ふとんのカビ・ダニ対策-掃除機を活用すれば花粉も除去できる

汗を吸い込んだふとんは、カビやダニの温床になっています!

寝具のカビやダニによってアレルギーになることも。清潔に保つ手入れのしかたを知っておきましょう。

ふとんには、カビやダニの栄養がたっぷり!

 忙しい毎日を送っていると、ふとん干しなどの手入れが、つい後回しになってしまいがち。
 でも、気をつけて! 日ごろ使用しているふとんには、室内を漂うほこりやカビの胞子、ダニ・ダニのフン、花粉などのハウスダストが付着しています。これらはアレルギーを誘発し、気管支喘息やアトピー性皮膚炎を発症させたり、悪化させたりします。

 しかも、私達が睡眠中にかく汗は約200ccともいわれますが、汗は寝具に吸収されて、カビやダニの好む環境を作ります。さらに人の体からはがれ落ちる皮膚、フケなども、カビやダニの絶好の栄養分に! 寝具を清潔に保つことは、健康な毎日をおくるためには、重要なポイントなのです。

ダニ・カビ対策にはそうじ機を活用!

 では、カビやダニをシャットアウトするには、どうしたらいいのでしょうか。
 最近では、ふとんにダニを出入りさせないように、繊維の目を細かくしたふとんカバーや、静電気をおさえてほこりがたまらないよう加工したテトロンを用いたふとんが市販されています。アレルギーで悩んでいる人は、こうしたものを活用するのもひとつの手ですが、基本はふとんや枕などの寝具にかけたカバーをこまめに洗うことと寝具を天日に干すことです。

 寝具は人体から出る水分で約80%の湿度を持つこともありますが、天日に干すと、40~50%に下げることができます。晴れた日の午前10時以降に寝具を干し、午後3時くらいまでに取り込むようにします。また、干すだけでなく、ふとんをたたいてほこりを出すといいでしょう。
 ただし、ダニは天日干しだけでは完全に死滅しません。ふとんを取り込む際は、寝具に掃除機をていねいにかけるようにしましょう。掃除機をかけると、ダニ、カビだけでなく、花粉なども除去できます。

 寝具を天日干しできない人は、乾燥機を使っても効果がありますが、乾燥後にやはり掃除機をかけましょう。さらに、定期的にクリーニングに出してふとんの丸洗いをしてもらったり、あるいはふとん綿を打ち直してもらうといったことも効果的です。

収納のし方にもひと工夫を

 寝具を洗ったり、天日干しにすること以外に注意していただきたいことがあります。それは寝具の収納のし方です。
 押し入れは、低温多湿で結露しやすい場所。北向きの部屋の押し入れにふとんを長く入れる、ビニールの袋に入れて収納する、などは避けましょう。
 また収納するときは、なるべく詰め込みすぎないことが重要です。そして、夏にも冬用のふとんを取り出して乾燥させるなど、ダニやカビの繁殖をおさえる工夫をしましょう。たまに押し入れの扉を開けて、除湿器の乾いた風を送り込むのも、内部の湿度を下げるうえで効果的です。

 使用している寝具が原因でアレルギーに……そんなことが起こっては、リラックスするはずの睡眠タイムが台なし! ふとんに掃除機をかけるのは、初めは抵抗があるかもしれませんが、ダニ、カビとりには有効な手段。ふとん干しのときには、習慣にしたいものですね。

【取材協力】
正木 拓朗氏


マサキ小児科アレルギー科院長・医学博士
昭和50年東京慈恵会医科大学卒業、同小児科教室に入局し、小児アレルギーの診療と研究を行う。平成10年1月より東京都練馬区でマサキ小児科アレルギー科を開業し現在に至る。日本アレルギー学会専門医、日本小児科学会小児科専門医、日本小児保健協会編纂委員

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

掃除機をかけながら 掃除機ひざ揺らし [1グループ・軽い全身運動]

●1分間の消費カロリー:4.5kcal ●1度に行う目安:1秒に2回のペースで30秒×2回 ●ながらチャンス度:★★ 毎日の掃除機がけに「うんざり」というときは、まずは1分間、ダ... 続きを読む

ジメジメムシムシ。心にもカビが生えてきそうでイライラ。この時期はダイエットに向いてないの?

