汗腺を鍛えてサラサラの良い汗を-ベタベタ汗は生活習慣が原因

汗を抑えるのでなく、汗腺を鍛えて「よい汗」かこう

肉食中心、運動不足などが、ベタベタした汗、体臭の原因になりやすい

におうのはベタベタの「悪い汗」

 日差しが一段と強さを増し夏本番を迎えると、気になるのが汗、そしてにおいです。満員電車や人込みで汗臭さを感じると、「もしかしたら、私もにおってる?」と気になるものです。

 汗には、「よい汗」と「悪い汗」があります。「よい汗」はサラサラして蒸発しやすく、気になるにおいもありません。「悪い汗」は、ベタベタして蒸発しにくく、いやな体臭の原因になりやすい汗です。
 汗は、水分と、血液中の血しょうに含まれるミネラル類からできていて、ミネラル分が多いか少ないかによって、「よい汗」と「悪い汗」に分かれます。ミネラルをあまり含まないのが「よい汗」、多く含むのが「悪い汗」です。

 どうしてミネラルが多かったり少なかったりという違いが生じるのでしょう? 体温が上昇すると、血液から水分とミネラル分が汗腺に取り込まれます。このとき、汗腺がうまく機能していると、体に必要なミネラル分は血液に再吸収されるため、水分と少しの塩分だけが汗となって出てきます。これが「よい汗」です。
 ところが、汗腺がうまく機能していないと、ミネラル分は血液に再吸収されずに出てくるので、ベタベタした蒸発しにくい「悪い汗」になるのです。「悪い汗」に含まれるミネラル分は皮膚表面をアルカリ化して、皮膚にすみついた雑菌を繁殖させ、汗のにおいを強くして体臭のもとになります。

 汗をかいたらなるべく早くお風呂に入ったりシャワーを浴びて、汗と皮膚の雑菌を洗い流し体臭のもとを除いておくことも大切です。すぐにお風呂に入ったりシャワーを浴びることができないときは、固く絞ったぬれタオルで肌を軽くたたくようにして拭き取るとよいでしょう。

「悪い汗」になりやすい生活習慣

 ベタベタして強いにおいのもとになる「悪い汗」は、いくつかの生活習慣が原因です。肉や脂っこいものが中心の食生活は、皮脂の分泌が高まりベタベタした汗の原因になります。また、人間関係のストレスが多いと、緊張性の発汗が強くなり、ベタベタ汗の原因となります。さらに、運動不足やエアコンに頼った生活では、汗をかかないため汗腺の機能が衰え、ミネラルを多く含んだままの汗を出しやすくなります。

 こうした生活習慣は、できるところから改善していきましょう。肉中心の食生活は、「悪い汗」のもとになるだけでなく、いろいろな生活習慣病を防ぐ上でも見直す必要があります。肉類は1日3食のうち1回までにとどめ、魚介類、大豆、野菜など、栄養素のバランスを考えた食事に切り替えることです。

 ストレスは、できるだけため込まないように、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。週に2~3回、適度の運動をする習慣をつければ、ストレスと運動不足の2つを同時に解消することができます。
 また、暑いからといって、1日中エアコンのきいた部屋で過ごすのは考えものです。汗腺の機能を高め、体全体によい汗をかけるように、部屋から出て体を動かしましょう。

汗腺を鍛える入浴法で「よい汗」をかこう

 「よい汗」をかくためには、衰えてしまった汗腺の機能を鍛えて、回復させる必要があります。適度の運動を定期的に行い、汗腺を刺激するという方法以外に、最も効率的で気軽にできるのは、入浴による「汗腺トレーニング」です。(ただし、高齢者、高血圧の人、心臓に不安のある人は行わないでください。)

 まず、浴槽に20cmくらい、熱めのお湯(43~44℃)を入れ、風呂用のいすなどに座ってひざ下とひじから先だけを、10~15分間お湯につけます。こうして手足の眠っている汗腺を目覚めさせるのです。
 次に、同じ湯船にぬるま湯を足して36℃程度にし、10~15分間、半身、または全身を浸します。このとき、湯船にコップ1杯ほどのリンゴ酢か、バスソルトを入れると、体が芯から温まります。

