赤ちゃんのむし歯予防は妊娠中から? むし歯をうつさない生活とは

妊娠中の栄養バランスは、赤ちゃんの歯にとっても重要

母胎のうちから成育している乳歯と永久歯。バランスのよい栄養摂取とお母さん自身の口内健康管理も大切

妊娠7週目ころには歯の“芽”ができ始める

 もしもむし歯に悩んだことのある女性なら、自分に赤ちゃんが生まれたら丈夫な歯で育つように気をつけてあげよう、と考えるかもしれませんね。赤ちゃんのうちから歯の健康を考えてあげることは、その子の一生にとって大きな贈り物になるにちがいありません。
 でも、本当に健康な歯の赤ちゃんであってほしいなら、実はおなかに赤ちゃんがいるうちから気づかってあげることが望ましいのです。

 赤ちゃんの歯の成長は妊娠初期のうちから始まっています。妊娠7週目ころには歯の“芽”ともいえる歯胚(しはい)ができ始めているのです。このときの赤ちゃんの体は大人の小指の先ほどの大きさでしかないのに、すでに歯の芽生えが見られるとは驚きです。

 そして妊娠4~5カ月のころから歯の“芽”は少しずつ硬い組織になっていきます。これを石灰化といいます。同時に永久歯の“芽”もでき始めますから、この時期の妊婦さんの健康管理や栄養摂取は、生まれてくる赤ちゃんの歯の形成にとても重要なことなのです。

カルシウム以外の栄養素もバランスよくとろう

 丈夫な歯が生えてくる赤ちゃんを産むには、妊娠中にカルシウムを十分にとることが大切なのではないかと考えるかもしれません。それも確かに重要なのですが、それだけではなく、たんぱく質、リン、ビタミンA・C・Dなどの栄養素もバランスよく摂取することが必要です。
 それぞれ主にどのような食品に豊富で、歯の形成にどのような役割を果たすかをみてみましょう。

●赤ちゃんの歯の成長に欠かせない栄養素(カッコ内は豊富に含まれている食品)
・カルシウム(牛乳、チーズ、丸干しいわし、ひじき):歯の石灰化
・リン(牛乳、チーズ、肉):歯の石灰化
・たんぱく質(肉、魚、卵、牛乳、豆腐):歯の基礎
・ビタミンA(豚レバー、銀ムツ、モロヘイヤ・にんじんなどの緑黄色野菜):歯の表面(エナメル質)の土台
・ビタミンC(いちご、キウイフルーツ、ブリッコリー、じゃがいも):歯の象牙質の土台
・ビタミンD(鮭、さんま、ちりめんじゃこ、きくらげ):カルシウムの代謝、石灰化の調節

 このうち、リンは通常の食生活で不足することはなく、むしろとりすぎはカルシウムの吸収を悪くします。リンはハムやソーセージ、インスタント食品、スナック菓子、清涼飲料水などにも含まれますので、これらのとりすぎには注意しましょう。

お母さんの口の中の健康は、赤ちゃんの歯に影響する

 赤ちゃんが生まれてくるときには、歯ぐきの中では乳歯が形成されていて生える準備が整っており、永久歯のほうも石灰化が始まっています。このときの赤ちゃんの口の中は雑菌の少ないきれいな状態で、心配なむし歯の原因となる細菌(むし歯菌=ミュータンス菌など)も、まだすみついていません。

 そんな無菌状態の口へむし歯菌が入り込んでいくルートは、赤ちゃんの身近にいる人のだ液です。そして赤ちゃんの身近といえば、お母さんが一番近い存在。ごはんを食べさせるとき、熱いものを冷ましたり味見をするなど、お母さんの口が触れたスプーンで食べものをあげることで、お母さんの口の中にいたむし歯菌が赤ちゃんのほうへうつってしまうのです。

 そこで、出産前からお母さんの口の中も健康にしておくことが重要です。毎食後のブラッシングはもちろん、間食したらそのたびに口の中をきれいにすることを心がけましょう。自分ではできない歯石の除去や専門的な口腔清掃などを、歯科医に受診して定期的に行ってもらうことも必要です。

 むし歯菌が赤ちゃんに一番うつりやすい時期は、乳歯が生え始める生後7~8カ月ころから3歳くらいまでの間といわれます。赤ちゃんが一番かわいいときですから、周囲の人たちの接触もたくさんあるでしょう。そこで、口の中をきれいにしておくことは、お母さんだけでなく赤ちゃんの身近にいるほかの家族にも心がけてもらいたいことです。

 最近の研究では、妊娠中から出産後までキシリトールを摂取すると母親から子どもに伝わるむし歯菌の感染が抑えられることが分かってきました。毎食後キシリトールのガムを噛むことにより、お母さんと子どもの歯が守られるのです。

