夏バテの原因や症状-対処法や食事で気をつけることは?

エネルギー補給と水分補給をしっかり。クーラーはほどほどに

夏バテをおこす原因を知ってしっかり対策、この夏も元気で乗り切りましょう!

夏バテの原因は自律神経と胃腸の疲れ、水分・ミネラル不足

 うっとうしい梅雨が明けて太陽ギラギラの夏本番ですが、相変わらず湿度は高いのが日本の夏。人間の体は暑いと汗を出し、汗が蒸発するときの気化熱で体温が下がるのですが、湿度が高いと汗が蒸発しないため体温が下がりにくく、体には大きな負担となります。これに加えて、現代では過剰な冷房も体に負担をかけています。こうした状態が長く続くと、「体がだるい」、「食欲が出ない」、「なんとなく熱っぽい」など、夏バテと呼ばれる症状を引きおこしてしまいます。
 次の3つが、夏バテの主な原因といわれています。

(1)屋外と室内の温度差で自律神経の働きが低下する
 炎天下とクーラーの効いた室内を何度も出入りすると、体温を調節する自律神経に負担がかかってその働きが乱れ、自律神経失調症を引きおこす。

(2)体の水分やビタミン・ミネラルが不足する
 暑いと大量の汗をかくが、このとき、水分と一緒にビタミン・ミネラル分も失われて脱水症状をおこしやすい。頭痛やむくみを生じたり、ひどくなると下痢や嘔吐(おうと)などをおこすことも。

(3)胃腸の働きが低下して栄養不足になる
 暑さと自律神経の失調で胃腸の働きが低下すると、食欲がなくなったり、栄養の吸収が悪くなったりする。このため体に必要な栄養素が不足し、体力が低下して疲れやすい、体がだるいなどの症状が出る。また、冷たい飲み物のとりすぎは胃液を薄めたり、胃腸を冷やし、さらに消化機能の低下や食欲不振を招くという悪循環に。

食事はあっさりでもビタミン・ミネラルをしっかり

 原因がわかれば予防は難しくありません。具体的には、次のような生活をこころがけましょう。
 体力の低下を防ぐには、まず食事でエネルギーを補うことです。食欲がなくても食事を抜くのは避け、できるだけ一定の時間帯に3食とりたいもの。例えば主食はあっさりした冷たいめん類などでよいので、トマト、きゅうり、ハム、ねぎ、しそなど多種類の食材を少しずつ組み合わせましょう。
 トマト、きゅうり、なすなど旬の夏野菜には汗で失われるビタミン・ミネラルが豊富で、豚肉、うなぎ、玄米、豆類などには疲労回復を助けるビタミンB群が多く含まれます。炭水化物にたんぱく質、ビタミン、ミネラルを少量ずつでもとって、エネルギーを補給しましょう。香辛料や酢、香味野菜などで食欲をそそる工夫も大切です。

 脱水症状や疲労の予防のためには、のどが渇く前のこまめな水分補給が必要です。清涼飲料水には糖分が多いので、水かお茶、糖分の少ない手作りスポーツドリンクなどがおすすめ。ビールなどのアルコールには利尿作用があり、かえって水分を不足させるので控えめに。飲むならそれ以上の水を一緒に飲むようにしてください。

 そして疲労回復といえば睡眠です。夏の夜はビアガーデン、花火に夏祭りと楽しい行事がいっぱいですが、連日の夜ふかしは避け、睡眠時間をたっぷりとってその日の疲れを取りましょう。

クーラーはほどほどに。適度な運動と入浴で汗をかくことも大切

 クーラーの設定温度は外気との温度差5度が望ましいのですが、オフィスではそうもいかないでしょう。オフィスや通勤の乗り物では冷えない工夫が必要です。ジャケット、カーディガンなど脱ぎ着の簡単な衣類を持ち歩き、ひざ掛け、靴下などで下半身を冷やさないように注意しましょう。

 せめて自宅では、「暑かったらすぐクーラー」ではなく、扇風機の風や、エアコンの除湿機能も利用しましょう。除湿すると汗が気化して体温を下げるので、涼しく感じられます。睡眠中は体温が下がるので、クーラーを使うなら設定温度は28度前後にし、オフタイマーを使って寝入りばなだけ室温を下げるようにしましょう。