ココロIQを高める!~今回の解説~ Q. ジメジメムシムシ。心にもカビが生えてきそうでイライラ。この時期はダイエットに向いてないの? A. YES&NO……梅雨時のイライラは、環境ストレスが陰の犯人。... 続きを読む

家の中のカビ菌は水回りだけではない? エアコンのカビが肺炎を招く?

じめじめして蒸し暑い梅雨どき、高温多湿を好むカビにとって家の中は絶好の環境となります。カビは微生物の一種できのこや酵母など真菌類の仲間。しょうゆやみそ、酒をつくるうえで欠かせない有用なカビから、健康被害をもたらすものまで、さまざまな種類が... 続きを読む

小鼻の横のツボ【天迎香】を押すと花粉症やアレルギーが治る?

花粉症だけでなく難病まで改善するツボ 萩原カイロプラクティック院長の萩原秀紀先生が偶然見つけたツボ「天迎香(てんげいこう)」。花粉症などのアレルギー症状に効き、さらに難病まで改善するなど、その効果は発見した萩原先生も驚くほどだそう。 ... 続きを読む

大掃除に役立つとっておきの掃除方法-家の中の場所別・掃除の仕方

年の瀬も押し迫ってきました。そろそろ一年の汚れを落とす、大掃除のシーズンです。
「面倒くさいなぁ…」と思っている人もいるでしょうが、大掃除は新年に年神さまをお迎えするうえで欠かせないもの。また、かけがえのない健康を守るうえでも、大掃除は... 続きを読む

大掃除は梅雨入り前がベスト? 浴室、寝室、クローゼットのカビ対策

風薫る5月、深緑の戸外が気持ちいい季節ですが、今度の週末は家の大掃除というのはいかがでしょうか。日本では暮れの大掃除が年末行事のようになっていますが、欧米では春から初夏にかけて大掃除をするのが一般的だとか。
気温が低い冬は窓を開けて換... 続きを読む

アイメイクの放置で「まつ毛ダニ」が寄生!? 目元ケアの新習慣

マスカラやアイラインで目元を強調するメイクは今や定番となりましたね! アイメイク次第で顔全体の印象が変わるため、目元のメイクは特に入念に行う、という方も多いのでは? しかし、目のまわりはとてもデリケートな部位です。アイメイクをきちんと落... 続きを読む

秋の花粉症やダニアレルギーに要注意! 痛くない鼻洗いのやり方

吹く風も冷たくなり、すっかり秋らしくなってきたこの頃、鼻がムズムズしたり、咳が出たりといった風邪のような症状に悩まされている人はいないでしょうか。しかし、それは風邪ではなく、秋の花粉症かもしれません。スギ花粉症がない人でも、秋の花粉症を... 続きを読む

カリフラワーの栄養分がそのままダイエットに!

カリフラワー
カリフラワーに含まれている成分がダイエットに非常に効果的であることをご存知でしょうか。カリフラワーのダイエット効果を高くしてくれる栄養素は、ビタミンB類です。カリフラワーには、ビタミンB1、B2、B6が多く含まれていて、... 続きを読む

人生の転機こそ絶好のチャンス!彼からプロポーズされるためにも始めるべき習慣3つ

交際中の女性なら、一度は考えたことがある理想のプロポーズ。きっと、「プロポーズされるならロマンティックな雰囲気が良い」と憧れを持つ人もいれば、「そろそろ彼からプロポーズされるかも……」なんて内心期待をしている女性もいるのではないでしょう... 続きを読む