 そして、生え始めた赤ちゃん自身の歯も、授乳や離乳食のあとにお母さんが柔らかい赤ちゃん用の歯ブラシで丁寧にブラシングしてあげてください。早くから歯ブラシにも慣れ、歯ブラシを嫌がらない子どもに成長します。小さいうちからむし歯になりにくいお口の環境を保つことが大切です。

 こうした妊娠中から出産後までのケアを実践することで、赤ちゃんがむし歯になる危険性をグンと減らすことができるはずです。

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
今井 美行先生


今井歯科クリニック院長、日本フィンランドむし歯予防研究会常任理事
1984年日本歯科大学歯学部卒業後、同大学補綴学第2講座入局。1987年秩父市にて開業。日本顎咬合学会所属、IPSG包括歯科医療研究所会員。母乳育児とマイナス1歳からのむし歯予防を妊婦さんに勧めております。母乳育児を継続しているとむし歯になるとよく言われていますが、妊娠時より簡単な指導と歯科医院での十分なケアで子どもたちのむし歯が防げることを実証しております。「むし歯なしで自然な卒乳ができて良かった!」とお母さん方に喜ばれる歯科医院です。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

これからママになるあなたに!赤ちゃんの顔は、お母さんが食べてきたもので決まります

こんにちは。モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美です。今回は、赤ちゃんの顔と食の関係についてお話していきますね。これからママになるあなたに!赤ちゃんの顔は、お母さんが食べてきたもので決まります お母さんの摂る食材によって赤ちゃん... 続きを読む

正直ひいた、一人暮らしの彼女と彼女のお母さんのやりとりランキング

毎朝お母さんからのモーニングコールで起きている お母さんにしょっちゅうお小遣いをせびっている 生活費の大半はお母さんの財布から出ている お母さんにしょ... 続きを読む

意外と知らない赤ちゃんのほっぺが赤い理由

急な温度変化でほっぺが赤くなる
赤ちゃんのほっぺが赤くなる一つの原因としてあげられるのが、急な温度変化です。冬の寒い時期、気温の低い屋外で赤ちゃんの頬は体内の熱を逃さないように毛細血管を細くして乗り切ろうとします。その状態から暖房の効い... 続きを読む

夫が無精子症だった… でも赤ちゃんがあきらめられない場合どうする?

不妊の原因が夫の無精子症だった場合。治療はできる?
赤ちゃんを授かる道はある?
無精子症とはどういう病気なのか、また子供を授かる可能性があるかについてまとめました。 男性不妊の主な原因が無精子症 まず妊娠するには、男性の精子が子宮内を通... 続きを読む

【アラフォー妊娠ライフ】ドキドキの帝王切開。ついに赤ちゃんとご対面!

手術日前日、入院用の荷物が詰まったトランクを転がしひとりで病院へ。ここまで来たらあとはもう産むだけです。何も知らないお腹の赤ちゃんは、モコモコ、モコモコと今日も元気いっぱい。夜中、病室そばの分娩室から産声が聞こえてきます。明日には私も…... 続きを読む

原因は遺伝?赤ちゃんのアトピーの原因とは

アトピー体質はそれぞれ個性がありますから、原因もそれぞれ異なります。もし無事に生まれてオギャー!とないてくれた赤ちゃんでも、アトピー性皮膚炎などがみられると、アトピーの赤ちゃんとなります。そんな、何にも触れていない生まれたての赤ちゃんは... 続きを読む

生まれ月による体質や性格の違い。それはお母さんのお腹の中で決まる?

こんにちは。モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美です。私たちにはみなさん必ず「誕生日」があります。その誕生日が何月かによって、実はすでに性格や体質が違っているのです。それはお母さんが食べたもので赤ちゃんの体が作られることから、非... 続きを読む

赤ちゃんのお肌は生まれた直後からの保湿が大事!しっかりケアでアレルギー予防も

赤ちゃんの肌はツルツル、スベスベのイメージがあり、スキンケアなどしなくても大丈夫だと誤解されがち。しかし、赤ちゃんの時期こそ、しっかりした保湿ケアが大切です。 最新の研究では、新生児期からしっかり保湿ケアをすることで、アトピー性皮膚炎... 続きを読む

土台から叩き直す「形状記憶式」の小顔矯正【かけこみ寺サロン】

女性なら誰しも憧れる小顔。数ある小顔矯正サロンの中から今回ピックアップしたのは「形状記憶矯正」で人気の小顔スタジオ二子玉川店。“体が小顔を忘れない…”形状記憶の秘密に迫りました! 人間の体を家に例えたら、顔は「屋根 」!土台や柱がゆが... 続きを読む

【アラフォー妊娠ライフ】妊娠4ヵ月・増えた体重は全部お母さんの“脂肪”です

初めまして。新米妊婦の五十嵐ななと申します。現在妊娠4ヵ月で出産予定日には42歳。高齢出産かつ初産で戸惑いの多い日々ですが、そんな心境も含めつつ妊娠中の心身の変化や検診のこと、みなさんの参考になりそうな情報などをお届けしていきたいと思い... 続きを読む