家庭医が綴る福島からのメッセージ 1-東日本大震災が与えた試練

人は、独りでは生きていけない

大規模な災害医療支援の歯車となった家庭医たち。地域に生き、地域で働く喜びと誇りを胸に、医療と向き合う

私たちの3.11

 2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災。この時から、私たちは大きな試練を与えられました。
 既存の常識やマニュアルが全く機能しない惨状が、目の前の現実として展開しています。そして自らも被災者。電話やメールなどの連絡網が断絶し、家族や仲間の安否すら確認できない中、福島県内各地の研修協力医療機関(おもに診療所や中・小規模病院)で診療に従事していた当講座の後期研修医・指導医たちは、被災した瞬間から、それぞれの持ち場で自ら考え、自ら行動していました。

 津波の被害が甚大だった沿岸部では、幸い当講座スタッフの中で直接津波の被害を受けた者はいませんでしたが、激しい余震が頻繁に起こる中、物が散乱し雑然とした急患室を取り急ぎ片づけ、近隣の医療機関の状況もわからず孤立無援のまま、津波に襲われた方々を次々に受け入れ、ひたすら救急のトリアージ(治療の優先度決定)と初期治療にあたりました。ライフラインの復旧が遅れ、充分な検査や処置ができない状況下では、頼れるのは自身の丸裸の診療能力だけでした。

 直接的な被害が少なかった地域でも、機能を失った病院からの尋常でない数の患者さんを受け入れるため、玄関ロビーにビニールシートを敷いてスペースを確保するなど奔走していました。
 特に電子カルテシステムがダウンした病院からの受け入れは困難を極め、お薬手帳などを頼りに治療内容が把握できればまだよいほうで、病名はおろか氏名すら定かでないケースすらありました。まして、放射線被曝の疑いのある患者さんへの対応など、かつて経験したことのない診療を、わずかな情報を必死にかき集めながら行ったのでした。

家庭医育成に熱い福島

 そもそも私たち福島県立医科大学(以下、福島医大)所属の医師らがなぜ、大学病院ではなく福島県内各地の医療機関で診療に従事していたのか? 未曾有の大災害を予知し、あらかじめ県内各地でスタンバイしていたのか? いや、そうではありません。
 医師不足・偏在が社会問題となっている福島県では、2006年から全国に先駆け、県ぐるみで質の高い家庭医の育成に力を入れています。「家庭医」とは、よく起こる体の問題(かぜ、頭痛、腹痛、腰痛から、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病など)や心の問題(抑うつ気分、不眠など)を適切にケアすることができ、各科専門医やケアにかかわる人々と連携し、患者さんの気持ちや家族の事情、地域の特性を考慮した「患者中心の医療」を実践できる専門医のことをいいます。
 患者さん側からみると、家庭医とは、赤ちゃんのときから高齢になるまで、本人や家族の健康について心配なことや不安があれば、何でも相談して診てもらえる医師ということになります。

 医療崩壊が進む現在の日本では、地域に発生するあらゆる健康問題に適切かつ効率よく対応し、地域住民と強固なパートナーシップを築き、地域全体の健康増進に継続的に責任をもつ家庭医は、地域医療の救世主として、その価値が急速に見直されつつあります。
 福島県では、県内全域に広がる多数の医療機関と地域住民・行政が、大学とともに協働し、大規模スケールで家庭医を養成しています。この先進的なプロジェクトは、“福島医大モデル”として全国に紹介されています。
 地域に生き、地域で働くことのできる家庭医の育成が、福島県の地域医療再生と日本の医療の未来のために課せられた当講座の使命であると考えています。

仲間たちとの再会

 この予期せぬ災害は、日頃私たちを見守り育ててくれている地域の皆さんのために働くことができるという、喜びに似た感覚を私にもたらしていました。「この惨状に対し“喜び”とは不謹慎だ!」とお叱りを受けるかもしれません。しかし、事態の深刻さが明らかになるにつれ、なおさら「今の自分にできることならば、何でも喜んで捧げたい。たとえそれが過酷を極めても……」そう思っていたのは事実です。まして「いま福島にいること」を悔やんだりする感情は全く湧きません。それは何故なのか?

 震災から6週間余り経った2011年4月23日。福島医大で2か月ぶりに「FaMReF」(ファムレフ)が開催されました。「FaMReF」とは「Family Medicine Resident Forum」の略称で、県内各地の家庭医療後期研修医らが毎月1回一堂に会して学ぶ月例の勉強会です。
 当講座開設以来5年間毎月欠かすことなく開催されてきた恒例のイベントだったのですが、3月に予定されていた「FaMReF」は、震災の影響で史上初の中止となりました。
 危機を乗り越えた仲間たちとの2か月ぶりの再会に涙し、黙とうで始まった「FaMReF」は、「震災を語る!」をメインテーマに進行していきます。そこから見えてきたものは……。

地域に生き、地域で働くことのできる喜びと誇りを胸に

 同じ福島県内で同じ時を過ごしながらも、各地で全く実情は異なっていました。しかしながら、個々人がそれぞれの持ち場で、現地のスタッフらと助け合い行動してきたこと一つひとつが、県内全域にわたる大規模な災害医療支援の歯車となって機能していたことを、振り返ることができました。