 お風呂から上がったら、汗が自然に蒸発するまで待って衣類を着ます。直後にエアコンの冷たい風に当たって汗を抑えたりしないこと。ゆったりした気持ちで、ジンジャードリンク(しょうが汁にハチミツを加え、お湯を注いだもの)を飲むと、汗腺機能がさらにアップします。

(「ヘルス&ライフ」法研より)

【監修】
五味 常明先生


五味クリニック院長
1949年長野県生まれ。一橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。昭和大学形成外科等で形成外科学を、多摩病院精神科等で精神医学を専攻。医学博士。体臭・多汗研究所設立。患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。体臭・多汗治療の現場で実践。日本心療外科研究会代表。『汗をかけない人間は爬虫類化する』(祥伝社)ほか、著書多数。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね?

カラダIQを高める!~今回の解説~ Q. 暑さを我慢するよりはエアコンでちゃんと冷やした方がいいんですよね? A. NO……冷やしすぎは、カラダ的にもエコ的にもNGです。
暑さが厳しく... 続きを読む

油もの中毒タイプ 良い油と悪い油のどっちを選ぶ?

あなたのデブ行動は油もの中毒タイプ ■良い油と悪い油のどっちを選ぶ? ファーストフードや揚げ物など、いかにも悪そうな油を避けているあなた。「植物性」と表記があるものを選んでいればヘルシーと思っているなら、それ... 続きを読む

ブーツのニオイの原因は雑菌にあった!雑菌駆除の対策はこれ

ファッションアイテムとして欠かすことのできないブーツ。しかし、どんなブーツにも共通点があります。それは長時間履くとニオうこと。ブーツのニオイは雑菌が原因だと言われています。では、その雑菌を排除するにはどのような手段があるのでしょうか?ブ... 続きを読む

夏に塩分を多めに摂るのはからだに悪い? 多めに摂るべきタイミングは?

夏になると「塩飴」や「塩タブレット」など塩関連の商品が、コンビニやスーパーの棚に並んでいます。汗をかくと塩化ナトリウムが失われるとされていますが、夏にはいつもよりも塩分を摂取する必要があるのでしょうか。 塩分の補給が必要なのは大量の汗... 続きを読む

お湯だけでかんたん!白湯ダイエット

白湯
最近、コーヒーや飲料水ではなく、マイボトル持参で白湯を飲むという人が増えてきています。
白湯を飲むと胃腸や内臓器官を温めて代謝アップに繋がるといわれ、脂肪燃焼に繋がるといわれています。
脂肪燃焼を促進させると、消化作用も活発に... 続きを読む

ミネラルたっぷり!にがり水ダイエット

にがり水
にがり水ダイエットは、一日2リットル程度のにがり水を飲むだけでみるみる体が痩せていくお手軽なダイエット方法です。
特殊なストレッチやエクササイズは一切必要ありません。
ミネラルウォーター1リットルに対して粉末のにがりを小さ... 続きを読む

熱めのお風呂でストレス防御と免疫力UP-細胞を修復するHPSて何?

私たちの体は、病気やけがなどから、自分で自分の体を守ろうとする生体防御システムをもっています。たとえば、かぜをひいたとき発熱するのは、免疫力を高め、かぜのウイルスの攻撃に対して体を守ろうとしているからです。また、小さな切り傷くらいなら、大... 続きを読む

食事の前に飲むだけ!リンゴ酢豆乳ダイエット

りんご酢豆乳
リンゴ酢豆乳ダイエットは、低脂肪高タンパクでダイエットには最適な豆乳とエネルギー代謝を促進させるリンゴ酢をブレンドした特製ドリンクを飲むだけのお手軽ダイエットです。
食事の直前にコップ一杯のリンゴ酢豆乳を飲むだけなので... 続きを読む

耳あかがベトベトだと「わきが」かも? 臭わないわきのお手入れ

これから汗ばむ季節。半そでやノースリーブになる機会が増えると、わきの下のにおい、気になりますね。でも「汗をかく」イコール「におう」ではありません。汗には、におう汗とにおわない汗があるからです。
汗を分泌する汗腺には、エクリン腺とアポクリ... 続きを読む