 また、暑いからとクーラーの効いた室内にばかりいると汗をかかず、血行が悪くなって疲労物質がたまり、かえって疲れてしまいます。適度に運動をして汗をかき、新陳代謝を高めることも疲労回復に効果があります。朝夕の涼しい時間帯に散歩や軽い体操をしたり、プールで水中ウオーキングなどもおすすめです。
 お風呂はシャワーだけですませず、ぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。クーラーで冷えた体を温め、血行をよくして新陳代謝が高まります。自律神経の働きも整って心身ともにリラックス、ぐっすり眠ることができるでしょう。

【監修】
荒木 葉子先生


内科専門医・産業医・労働衛生コンサルタント
慶應義塾大学医学部卒業後、内科・血液内科専攻。カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。報知新聞社産業医、NTT東日本東京健康管理センタ所長を経て、現在荒木労働衛生コンサルタント事務所所長。企業の労働衛生と半蔵門病院で内科診療を行う。主な著書に『臨床医が知っておきたい女性の診かたのエッセンス』(医学書院)、『働く女性たちのウェルネスブック』(慶應義塾大学出版会)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

「クーラー冷え」を予防して、夏の体調不良を克服!【カウンセリングルームから】

連日、日本中で猛暑が続いています。自宅や職場、移動に使用する車や電車などでもクーラーが効いていて、涼しく快適に過ごせるようになっています。 とはいえ、暑い中を歩いてきた人には快適な電車でも人によっては寒く感じますし、職場は背広姿の男性... 続きを読む

冷たいものの摂りすぎはデブのもと? 夏太りを予防する方法とは

8月ももうすぐ終わりですが、涼しくなるのはまだ大分先になりそうです。厳しい暑さが続いていますが、食欲が落ちて「夏やせ」してしまったという人は、そう多くないのではないでしょうか?
夏というと「夏バテ」から「夏やせ」を連想したり、汗をかく... 続きを読む

夏バテにならない食事法とは? 量より質が大事


「体がだるい」「食欲が低下した」など、今年も、またつらい夏バテの季節がやってきました。
夏バテの症状は、慢性的な疲労や食欲不振、イライラ、めまいなど。放っておくと熱中症など致命的な病気につながるケースもあるので、甘くみるのは禁物で... 続きを読む

水分豊富なゆでなすで夏バテ防止ダイエット

なす
なすは95%が水分と、とても水分が豊富な野菜です。
特徴として「体を冷やす」という効果があります。
夏に何も食べずに水分をがぶがぶ摂るよりも、なすレシピで賢く水分を摂りながらダイエットが賢い方法です。
なすは油を吸ってしまい... 続きを読む

日本の暑い夏を乗り切る知恵-昔ながらの日本の風習を見直そう

蒸し暑い日本の夏。冷房をかけて部屋でグッタリしているという、いつものパターンに陥りがちではないですか?
今年の夏はすこし趣きをかえて、「ジャパニーズ・スタイル」を取り入れてみませんか?
昔の人の、夏を快適に過ごすアイデアは、日本の風土... 続きを読む

ギムネマ茶で糖分吸収を抑制して痩せる!

ギムネマ茶
ダイエットの一番の敵として多くの人が挙げるのが脂肪ですが、ダイエットにはもう一つの敵、または控えなければいけない栄養素があります。

それは、炭水化物です。

糖質である炭水化物は摂取しすぎると体内で利用されなかった... 続きを読む

夏バテしない!夏のバランス栄養食

夏でもバテずにダイエット!
「夏って暑くて食欲が落ちて自然に痩せるのよねー。」そんなこと考えてる方、いませんか?
でもそれって夏バテなんです。いくら体重が落ちてもなんだかだるくて食事もできないなんて良いダイエ... 続きを読む

注目ワードコラム [こうして乗り切った!私の夏バテ解消法]

注目ワードコラム こうして乗り切った!私の夏バテ解消法 うだるような暑さに化粧がはげおちるくらいの滝のような汗、そんなときに口にする冷たい物のおいしさにはこの上ない幸せを感じるものではないでしょうか。のどご... 続きを読む

夏バテを引きずった体に優しいのは、ソバやそうめんなどの、あっさりメニュー?

栄養IQを高める!~今回の解説~ Q. 夏バテを引きずった体に優しいのは、ソバやそうめんなどの、あっさりメニュー? A. NO…たんぱく質を摂ることが夏バテ解消&ダイエットに! 夏場の食... 続きを読む

スポーツ時の熱中症に注意! こまめに水分をとって熱中症対策

以前は、運動している最中に水分をとると疲れるなどと言われましたが、今では、むしろスポーツ中も積極的に水分をとることをすすめられるようになっています。
特にこれからの暑い季節、スポーツ中の脱水症状から熱中症を起こして倒れるケースが多くみ... 続きを読む