屋内でも要注意!熱中症の予防の仕方-症状別困ったときの処置法

涼しい服装と、のどが渇く前にこまめな水分補給を

高温・多湿で体内に熱がこもる。屋外だけでなく室内でも発生、最悪の場合生命の危険も。

急に暑くなる時期は要注意

 熱中症の季節です。熱中症は熱にあたっておこる症状の総称で、日射病や熱射病などという呼び方から統一的に熱中症と言われるようになりました。真夏になると、フェーン現象やヒートアイランド現象などにより、体温に匹敵するほどの高い気温に見舞われる日がときどき出現しますが、そんな酷暑がやってくる前の梅雨の時期から、実は熱中症には気をつけなければいけません。

 暑いとき、私たちの体は汗をかき、汗が蒸発するときに皮膚から熱を奪い、体温が上がり過ぎないように調節します。大量に汗をかいたまま水分を補給しないでいると、汗として放出する水分がなくなり、体内に熱がこもってしまいます。血液循環が滞って全身の機能がマヒし、最悪の場合は生命の危険にさらされることにもなりかねません。これが熱中症で、おきやすいのは次のような条件のときです。

 気温・湿度がともに高い/風が弱く日ざしが強い/照り返しが強い、輻射(ふくしゃ)熱が強い/急に暑くなった

 このような条件にマッチするのは、例えば梅雨の中休みで突然気温が上昇した日とか、梅雨明けの蒸し暑い日などです。この時期はまだ体が暑さに慣れていないこともあって、例年熱中症になる人が多いので気をつけましょう。

湿度の高い屋内での活動や運動にも注意

 体内に熱がこもりやすい条件がそろっていれば、熱中症がおこる危険はいつでもあります。例えば、気温はそれほど高くはないけれど湿度が高い(汗が蒸発しにくい)/水分補給が十分でない/風通しの悪い場所や服装で過ごしている、などの場合です。

 とくに体温調節がスムーズにできない乳幼児や高齢者、利尿剤などを服用している人、睡眠不足や二日酔いの人、下痢などをおこしている人、肥満の人などは要注意です。また、元気な若い人でも運動をしていて熱中症をおこすことがよくあります。屋外で行う運動はもちろん、柔道、剣道、バレーボール、バスケットボールなど室内種目も気をつけなければいけません。

 熱中症がおこる原理や条件を知っていれば予防は難しくありません。涼しい服装と、のどの渇きを覚える前からのこまめな水分補給(ただの水より0.2%程度の食塩水かスポーツドリンクが望ましい)がまず大切です。
 外出するときは、外出前に水分補給/涼しい所を歩く/帽子や日傘で直射日光を防ぐ、などの注意を。
 運動関係では、学校の部活などに参加するときは前日夜ふかしをしない/朝食はきちんととる/運動中にこまめに休憩と水分補給/疲れたら我慢しないで休ませてもらう、などを守りましょう。

「暑さ指数」を参考に

 また、環境省と日本気象協会では、熱中症の予防に役立つ「WBGT」という「暑さ指数」とも呼ばれる指標をインターネットのホームページ上で知らせています。これは、気温、湿度、輻射熱、気流という4つの要素を考慮して算出するもので、当日と翌日の2日分を予測します。
 ちなみに日本体育協会は、熱中症予防のために以下のような運動指針を出しています。WBGTが「31以上」だと「運動は原則中止」。以下、「28以上」=「厳重警戒(激しい運動は中止)」/「25以上」=「警戒(積極的に休息)」/「21以上」=「注意(積極的に水分補給)」などとなっています。

 現実に熱中症になると、軽い順に次のような症状が見られます。それぞれに対応して必要な処置法も異なります。

●軽症:汗をいくらふいても止まらない/立ちくらみがする/ふくらはぎにこむら返りがおこる
<対処法>衣服をゆるめて風通しをよくする/冷房が効いている所や涼しい日陰などに移動/足先を高くして休む/スポーツドリンクなどで水分補給

●中等症:体がすごくだるい、疲労感がある/めまい、頭痛がする/吐き気がする、吐く/急に下痢が始まる
<対処法>救急車を手配する。その間、軽症の処置に加え、体を冷やす(扇風機などで風を送る、霧吹きで体に水を吹きかける、首すじ・脇の下・脚の付け根・足首などを氷のうや冷えた缶飲料などで冷やす、ひざ下にぬれタオルなどをかけて水をかける)

