4月から9月は紫外線対策を!シミ・シワを防ぐ4つのポイント

サンスクリーン剤の使用は表示を理解して適切に

お肌だけでなく全身に害が。紫外線を防ぐためのポイントを紹介します

皮膚がん、免疫力の低下、白内障まで

 日焼けといえば夏のイメージですが、油断はできません。4月から9月ごろまでは強い紫外線が降り注いでいます。特に5月のよく晴れた日は、紫外線量が多い割に肌は日差しに慣れていないため、ダメージを受けやすいので注意しましょう。

 オゾン層の破壊によって、地上に達する紫外線の量が増え、皮膚がんになる人が増えることが懸念されています。白色人種に比べ日本人は皮膚がんになりにくいと言われていますが、紫外線を大量に浴びれば発症しやすくなります。皮膚がんとはいかないまでも、しみ、しわの原因となることはみなさんご存じですね。

 ほかにも、紫外線が体に及ぼす影響には、主に次のようなことがあげられます。

 免疫力が低下する:体にウイルスなどの異物が侵入すると、情報を免疫機能に伝えようとする働きがあるが、紫外線によるダメージでその働きが鈍ってしまう。

 白内障になりやすい:眼の水晶体の主成分であるたんぱく質が紫外線によって変質して白く濁ってしまう。

UVAはしわ、UVBはしみの原因に

 ところで、女性にとって気になるお肌のしみやしわは、どのようにしてできるのでしょうか?

 肌にダメージを与える紫外線は、UVA(長波長紫外線)とUVB(中波長紫外線)の2種類に大きく分けられます。波長の長いUVAは肌の深い組織に作用し、しわやたるみの原因に、UVAより波長の短いUVBは肌の表面に作用して、しみの原因になります。

 UVBを浴びると、肌を守ろうとして皮膚の表面の表皮に黒い色素「メラニン」が作られます。これは、通常は数カ月ほどでアカとしてはがれ落ち、もとの肌の色が戻ってきます。しかし、皮膚の老化や紫外線を浴び続けたことによって再生のサイクルがうまく働かなくなると、メラニン色素が残ってしまい、その結果しみができるのです。
 UVAは表皮の下の真皮まで到達して、皮膚にハリを与えるコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与え、しわができやすくなります。

サンスクリーン剤の表示を理解し、2時間に一度は塗り直す

 紫外線からお肌や健康を守るため、外出の際に欠かせないのが日傘や帽子、サンスクリーン剤(日焼け止め)です。サンスクリーン剤は表示をよく理解したうえで使用しましょう。

 市販のサンスクリーン剤には、SPF30とか、PA++などと表示されています。SPF(sun protection factor)の数値は、大きくなるほど紫外線をさえぎる時間が長く、PA(protection grade of UVA)の+、++、+++は、+が多いほどUVAを防ぐ効果が高くなります。ただし、SPFの値が高い数値であってもそれほど大きな差はありませんので、ふだんの外出はSPF20、PA++程度のものを使用し、海や山へ行くときはもう少し高い数値のものを選ぶとよいでしょう。

 また、朝サンスクリーン剤を塗ったからと安心してはいけません! 汗で流れたりこすれて落ちたりしますから、2~3時間に一度は塗り直しましょう。分量は片腕でスプーン1杯程度。白く浮くのがいやで薄く伸ばす人がいますが、これでは効果は落ちてしまいます。
 大量に汗をかいたあとや、プールや海に入ったあとは、2時間たたなくても塗り直します。サンスクリーン剤が肌に合わなかったら、別の種類に変えて自分の肌に合うものを選んで下さい。いずれにせよ、サンスクリーン剤は紫外線の暴露量を減らすだけで、ゼロにはしませんのでその点を注意して下さい。

紫外線の害を防ぐ日よけのポイント

 日差しの強い日は外出は控えたいくらいですが、そうもいかないのが現実。外出時は以下のポイントを押さえ、紫外線をシャットアウトしましょう。

●サンスクリーン剤をこまめに塗る
●長袖の衣類でできるだけ肌の露出を抑える(顔だけでなくうなじや手の甲も忘れずに)
●日傘やつばの広い帽子を使用する(色は黒っぽいものほど効果が高い)
●紫外線防止効果のあるサングラスを使用する

