子どものメタボは大人より危険-食生活の6つの注意点

肥満は生活習慣病のもと。親子で続けられる予防策を考えよう

子どものメタボは大人のメタボより危険です。肥満対策には食事や運動など、生活習慣の見直しがとても重要。

約4割の子どもがメタボ予備群!

 子どもの肥満を、「元気でいい」と楽観視するのは考えもの。幼児の肥満は学童期の肥満に、学童期の肥満は思春期の肥満につながり、成人の肥満へとつながりやすいのです。肥満は糖尿病をはじめ、高血圧や脂質異常症、脂肪肝、睡眠時無呼吸症候群などの生活習慣病の温床となります。

 しかも、腸間膜の周りに余分な脂肪がたまる『内臓脂肪型肥満』になると、子どものうちから肥満に伴う合併症が発病しやすくなります。おなかがポッコリと出た中年体型の子どもたちは、血糖値や中性脂肪、LDL(悪玉)コレステロール値が高い傾向にあり、メタボリック症候群(以下メタボ)への道をたどることにもなりかねません。そこで子どもの肥満対策には、内臓脂肪をいかに落とすかが大きな課題になってきます。

 2006年に一般学童を対象に行われた調査の結果は、驚くべきものでした。原光彦先生らが学校検診を受けた小中学生217名に対して、厚生労働省作成の『こどものメタボ診断基準』をもとに調査を行った結果、全体の1.4%の子どもたちがメタボと診断され、メタボの予備群と考えられる子どもたちの数は、なんと40.6%にも上ったのです。

 メタボとは、内臓脂肪型肥満に加え、血圧が高め、血糖値が高め、血中脂質異常のうち2つ以上が該当する状態で、動脈硬化から心臓病や脳血管障害の危険率が高まる症候群のこと。学童期からメタボと診断された場合、長期間、血圧や血糖値が高い状態が続くので、中高年以降にメタボになった人に比べて、早くから動脈硬化の危険性が高まり、若い年齢でも心臓病や脳卒中などをおこす確率が高くなります。子どものメタボは、大人のメタボより危険であるといえるのです。

内臓脂肪を減らすには、まず食生活の見直し

 子どもの場合、男女ともおへその位置の腹囲が80cm以上、腹囲が身長の半分以上ある場合に内臓脂肪型肥満と判定されます。メタボにつながる内臓脂肪型肥満を防ぐには、食生活の見直しが第一です。スナック菓子やファストフードばかり食べたり、甘い清涼飲料水を水代わりに飲んだりしていたら、まずはこれをやめさせること。そして、1日3食をなるべく同じ時間帯に食べるようにすることです。

 食事内容は栄養バランスが大切です。ご飯やパン、めん類などの主食を約6割に、主菜と副菜を加えます。主食の炭水化物は、食物繊維やミネラルが豊富な雑穀米や発芽玄米、全粒粉のパンやめん類などを中心に、たんぱく源には魚や、皮を取り除いた鶏肉、大豆、乳製品などを利用するとよいでしょう。野菜はたっぷり、果物も適量を毎日食べるようにして、外食や市販の総菜を利用するときは、低エネルギーでボリュームのある和食がおすすめです。以下にも注意してください。

(1)お菓子や甘い飲み物、脂っこいものは控えめにする
(2)早食いに気をつける(満腹感が得られず食べすぎの原因に)
(3)まとめ食いはせず、1食を腹八分の量に抑える
(4)間食・夜食・偏食をしない(間食や夜食は摂取エネルギーを増やし、偏食は栄養バランスを悪くして肥満の原因に)
(5)代理摂食に気をつける(イライラしたり寂しかったりすると、その気持ちを埋めようとして空腹ではなくても大量にお菓子などを食べることがある)
(6)個食(家族がバラバラに好きなものを食べる)・孤食(一人だけで食べる)・固食(毎日同じもの、単品だけを食べる)にならないようにする

十分に運動をして、夜更かしや睡眠不足を避ける

 内臓脂肪の解消には、適度な全身運動が効果的です。十分に体を動かせば、肥満の解消だけでなく、体力を高め、気分転換や記憶力のアップ、学習能力の向上なども期待できます。それには、週3回程度の運動が不可欠です。

 小中学校には体育の授業が週に2時間くらいありますが、そのほかに週1回程度は運動をする機会をつくりたいものです。運動内容は何でもOKです。サッカー、野球などのリトルリーグや、水泳、体操、柔道、バレエ教室など、関心を示すものをすすめてみてください。競技スポーツでなくても、毎日30分、犬の散歩に行くのもよいでしょう。

 最近、夜更かしや睡眠不足が肥満の要因となることが確認されています。小中学生を対象にしたいくつかの調査では、睡眠時間が不足しているグループは、十分に睡眠をとっているグループに比べ、肥満や高血圧のリスクが高いことがわかりました。

