しゃっくりは横隔膜のけいれん-なんで起こるの?病気が原因かも

ほとんどの場合は心配ないが、重大な病気が原因のことも

横隔膜のけいれんと声帯の閉鎖が連動。脳や消化器の病気、がんなどが原因で起こることもある

横隔膜のけいれんで声帯が閉じられるときに特有の音が

 熱いものを飲んだときや大笑いをしたとき、あるいはお酒を飲みすぎたようなとき、不意にしゃっくりが起こってなかなか止まらずに困った、という経験はありませんか。自分の意思とは無関係に「ヒクッ」「ヒクッ」と続くとわずらわしいものですが、そのうち何とか治まるのがふつうのしゃっくりです。

 ところが中には何時間も続くことがあり、そうなると食事や睡眠の妨げになって、高齢者だと全身が衰弱することにもなりかねません。ときには胃や食道など消化器の病気、脳神経系の病気などが原因で起こることもあります。たかがしゃっくり、されどしゃっくり、なのです。

 しゃっくりは、実は赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいる胎児のときからしているといわれます。胎児が母体の羊水の中に浮かんでいるとき、飲み込んだ羊水で膨れた胃の刺激により横隔膜がけいれんを起こすことがあり、これらの運動がしゃっくりである、などの説があります。確かに、胎児のしゃっくりを感じとっている妊婦さんは少なくないようです。

 けいれんを起こす横隔膜とは、体の内部の胸の部分とおなかの部分を上下に分けている膜状の筋肉です。この筋肉が何らかの刺激が引き金になってけいれんし、それと連動して声帯のすき間が閉じられるときに例の特有の音が出ます。引き金になる刺激とは、暴飲暴食、炭酸飲料を飲んだとき、たばこの吸いすぎ、食事や飲酒のときに空気も一緒に飲み込んでしまう空気嚥下(えんげ)症 [呑気(どんき)症ともいう]などがあり、また肥満によってもしゃっくりが起こりやすくなります。

 しゃっくりは始まると一定の間隔でくり返し起こりますが、ふつうはしばらくすれば自然に治まるか、しゃっくり止めの民間療法を試みて止めるのが一般的でしょう。どのようなしゃっくり止めの方法があるか、いくつかご紹介します。これらのうち、どれかは試したことがあるという人も少なくないでしょう。

●しゃっくり止めの民間療法
・息を深く吸ってできるだけ長い間止める
・舌を引っ張る
・くしゃみを誘発する
・冷たい水を一気に飲み干す
・急に驚かす
・かきのへたを煎じて飲む など

病気が原因で起こる場合もある

 いろいろな民間療法を試してもなかなかしゃっくりが止まらなかったり、たびたびくり返すようだと、日常の会話や仕事に支障が出るでしょうし、食事や睡眠も難しくなって健康が損なわれる恐れも生じます。外国には68年間もしゃっくりが止まらなくても普通の生活を送った人もいるようですが、一般には48時間以上続く場合は「難治性しゃっくり」として、何らかの病気が原因になっている可能性が高いとみられます。

 以下のような病気がしゃっくりを引き起こすことがある、と考えられています。なかなか治まらないしゃっくりの原因を確かめるためには、「総合診療科」とか「振り分け外来」といった外来が近くにあればそこを受診し、必要なら別の専門科を紹介してもらうとよいでしょう。そういった外来が近くになければ、まずはかかりつけ医に相談してみましょう。

●しゃっくりを引き起こす主な病気
・横隔膜を直接刺激する病気:横隔膜下腫瘍、肝臓がんなど
・横隔膜神経を刺激する病気:食道がん、肺がん、甲状腺がんなど
・脳神経系の病気やけが:脳腫瘍、脳梗塞、頭部外傷など
・呼吸器や消化器の病気:肺炎、気管支ぜん息、消化器系のがんなど
・代謝性の病気:アルコール中毒、痛風、尿毒症など

(編集・制作 (株)法研)

