家選びのときに気をつけたい-シックハウス症候群にご注意!

アレルギーをおこす暮らしの中に潜む化学物質を要チェック!

シックハウス症候群をおこす化学物質は家具や殺虫剤などからも出ています。住まいをチェックしてみましょう。

アレルギーをおこす化学物質

 住宅の高断熱・高気密化がすすむにつれて、そこからおきる健康障害が問題となるようになりました。建材や家具に使われる化学物質によって、アレルギーや吐き気、めまいなどがおこる、いわゆる「シックハウス症候群」です。住まいの中にどんな化学物質が存在するか、あらかじめ知っておき、事前に自分の身をガードしたいものですね。 では、住宅建材や家具などに使われている化学物質のうち、代表的なものをあげてみましょう。

・ホルムアルデヒド
シックハウス症候群をひきおこす、代表的な化学物質。防虫効果があることから、合板やパーティクルボードの接着剤などに広く使われている。強い毒性があり、皮膚アレルギーをおこし、発ガン性もある。目やのどの痛み、吐き気、呼吸困難などの症状が出る。

・トルエン
接着剤や木材の保存材などに使われる。シンナーの主成分で吐き気や倦怠感のほか、知覚異常もおこす。

・キシレン
用途はトルエンと同じだが、ガソリンのような臭いがする。おこす症状もトルエンと同じ。

・エチルベンゼン
接着剤の溶剤として使われる。濃度が高い場合、粘膜への刺激が強く、めまいのほか、意識低下などをおこす。

・フタル酸ジエチルヘキシル
壁紙や床材などさまざまな製品の加工に使われている。吐き気やめまいのほか、長く接触していると皮膚に炎症をおこすことも。

 これらの物質を避けることができればベストですが、現在の住環境では、なかなかむずかしいもの。そこで、賃貸物件を借りる際など、物件に案内してもらったときに、刺激臭のあるところを避けたり、新築住居の場合は意識的に換気扇をひんぱんにまわす、化学物質を多様していそうな家具は買わない、などに配慮して、積極的にアレルギーから身を守りたいものです。

芳香剤など生活用品にもご注意!

 室内の家具を汚染するのは、建材や家具ばかりではありません。意外なところでは、防虫剤や芳香剤などにもこれらの化学物質が使われています。

 たとえば衣類の防虫剤や、トイレの芳香剤に使われているパラジクロロベンゼンは、目やのどの痛み、吐き気、呼吸困難などをおこします。

 化学物質を避けるためには、殺虫剤や防虫剤などを家に持ち込まないのが一番ですが、買うときには、揮発性成分の有無を確認してからにしましょう。

 また、シックハウス症候群の原因は、すべて解明されたわけではありません。これらの化学物質を避けるだけではなく、天然素材を使った家具を選んだり、窓を開けてまめに換気をするなど、日頃からナチュラルな生活習慣を心がけるといいでしょう。

(「へるすあっぷ21」、法研より)

【取材協力】
後藤 坂氏


アトピッコハウス株式会社代表取締役

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

シックハウス症候群

近年問題となってきた、「シックハウス」。まだ未解明な点もありますが、少しずつ予防法や対策がわかってきました。 「シックハウスは日本で作られた和製英語です。その由来は、1970年代に欧米で問題となった『シックビルディング症候群』。オイルショ... 続きを読む

シックハウス症候群の症状と対策

シックハウス症候群って何

室内の微量な汚染化学物質に敏感に反応して、集中力の低下、不眠、視力障害、だるさ、頭痛、関節痛など様々な症状があらわれること。建築材料や家具などから発散されるホルムアルデヒドやトルエンなどの有機溶剤、衣類や絨... 続きを読む

漆喰塗料

「天然の空気清浄機」といわれるほど調湿性に優れ、防火性も高いことから、日本で広く使われてきた“漆喰”。 「昔から漆喰は、日本家屋の土壁の上に塗る仕上げ材として使われていました。お城や土蔵、寺社などの白い壁が漆喰です。有名な高松塚古墳の... 続きを読む

災害時への備えに必要なもの-帰宅困難や避難所生活への備えとは

昨年の3.11以降で人々を大きく驚かせたのは、東京大学地震研究所による首都直下型地震の警告ではないでしょうか。何しろ「4年以内にマグニチュード7クラスの発生確率が70%」というのですから……。
これがもし「4年後に」というのでしたら、... 続きを読む

老後の高齢期の生活はどうなる? 健康状態によって変わる環境


住まいは人の暮らしの器、暮らしの基本です。高齢期はライフスタイルや心身の状況を考えながら自分らしく暮らせる生活の場を選ぶことが必要になります。自宅にそのまま、あるいはリフォームして住み続ける、高齢者向けの賃貸住宅やマンションに住み替える... 続きを読む

高齢者の暮らしを支える「地域包括ケア」とは-重要な5つの要素

現在わが国は高齢化率約25%、4人に1人が高齢者です。総人口がゆるやかに減少するなか、高齢者人口は増え続け、ますます高齢化が進んで約40年後の2055年には高齢化率約40%、2.5人に1人が高齢者になると推計されています(「平成25年版高... 続きを読む

腕に疲れを感じたら…腕がだるいときにためしたい簡単ストレッチ

荷物を持ったり物をつかんだりするのに重要な働きをする腕の筋肉は、仕事や家事、スポーツなど日常生活のさまざまな場面で頻繁に使われます。そのため、1日の終わりには腕がだるくなったり痛くなるという人も多いのではないでしょうか。
腕の筋肉のな... 続きを読む

身近な生活用品を使ったトレーニング

身近な生活用品を使って、全身の引き締めを目指しましょう! 身近な生活用品を使ったトレーニングのポイント、注意点 ・ 各動作は反動をつけずに大きく動かすよう心がけましょう。 ・ 動作中には呼吸... 続きを読む

高齢期の住宅リフォーム失敗しないための7つのポイント

住まいは暮らしの拠点です。高齢になったからこそ住み慣れた地域に、愛着のある自宅に、長く安心して住み続けたいと願う人は多いでしょう。ところが、加齢により身体機能が低下したり介護が必要となると、住み慣れた住まいにも不便や危険が生じることをご存... 続きを読む

これが効く!食品ベスト10【もっと知りたい!機能性表示食品】

私たちが普段からよく食べている中でも、特に「からだにいい」効果が期待できる食品はどれ?全国の30〜50代の女性1000人が食べて飲んで実感した健康効果と、“もっと効く”摂り方をご紹介します。 ☆1位【ヨーグルト】
389人が試して... 続きを読む