 また、睡眠不足が摂食にかかわる脳内ホルモンのバランスを乱すという報告もあります。夜更かしをして睡眠時間が短くなると、食欲を抑制するホルモン(レプチン)が減って、食欲を促すホルモン(グレリン)が増え、そのほかのホルモンにも変調がおこります。その結果、空腹感が強くなったり、こってりしたものを食べたくなったりするのです。逆に十分に睡眠をとれば、レプチンの働きが促され、間食やまとめ食いなども抑えられるようになるといわれます。

 このような生活習慣の乱れは、大人の生活習慣などの反映といえなくもありません。親は子どもの鏡、親子が一緒になって食事・運動・生活リズムを改善していくことが大切です。

(「クリニックQ&A」法研より)

【監修】
原 光彦先生


東京都立広尾病院小児科部長
1960年生まれ。90年日本大学医学部大学院医学研究科卒業。同大学附属板橋病院を経て、97年から東京都立広尾病院勤務。2000年8月から小児科医長、2003年5月から日本大学医学部小児科非常勤講師。2007年4月から現職。日本肥満学会評議員、日本臨床スポーツ医学会評議員などを務める。専門は小児の生活習慣病、メタボリックシンドローム、循環器、運動生理。著書に『こどものメタボが危ない!小児科医からの緊急提言』(主婦と生活社)など。

コラムに関連する病名が検索できます。

子どものメタボは大人より危険-食生活の6つの注意点 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

メタボは「肝臓がん」を引き起こす引き金に

こうしてメタボがガンを引き起こす

脂肪(特に内臓脂肪)が増えると、インスリンの働きを抑える物質が血液中に増え、インスリンの働きがいっそう低下します。するとブドウ糖があふれて高血糖が進み、働きの悪さを量でカバーするためにインスリンが増... 続きを読む

食べ応えたっぷり!メタボ解消豆乳スープダイエット

豆腐と豆乳で、大豆、しいたけ、ネギを煮込んだ真っ白でほっこりあったかいメタボ解消豆乳スープなら、おいしく食べるだけで、気になるメタボの予防、改善に!
もちろんダイエット効果も期待できるから、楽しく続けて、... 続きを読む

快適な睡眠がメタボ予防になる-守って欲しい3か条

わが国では、成人の5人に1人が不眠など何らかの睡眠の問題を抱えているといわれています。日本では睡眠障害というと精神科で扱われることがほとんどですが、実は、睡眠はメタボリックシンドローム(以下、メタボ)や生活習慣病といった内科的な症状や病気... 続きを読む

1日の歩数がいくつなら健康的なの?メタボ予防のなるウォーキング

普段、運動を習慣的に行っていくことは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)をはじめとする生活習慣病を予防するのに大変重要です。けれども、わが国の現状は男女ともほぼ3人に1人程度しか運動習慣を持っていないことがわかっています。今年2月... 続きを読む

メタボ解消豆乳スープの秘密

1日1杯のメタボ解消豆乳スープで体が軽くなって、美容効果も期待できる! さらさら堂
岡本羽加 大豆のチカラ、知っていますか? 日本人にはおなじみの食材である大豆ですが、その健康効果を知っている人は少ないかも... 続きを読む

腎臓病とメタボの危険な関係‐食生活4つのポイント

いま関心の高いメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪型肥満に、高血圧、高血糖、脂質異常などの危険因子がいくつか重なった状態です。放っておけばほぼ確実に動脈硬化に進み、それはすなわち、心筋梗塞や脳梗塞といった死につながる病気... 続きを読む

メタボ解消豆乳スープダイエットQ&A

Q.何時ごろに食べるといちばんよいですか A.夕食がおすすめです。その場合、できれば、主食を食べずに、スープだけ食べるようにしてください。体重を気にせずに、健康効果だけを得たい場合は、おかずとして食べてもかまいません。 ... 続きを読む

メタボ解消豆乳スープの作り方

メタボ解消豆乳スープの作り方はとても簡単。材料をそろえてから、約15分ででき上がります。慣れてくれば、いっそうスピードアップできるでしょう。 材料(2人分) 豆腐 半丁 豆乳 2... 続きを読む

女性は40代から肥満になりやすい-太る理由と内蔵脂肪を減らすコツ

中年太りというように、若いころほっそりしていた人が、中年になって太ってくるのはよくあることです。「平成22年国民健康・栄養調査」によると、男女とも20代から30代、40代と肥満者(BMI25以上の人)の割合が増えています。全体に肥満者の割... 続きを読む

注目ワードコラム [メタボなんて気にしない?「アブラー」とは]

注目ワードコラム メタボなんて気にしない?「アブラー」とは 脂肪分を過剰摂取しがちな現代人の食生活が見直され、近年はスローフードやマクロビオティックを取り入れた健康志向の食事が注目されつつありますが、そうした... 続きを読む