 紫外線は空から降り注ぐだけでなく、地上からも反射しています。日傘や帽子だけで安心せず、サンスクリーン剤もしっかり塗って、紫外線対策は万全にしましょう。

(「ジャストヘルス」法研より)

【監修】
渡辺晋一先生


帝京大学医学部皮膚科主任教授
1978年東京大学医学部医学科卒業後、同大学皮膚科入局。1979年同助手、1983年同医局長。1984年三楽病院皮膚科部長。1985年~88年米国ハーバード大学マサチューセッツ総合病院皮膚科リサーチ・フェロー。1988年帝京大学医学部皮膚科助教授、1994年同教授を経て1998年より現職。帝京大学医真菌研究センター教授を併任。専門は皮膚科一般、特にシミ・アザのレーザー治療。皮膚の真菌・細菌感染症。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

絶対に日焼けしたくない人-鉄壁のUVケアとスキンケアとは?

初夏の陽気に誘われて、近所のお散歩からレジャーまで、アウトドアを楽しむ機会が増えますね。そこで徹底したいのが、紫外線のプロテクト。
紫外線はシミ、そばかすをつくるだけでなく、シワやたるみ、くすみなど老化全般を早めることも知られるようにな... 続きを読む

春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽?
それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大な... 続きを読む

夏はエアコンによる肌の乾燥に注意! 正しい日焼け止めの選び方

もうしばらく梅雨が続きますが、梅雨が明けると季節は一気に夏本番へ突入します。すると肌は過剰な皮脂や汗によってニキビや湿疹が出やすくなり、スキンケアの関心は洗顔に向かい、保湿は手薄になりがちです。ところがそれが落とし穴。
通勤・通学、職... 続きを読む

注目ワードコラム [日傘を差す女子高生が増えている?]

注目ワードコラム 日傘を差す女子高生が増えている? 男性用の日傘や、大塚製薬が展開する男性向けのスキンケアブランド『UL・OS(ウル・オス)』をはじめとする日焼け止めが登場し、紫外線対策を心がける男性も増え... 続きを読む

帽子をかぶると顔が大きく見えちゃいます

Q.帽子をかぶると顔が大きく見えちゃいます A.小顔に見える帽子もありますよ!
最近はおしゃれアイテムに帽子をかぶる人も増えてきました。でも、帽子をかぶると、どうしても頭や顔が大きく見えるのでは……... 続きを読む

キャシー中島が患った「皮膚がん」ってどんな病気?【芸能人の健康まとめ】

タレントのキャシー中島さんが5月24日、ブログにて2月に皮膚がんの手術を受けていたことを明かしました。 さらにハリウッド俳優のヒュー・ジャックマンも2016年2月に皮膚がんの手術をしたことを公表しています。 キャシー中島 2016年... 続きを読む

この手のしわを改善するには?簡単にできるハンドケア!

スキンケアは完璧にしているのに、何故か後回しにされるのがハンドケア。気が付いたときには手にしわが・・・という事態も招かざるを得ません。 では、どうすれば手のしわを改善に導くことができるのか?考えてみましょう。この手のしわを改善するには?... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

テープが効果的?簡単にできる眉間のしわを消す方法

眉間のしわ、あなたはありますか?あると答えた人はコンプレックスになっていませんか?女性だと、眉間にしわが寄っていると怒ってる?と誤解されがちです。どうにかケアする方法はないでしょうか?テープが効果的?簡単にできる眉間のしわを消す方法 テ... 続きを読む

しみ・しわに効果てきめん!はちみつの美容への意外な効能

はちみつが、しみやしわに効果的と言われている理由は何なのでしょうか?いつしかはちみつは、肌の救世主とも言われるようになっています。しみやしわを改善してくれる働きがあると言われており、それが真実だからです。一体、はちみつにはどんな秘密が隠... 続きを読む