自覚しづらいアルコール依存症-コントロールできなくなる飲酒量

お酒の量、自分でコントロールできていますか?

お酒の量がコントロールできなくなるアルコール依存症。
その特徴を知って、自己確認をしてみましょう。

飲酒の量を自分でコントロールできなければ要注意

 アルコール依存症は、生物的・心理的・社会的要因などが関与する複雑な病気ですが、具体的には、自分で飲酒の量をコントロールできないことが特徴としてあげられます。

 たとえば、少しだけ飲むつもりがついつい飲み過ぎてしまったり、仕事や人づきあいのお酒がつい度を過ぎてしまいます。また肝機能障害を指摘されアルコールを控えるように医師に指示されても節酒を止められないなど、過度の飲酒行動が日常的に続くようになります。またお酒を断つと禁断症状が強くでてくるので、さらに飲み続けるという悪循環に陥るのです。

本人がアルコール依存を認めないのも特徴

 アルコール依存症は“否認の病”とよばれています。家族や知人などから飲酒について指摘されると、不機嫌になったり、「いつでも止められるから大丈夫」と開き直ったり、「自分はそれほど飲んでいない」と否定したり、よほどのことがないかぎり本人はアルコール依存を認めようとしません。

 このような症状に心当たりがある方は「アルコール依存症」または「予備軍」の可能性が高いといえます。

飲酒に走る要因に目を向ける

 自分でコントロールが効かなくなるアルコール依存症を治療するには、もちろん周囲のサポートも大切になりますが、注意しなくてはいけないのが、過ぎた飲酒を止めさせようとする周囲からの働きかけが逆効果になることです。このような周囲との軋轢そのものも、依存症に拍車をかけるひとつとして考えた方がよいでしょう。

 むしろ大切なのは、飲酒行動自体を止めさせることではなく、飲酒に走らせている要因に本人が目を向ける機会を与えてあげることです。

アルコール依存の治療は長い目で見ることが大切

 アルコール依存症の方は、自分のお酒の飲み方が“病的”であるとうすうす気がついており、自分で飲酒行動をコントロールできないことに罪悪感をもっています。しかし、お酒以外の方法でストレスに対処する術をもっていないため、手軽な対処法=すなわち飲酒でストレスをまぎらわせてしまうのです。

 結局、何らかのきっかけで、本人が止められない飲酒行動に気づき「こんなことを続けるのはもう止めよう」と自覚できて初めて、治療や周囲の力が功を奏してくるようになります。

 具体的には、アルコール依存症について書かれた本などを読んで知識を深めたり、周囲も専門の治療機関やサポート機関の情報を集めるなどしてサポートしてあげましょう。依存症という病気なので、治療には時間が必要ですが、本人と周囲が協力し合い、あせらずじっくり向き合って行くことが大切です。

(「へるすあっぷ 21」、法研より)

【取材協力】
伊藤 絵美氏


洗足ストレススコーピング・サポートオフィス所長

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

お酒も飲んでいいんです

“お酒NG”は迷信!
うまくお酒と付き合おう♪ 『ダイエットにお酒はNG!』、これは“ダイエットの常識”として、お医者さんやダイエットの専門家をはじめ、世のダイエッターのほとんどが信じていることと思います。 しか... 続きを読む

やせる三要素:アルコールを抑えてやせる

アルコールのカロリーはどれも大差ナシ。おつまみも高カロリーのものが多いので、ダイエット中の飲酒はなるべく控えめに
ビールや日本酒は糖質が含まれているから、ダイエット中はダメ。でも、糖質の含まれ... 続きを読む

アルコール依存症とは? お酒との上手なつきあいかた

お正月に新年会。年末から年始にかけては、1年間のうちでも最も飲酒の機会が増える時期かと思います。日頃ストレスフルな社会で戦っている現代人にとっては、お楽しみの時期かもしれませんね。飲酒をすると、アルコールによる中枢神経の麻痺作用により、大脳... 続きを読む

わかっちゃいるけどやめられない第5位・お酒で失敗しちゃった

7ヵ月もダイエットして9kg減もお歳暮のお酒で水の泡に…… 愛知県
Nさんがお酒で失敗しちゃったとき
7カ月もかけて9Kgのダイエットに成功していた時。めったに手に入らない珍しい... 続きを読む

出産育児一時金とは? 産科医療補償制度・直接支払制度も確認して


出産には思いがけず多額の費用がかかります。正常な出産は病気ではないため、公的医療保険が適用されず、全額自己負担となるためです。初めて出産される方は、かなりの出費に驚かれるかもしれません。
それでは、出産にはどれくらいのお金がかかるの... 続きを読む

血液サラサラ度を10個の質問でチェック!改善のポイントは?

血液のサラサラ度は、日々の生活と密接なかかわりがあります。まず、下に掲げた「あなたの血液サラサラ度チェック」表に答えて、あなたの血液のサラサラ度を調べてみましよう。
ただ、血液のサラサラ度、ドロドロ度は、通常の血液検査ではわかりません... 続きを読む

二日酔いを防ぐお酒の飲み方-シーフードを一緒に食べるといい?

忘年会やクリスマス、お正月や新年会と、年末年始はお酒を飲む機会が多くなる季節です。一年の感謝や新年の希望を願いながら親しい人と飲むお酒は心も和み、リラックス効果も期待できます。ただ、お酒の飲みすぎは肝臓に負担をかけ、翌日は二日酔いで苦しむ... 続きを読む

「量」より「時間」!「いつ食べるか」を考えて健康的にダイエット!

ダイエットで最近注目されているのは、「時間栄養学」という考え方。ダイエットというと「何を、どれくらい食べるか」という点に注目されがちですが、「いつ、何をたべるか」を重視する体内時計の働きに基づいた方法です。 ただ痩せればいいという不健... 続きを読む

どう違う?コットンとオーガニックコットンの具体的な違いとは

日々のスキンケアの中で、コットンを使うというタイミングがどこかしらであるはずでしょう。 そんな時、コットンとオーガニックコットンというものがありますが、一体何が違うのでしょうか?どちらも一見同じ風合いをしていますが、オーガニックと名の付... 続きを読む

お酒を飲んだ後ラーメンが食べたくなるのはなぜ?お酒の基礎知識

アルコールを摂取したあと、一時的に低血糖の状態に陥ることがあります。原因としては、次の2つが考えられます。
1つめは、料理を食べずにお酒ばかり飲んでいると、糖をつくり出す機能がアルコールによって妨げられ、「空腹時低血糖」がおこるため。... 続きを読む