●重症:「大丈夫」と言いながらも足元がふらつく/意味不明なことを口ばしる/大声を出すなど興奮する/呼びかけても受け答えがおかしい/意識がなくなる
<対処法>危険な状態なので、一刻も早く救急車を手配/中等症の処置を行いながら患者を観察する(顔色、発汗、問いかけへの反応、意識など)/意識がないときは吐いたものが気管に入らないよう横向きに寝かせる

【監修】
安岡 正蔵先生


安岡整形外科脳外科クリニック院長
1974年東京大学医学部卒業。医学博士。東京大学附属病院、武蔵野赤十字病院、関東逓信病院、Mayo Clinic (米国)を経て、現職。頸椎と腰椎疾患、手足の痛みとしびれ、頭痛の発生メカニズムに精通し、その治療に長年にわたり携わる。多数の交通事故・スポーツ外傷・転倒事故の治療経験をもとに、交通事故に伴うむち打ち損傷・脳外傷・スポーツによる熱中症の発生予防などについて、熱意をもって指導している。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

とっても怖い熱中症!その原因は汗にある!

熱中症ってどうしてなるの?
熱中症になるのはどういった時なのでしょうか?

暑いとき、私たちの体は汗をかき、汗が蒸発するときに皮膚から熱を奪い、体温が上がり過ぎないように調節します。大量に汗をかいたまま水分を補給しないでいると、汗と... 続きを読む

肩こり、頭痛、くすみ、乾燥・・・。気温が低くなると表れる不調の原因と解消法

肩こり、頭痛、なんとなく顔色が冴えない、肌がひどく乾く・・・。気温が徐々に下がり始めてから、そんな不調を抱えていませんか?思い当たる人は、もしかしたら血の巡りが悪くなっているのかもしれません。そこで、今回は、血の巡りが悪くなっていること... 続きを読む

夏が終わっても熱中症対策は続けたほうがいい理由とは?

熱中症は、高い気温と湿度によって引き起こされ、頭痛や吐き気、めまい等、ひどくなると意識障害になり死に至る場合もあります。
気温が高くなると、体内の熱を放出するのが困難になります。さらに湿度が高いと汗をかいても蒸発しないため、脳にある体... 続きを読む

寝苦しい熱帯夜を快適に過ごす方法-心地よく眠る5つのコツ

寝苦しい熱帯夜。睡眠が充分とれないために疲労が回復されず、夏バテしてしまった方も多いのでは?
ところで、熱帯夜とは、夜間の最低気温が25℃以上になる夜のこと。最近、都市部では、ヒートアイランド現象によって、熱帯夜が増加しているともいわれて... 続きを読む

季節の変わり目は熱中症に要注意! 危険な症状と予防法

また強い日差しが照りつける夏がやってきます。「真夏日」、「熱帯夜」とともに「熱中症」という言葉がニュースに頻出する季節です。この熱中症は、高温、高湿度の環境下で起こる、夏の代表的疾患のひとつです。
東京消防庁の調べによれば、熱中症... 続きを読む

熱中症は屋内にいてもなる? オフィスや家庭でも対策方法

昨年の夏は平均気温が観測史上最高、熱中症で救急搬送された人の数も過去最高という記録的な猛暑でした。今年は、梅雨も明けないうちから猛暑日を記録するなど、6月の暑さは昨年以上で、その後も暑い日が続いています。東日本大震災による電力不足対策で節... 続きを読む

注目ワードコラム [猛暑に負けない、熱中症対策グッズ]

注目ワードコラム 猛暑に負けない、熱中症対策グッズ とにかく暑い……。今年も猛暑が続き、外をほんの少し歩いただけでも大量の汗が吹き出します。巷でも熱中症に関するニュースが頻繁に飛び交うなど、この暑さとの戦... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part5-増える女性の水虫、ケアの仕方とは

水虫は中年男性だけがかかるものと思っている方はいませんか。
2004年の12月にヤンセンファーマが首都圏在住の20~30歳代の働く女性519人に、インターネットを通じてアンケート調査を行ったところ、11.2%が「水虫と病院で診断されたこと... 続きを読む

COPD

まずは次のチェックをしてみてください。 (1)かぜでもないのにせきが出る (2)かぜでもないのにたんが出る (3)同年代に比べて息切れし易い (4)40歳以上である (5)現在タバコを吸っている、以前吸っていた 思い当たることが1つでもあっ... 続きを読む

ダイエットの基本原理を学んで成功するぞ~!


いよいよ今回からダイエット方法の科学的原理、嘘や真実についてシリーズで解説していきたいと思います。このダイエットの基本原理をしっかりマスターすることによって、自分がどのダイエット方法を選ぶか、自分のやっ... 続きを読む