【監修】
河合 隆先生


東京医科大学病院 内視鏡センター教授
1984年東京医科大学卒業、88年同大大学院修了。同大講師、内視鏡センター部長、助教授を経て、2008年から現職。日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本内科学会総合専門医。日本消化器病学会評議員、日本消化器内視鏡学会評議員、日本ヘリコバクター学会評議員、日本消化器内視鏡学会経鼻内視鏡研究会世話人などを務める。得意な治療は食道・胃癌診断と治療、ヘリコバクターピロリ感染症(2次除菌、3次除菌療法も行う)。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

メタボは「肝臓がん」を引き起こす引き金に

こうしてメタボがガンを引き起こす

脂肪(特に内臓脂肪)が増えると、インスリンの働きを抑える物質が血液中に増え、インスリンの働きがいっそう低下します。するとブドウ糖があふれて高血糖が進み、働きの悪さを量でカバーするためにインスリンが増... 続きを読む

下痢を伴う腹痛の原因と対処法 下痢止めは飲んでもいい?

急にお腹が痛くなって、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む。そんな経験は誰もがしたことがあるはず。そんな下痢のときの対処法をご紹介します。 急性下痢の原因は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因 ふだん食事で摂った食べ物の消化吸収は小腸で行われ、水... 続きを読む

アレルギー性鼻炎は気管支ぜん息の危険因子? 早期治療が肝心

世界各地でアレルギー性鼻炎の患者さんが増加しています。青年層の50%以上に症状がみられる国もあります。アレルギー性鼻炎はしぐさや学習にさまざまな障害を引きおこし、睡眠などにも影響を及ぼします。さらに、経済的な損失も、決して低くはありません... 続きを読む

安産になるか難産になるか。それは母体の○○○で決まる!?

こんにちは。モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美です。安産になるか難産になるか、それが決まるのは母体にあるようです。これから妊娠出産を迎える方はぜひ参考にしてみてください。安産になるか難産になるか、それは母体の○○で決まる 食事... 続きを読む

かかりつけ医のすすめ-信用できるお医者さんを探す3つの秘訣

皆さんは病院にかかる前に、いろいろと情報を集めていると思います。評判のいいといわれる病院にかかったとしても、病院は大きい組織のため、いい医師にめぐり合えるとも、望む医療を受けられるともかぎりません。
しかし本来、病院とは大きな検査や治療... 続きを読む

若い世代に増えている潰瘍性大腸炎-完治が難しい病気って本当?

腸内の善玉菌の働きが腸内環境を整え、健康と美容に重要なはたらきをしていることが広く知られるようになり、乳酸菌やビフィズス菌の入った健康食品が人気です。それだけ腸の健康に気を配る人が増えているのでしょう。しかしその一方で、これまで日本人には... 続きを読む

聴診器でいったい何がわかるの? 音の違いで異常を聞き分ける

聴診器で医師が聴いている音で心臓の異常がここまでわかる! ドクターといえば聴診器を当てているイメージ。聴診器で聴いている心音などによってわかる異常を解説します。 聴診器ができる前は直接胸に耳を当てて聴いていた 聴診器を使った診察(聴... 続きを読む

「かかりつけ医」とは? 街のお医者さん、家族の健康の相談もできる

「子どもが風邪気味」「なんだかお腹が痛い」など自分や家族が体調不良を感じたとき、どんな病院を受診していますか? 大人ならば近所の内科医、子どもならば小児科医を受診するのが一般的だと思いますが、どんなときでも診てもらえる「かかりつけ医」が... 続きを読む

一度空気に触れたらキケン!ペットボトルの水はその日のうちに飲みきること

イマドキの飲み水といえばミネラルウォーターが一般的で、外出先ではペットボトルの水を買うこともありますよね。特に夏場は熱中症対策のためにも、ペットボトルを携帯してこまめに水分補給することが大切です。 しかし、外出先で飲みきれなかった水の... 続きを読む

気になる加齢臭-ポイントは活性酸素を抑えること|8つの対策

「お父さん、臭い!」「おばあちゃんの部屋、何か変なニオイ」
年頃のお子さんやかわいい盛りのお孫さんに、こんなふうに言われたらショックですよね。そんなニオイ、本人にはわかりづらいので、“ぬれぎぬ”のように感じてしまうかもしれません。
で... 続きを読む