 今の時点なら、あの喜びに似た感覚の理由がわかります。「地域に生き、地域で働くことのできる家庭医」という大きな夢を共有する仲間たちの存在、そして彼らを支えるすべての人たちが、あのときの私を遠くから強力に支えてくれたことを。
 私にとって3.11は、「人は、独りでは生きていけない」ことを思い知ったのと同時に、福島に生き、福島で家庭医として働いていけることが、私に生涯を通して“喜びと誇り”を与え続けてくれることを確信した日でもありました。

 *タイトル横の写真は、津波の恐怖を体験した患者さんと執筆者です。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
石井 敦先生


福島県立医科大学 医学部 地域・家庭医療学講座 助教
福島県生まれ。福島県立磐城高等学校卒業。1998年聖マリアンナ医科大学医学部卒業後、いわき市立総合磐城共立病院初期研修医、聖マリアンナ医科大学総合診療内科病院助手などを経て、2008年より現職。日本プライマリ・ケア連合学会所属。福島県内各地の研修協力医療機関に赴き研修医・医学生の指導を行う。生まれ育った郷里のために働ける喜びを胸に、福島県全域に家庭医療が普及・定着し、さらに日本全国へと拡がっていくことを夢見て日々活動している。当講座の活動の詳細はHPをご覧ください。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

家庭医が綴る福島からのメッセージ 3-日頃の健康管理の重要さ

質の高い医療が地域で円滑に提供されるための条件として、地域の診療所の医師と病院の各科専門医との良好な連携は最も重要な要素と言えます。今回の大震災の急性期においても、軽症な患者さんのケアや慢性疾患の継続的管理、および疾病予防のための生活指導... 続きを読む

喜びは2倍だけれど……双子の妊娠・出産はハイリスク

近年、排卵誘発剤や体外受精など、不妊治療の影響で双子を授かる妊婦さんが増加傾向にあります。芸能界でも、東原亜希さんが双子妊娠を発表したほか、インリン・オブ・ジョイトイさん、郷ひろみさんの奥様なども、双子を出産しています。 待望の妊娠、... 続きを読む

やせるテクニック:仲間をつくる

ダイエット仲間どうし、楽しいときもちょっぴりつらいときもお互いに支え合って
今まで何度もダイエットに挑戦してきたけれど、一人だとどうも挫折してしまう。そんな人はダイエット仲間を見つけるに限ります!
同じ目... 続きを読む

家庭医が綴る福島からのメッセージ 2-避難所での医療の混乱

今回の大震災では、地震、津波の被害が沿岸部を中心に広範囲に及んだことや原発事故の発生により、さまざまな背景をもった多くの方々が避難を余儀なくされました。特に原子力災害という特殊な事情により、地震そのものでは無傷であったのにもかかわらず、原... 続きを読む

震災から5年…経験者が語る【今、備えておきたいもの】

東日本大震災から5年がたちました。震災直後はあれこれとストックした防災用品なども、すっかりしまい込んだままにしていませんか? 震災を経験された東北の方に伺った「あの時、欲しかったもの」「あってよかったもの」「あの後、備えたもの」を、貴重... 続きを読む

若年認知症の方と家族への支援とは-同じ病気の人同士が集える場所

皆さんは若年認知症という言葉を聞いたことがありますか?
私が初めてこの言葉に出会ったのは、約9年前のことです。若年認知症とは、18歳から64歳までの間に発症した認知症のことです。認知症は、「状態」を示す用語であり、原因にはさまざまな疾患が... 続きを読む

震災で受けたストレスの癒し方-起きた出来事を振り返ることの大切さ

2011年3月11日。未曾有の震災が日本を襲いました。あの日、あなたはどのように過ごしていたでしょうか。今までにない揺れに恐怖心でいっぱいだったり、電話がつながらなくて不安になったり、ライフラインが止まってしまって困惑したり。思い返してみる... 続きを読む

戦争や災害だけではないPTSDの原因

多様化してきたPTSDの原因
PTSDとは、心的外傷により生じた過覚醒症状や回避、侵入症状といった症状が1ヶ月以上続いている状態を指す障害です。1ヶ月未満の症状はASDにあたります。


ASDは、大きなショックを受けた後の正常な... 続きを読む

蚊の被害 7つの対策と9つのかゆみ対処法

蚊に刺されやすい人の6つの特徴

血液型
よく刺されやすい血液型と、刺されにくい血液型があると言われる。一般的には、O型が刺されやすく、A型が刺されにくいと言われている。
カ - goo Wikipedia (ウィキペディア)
... 続きを読む

パニック障害の症状と治療法-動悸や息苦しさ不安を感じたら

突然、心臓がドキドキしてきて、息苦しくなってきた。ふらつきも感じるし、不安でたまらない。これはいったいなんだろう・・・
動悸、息苦しさ、冷や汗、ほてり、手足の震え・痺れ、吐き気、めまい、ふらつきなどのうち幾つかが同時に襲ってくる。
今にも... 続きを読む