1日に摂るべきは野菜350g-野菜不足を解消する上手な摂り方

食事量の少ない女性は、とくに野菜不足に注意

毎日どれぐらい野菜を食べているのか意識することからはじめ、食事にできるだけ野菜をとり入れる工夫を

ほとんどの人が目標値350gをとれていない

 「野菜不足」は、現代人の多くが気にしていることかもしれません。便秘や肌荒れなどの体調不良や生活習慣病を防いで健康を保つには、野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維などが必要不可欠です。でも、ふだんから朝食を抜いたり、昼食をカップめんですませたりすることが多いと、どうしても野菜不足になりがちです。

 厚生労働省が提唱する健康づくりの指標「健康日本21」では、成人の望ましい野菜摂取量を「1日350g以上」としています。しかし、ほとんどの人は目標値の量の野菜をとれていません。
 「平成17年国民健康・栄養調査」(厚生労働省)によると、いちばん野菜を食べている60代でも約330gと目標値に届かず、20~40代では約100gも不足。もともと食の細い女性だけでみるとさらに不足しています。

生よりも加熱したほうが量がとりやすい

 「野菜350g」とは、どれぐらいの量なのでしょうか。野菜5種類(約70g×5で350g)の例をあげてみましょう。

<トマト 中1/2個(プチトマトなら5個)、ほうれん草 約3株、にんじん 中1/2個、キャベツ 大きめの葉1枚、もやし 少量パック(150g)の半分>

 以上を1日3食でとればいいのですから、それほど無理な量とも思えませんが、朝食を抜いたり、ファストフードですませたりした場合は難しいでしょう。

 なお「健康日本21」では、野菜350gを、緑黄色野菜120g、淡色野菜230gというバランスでとるようすすめています。ちなみに緑黄色野菜とは、100g中にβカロテンを600μg(マイクログラム)以上含む野菜のことで、緑黄色野菜以外の野菜を淡色野菜といっています。前者にはにんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草、パセリなど、後者にはキャベツ、大根、レタス、たまねぎ、もやしなどがあります。

 βカロテンは体内の活性酸素を減少させてがん予防や老化防止に効果があり、ビタミンCやカリウム、鉄、カルシウムなども緑黄色野菜のほうが多く含むことから、緑黄色野菜ばかりが重視されているようですが、淡色野菜もおろそかにすることはできません。淡色野菜にもビタミン・ミネラルや食物繊維が豊富で、免疫力を高めたり、生活習慣病の予防に効果があります。1年中出回っていて手に入れやすいものが多く、くせがないからたくさん食べられるのも魅力です。

 個々の野菜にどんな栄養素があるのかを知らなくても、緑黄色・淡色をおりまぜて多くの種類の野菜をとれば、自然にバランスよくいろいろな栄養素をとることができます。なるべく多くの種類の野菜をとるようにするよう心がけましょう。

 ところで、生野菜のサラダをバリバリ食べると野菜をたっぷりとった気分になりますが、かさの割に量はとれていません。生で食べられる野菜の多くは90%以上が水分で、その水分でおなかがいっぱいになってしまうのです。野菜はいためたり、ゆでたりして加熱すれば水分が出てかさが減るため、生で食べる何倍もの量を食べることができます。

 加熱して失われる栄養素も、量を多く食べることで補うことができますし、熱に強い栄養素や食物繊維はたっぷりとれます。野菜をたくさんとるには、おひたし、温野菜のサラダなどがおすすめです。みそ汁やシチューなどの汁ものや鍋もよいでしょう。

外食やコンビニ弁当でも工夫次第で野菜たっぷりメニューに

 オフィスでのランチタイムのように時間が限られたなかでの外食やコンビニ弁当、一人暮らしの自炊でも、次のような工夫で野菜の量や種類を増やすことができます。

野菜の量が多いメニューを選ぶ
・丼ものやめん類などの単品メニューよりも定食がおすすめ。
・めん類なら、五目めんやタンめん、夏は冷やし中華など野菜がとれるものを。

こまめに野菜を補う
・丼ものやめん類などには、サイドメニューで野菜料理を追加。
・カップめんやおむすびなどのコンビニ食には、おひたしなどのお惣菜を補う。
・冷蔵庫にプチトマトやキュウリなど、そのまま食べられる野菜を常備する。

簡単調理で手軽に野菜をとる工夫を
・パスタやラーメンをゆでる鍋、肉を焼くフライパンに、ついでに加熱できそうな野菜を入れて、パスタや肉と一緒に野菜もいただく。
・青菜やブロッコリーをゆでるときは、次の日の分も多めにゆでる(冷凍庫では忘れてしまいがちなので、2~3日で食べきる量を冷蔵庫に保存)。野菜料理の冷凍食品も便利。一人分ならお弁当用など小分けされたものを。

