリスマス、お正月や新年会と、年末年始はお酒を飲む機会が多くなる季節です。一年の感謝や新年の希望を願いながら親しい人と飲むお酒は心も和み、リラックス効果も期待できます。ただ、お酒の飲みすぎは肝臓に負担をかけ、翌日は二日酔いで苦しむ... 続きを読む

1杯で200kcalだよ、アルコール

アルコールの量は200kcal以内が理想的
ダイエット中のアルコール量は、ビールなら中びん1本、日本酒は約1合、ウイスキーの場合はダブルで1杯をリミットと考えるのが、もっとも理想的です。カロリーでいうとだいたい2... 続きを読む

性感染症の症状-クラミジア・淋病・性器ヘルペス・尖圭コンジローマ・エイズ

性感染症は90年代以降急速に広まり、とくに若い世代では、誰もが感染する可能性のある身近な病気になっています。しかし、多くの人は性感染症についてあまりよく知りません。どんな症状が現れる病気なのかを知っていれば、感染したときに気づくことができ... 続きを読む

ノンアルなのにビール味なのはなぜ?「アルコール風味」の謎に迫る!

暑い夏、ぐいっと飲む一杯のビールは最高!
とはいえ、自動車の運転をする人、健康上の理由でアルコールの摂取を禁止されている人も少なくありません。前日に飲みすぎだから今日はアルコールを控えておこうという日だってあるでしょう。飲みたいけど飲め... 続きを読む

お酒も飲んでいいんです

“お酒NG”は迷信!
うまくお酒と付き合おう♪ 『ダイエットにお酒はNG!』、これは“ダイエットの常識”として、お医者さんやダイエットの専門家をはじめ、世のダイエッターのほとんどが信じていることと思います。 しか... 続きを読む

日本人がもともととってきた食歴

第1回
ダイエットへの第1歩はサプリメントの摂り方を知ること! 「何となくよくなったのはわかるけれど、何がよくなったのかよくわからない……」。 サプリメントを試したことのある人の大半はこんな感想を... 続きを読む

お酒を飲んだ後ラーメンが食べたくなるのはなぜ?お酒の基礎知識

アルコールを摂取したあと、一時的に低血糖の状態に陥ることがあります。原因としては、次の2つが考えられます。
1つめは、料理を食べずにお酒ばかり飲んでいると、糖をつくり出す機能がアルコールによって妨げられ、「空腹時低血糖」がおこるため。... 続きを読む

体をこわさないお酒の飲み方とおつまみ選び-健康的な飲み方5つのコツ

「酒は百薬の長」といわれるように、昔から適量の飲酒が健康によいことは知られています。なによりお酒を飲むと楽しい気分になって、コミュニケーションが進んだり、ストレスが解消されるなどプラス面がたくさんありますが、これはあくまで適量を守ったとき... 続きを読む