 目標値達成にこだわりすぎると、プレッシャーになるので、まずは現状よりも少しでも多めに野菜をとることをめざして、小さな工夫をすることからはじめましょう。

(「健康のひろば」法研より)

【監修】
牧野 直子先生


管理栄養士・料理研究家、(有)スタジオ食(くう)代表
1990年女子栄養大学卒業。在学中より栄養指導、教育の啓蒙活動に携わる。雑誌や新聞、テレビなどでダイエットや生活習慣病予防の栄養指導、講演、料理教室講師、おいしく簡単な健康メニューの提案などのほか、商品販売促進のための栄養情報啓蒙にも携わる。著書に『ダイエットおべんとう300』(主婦と生活社)、『2歳からのおやつBOOK~3度の食事を補う』(日本放送出版協会)など多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

蒸し野菜を食べてカロリーオフダイエット!

蒸し野菜
ダイエットに付き物の要素としては、食事制限がありますよね。

ダイエット中の食事に欠かせないと言われているのが野菜ですが、野菜を生の状態で食べる事はメリットもありますが逆にかさが多くて食べづらい、または生だと野菜の青臭さが... 続きを読む

朝野菜ダイエットでデトックスを

朝野菜
朝野菜ダイエットをすることで、前日に食べたものをリセットして、デトックスすることが出来ます。
午前中は体が、体内を解毒してくれる時間帯です。ですから朝食に野菜や野菜ジュースを摂取することで、酵素を補給して体のリセットをして、デ... 続きを読む

野菜や果物の栄養素フィトケミカル-1日どれぐらい食べるといい?

「野菜は体によい」ことは誰でも知っているでしょう。その理由は、野菜を食べればビタミンやミネラル、食物繊維がとれるからだということも、すっかり定着しています。ビタミンやミネラルは、炭水化物、たんぱく質、脂質とともに五大栄養素といわれ、食物繊... 続きを読む

野菜から食べるだけで痩せるってホント?

野菜から食べる
食事の際に野菜からまず食べ始めると太りにくくなると聞いた事はないでしょうか。野菜から食べるとどうして太りにくくて大っとになるのでしょう。ここでは野菜から食べるダイエットについて書いてみたいと思います。
なぜ野菜から食べ... 続きを読む

お肌の老化をすすめる活性酸素を減らす-抗酸化物質の上手なとり方

鏡に向かったとき、「あら、こんなところにシミが…」とか「いつの間にシワができちゃったのかしら?」とドキッとしたり、暗い気持ちになったりすることはありませんか?
仕事が忙しいとか睡眠不足が続いているというわけでもないのに、お肌にハリがなくな... 続きを読む

野菜たっぷりダイエットで自然に代謝を増やす

野菜たっぷり
野菜たっぷりダイエットは、野菜の量を通常の2倍以上に引き上げることで、ダイエットの効果を上昇させることができます。これは食物繊維を多めに取ることにより、人の持っている代謝効率を上昇させ、脂肪を燃焼させる効果が増えるからです... 続きを読む

!肉食ダイエットとは

肉食
肉食ダイエットとは、肉や魚が中心の食生活にしてお米や野菜を少なめに食べるといったダイエット方法です。
一見お肉よりご飯や野菜の方が太りにくいと感じるかもしれませんが、実はお米や野菜に含まれる糖質をたくさん摂ると体脂肪が増えすぎる... 続きを読む

ビート&ケールで栄養たっぷりスムージーダイエ

ビート&ケール
野菜をたっぷり摂取できると言うことでグリーンスムージーが人気です。
様々な野菜をミックスして楽しめるのが魅力ですが、特にダイエットをしたい時におすすめなのがケールとビーツを使ったスムージーです。
どちらも普段なじみが... 続きを読む

新鮮で美味しい野菜と果物の見分け方-産地表示マークも参考に

現在スーパーでは、季節や旬にかかわらず、ほとんどの野菜が1年をとおして並べられています。旬の野菜と季節はずれの野菜、見た目はそう違いませんよね。しかし栄養価の点において、旬のもののほうがずっと優秀なのです。たとえば、トマト。夏が旬のトマト... 続きを読む

楽しみながら家庭菜園ダイエット

家庭菜園
ここ数年家庭菜園を楽しむかたが増えています。ピーマンやレタス。トマトやきゅうりなど、比較的育てやすいものを何種類か育てて、サラダやスムージーなどにして食卓へ届けます。家庭菜園ダイエットは自分の身体を動かしながら、美味しい野菜を... 続きを読む