PM2.5から体を守る-マスクはした方が良い? 対策法など

呼吸器や循環器への影響が懸念されるごく小さな大気汚染物質

越境汚染だけでなく国内の都市汚染の影響も大。環境省が注意喚起のための暫定的な指針を発表

最近のPM2.5濃度の上昇は、越境汚染と国内の都市汚染の影響が組み合わさっている

 今年に入って、微小粒子状物質(PM2.5)という大気汚染物質への関心が高まっています。まず1月、PM2.5による中国の大気汚染が大きく報じられました。中国の大気汚染は以前から問題になっていましたが、今回は汚染物質が滞留しやすい気象状況や、暖房のための石炭の使用増加なども重なり、北京市を中心に大規模かつ深刻な大気汚染が発生。健康への影響だけでなく、視界不良による航空便の欠航など交通機関にも支障をきたすほどでした。
 日本でも西日本を中心に広範囲にわたって環境基準(健康保護のために維持することが望ましいとされる水準)を超えるPM2.5が観測され、環境省は越境汚染が影響していた可能性があると発表しました。

 さらに、春先から5月初めにかけては、アジアの内陸部から飛んでくる黄砂(こうさ)の量が多くなります。飛来してくる過程でさまざまな大気汚染物質をとりこむ黄砂とともに、PM2.5の飛来も増えることが予想されます。

 さてここまで、大陸からの越境汚染に関する話題でしたが、PM2.5は通常でも日本の大気中で観測され、特に都市部などでは以前から高い濃度が観測されています。今回の濃度上昇は、大都市圏では越境汚染と国内の都市汚染の影響が組み合わさっていた可能性があります。

 ここで、PM2.5とは何か簡単におさらいしておきましょう。大気中には、揮発性有機化合物や窒素酸化物などの汚染物質が混ざってできた粒子状の物質が浮遊していますが、その中でも粒径2.5マイクロメートル(2.5ミリの千分の1)以下のごく小さな粒子をPM2.5と呼んでいます。
 PM2.5は化石燃料や草木などを燃やしたときに発生し、車の排気ガスや工場のばい煙などが主な原因となっています。直径が髪の毛の30分の1程度と大変小さいため、吸い込むと肺の奥まで入りやすく、ぜんそくや気管支炎、肺がんなどの呼吸器系の病気のほか、血管に入り込んで動脈硬化や心臓病、脳梗塞など循環器系の病気を引き起こす恐れがあると言われています。

環境省はPM2.5に対する注意喚起のための暫定的な指針を設定

 日本ではPM2.5について「1年の平均値が1立方メートル当たり15マイクログラム以下で、かつ1日の平均値が35マイクログラム以下」という環境基準が平成21年に設定されています。
 40年ほど前には日本でも今の中国に近い大気汚染がありましたが、その後大きく改善されてきました。大気汚染防止法による工場などのばい煙発生施設の規制や自動車排出ガス規制などによって、ここ10数年間をみても、国内のPM2.5の年間平均濃度は減少傾向にあります。それでも、平成22年度におけるPM2.5の環境基準達成率は低い水準に留まっています。

 最近のPM2.5への関心の高まりを背景に、環境省は2月半ばに「専門家会合」を開催して大気汚染の現状や健康への影響、濃度が高くなった場合の対策などを検討。2月末、PM2.5の1 日平均値が環境基準の2倍を超えると予測される日に、都道府県が住民に対して外出などを控えるよう注意喚起を求める暫定的な指針を示しました。
 指針では、多くの人が活動を開始する午前中の早めの時間帯に「1時間値で1立方メートル当たり85マイクログラム(1日平均値が環境基準の2倍である70マイクログラムを超えることが予測される値)」を超えた場合、都道府県が次のような注意喚起を行うこととしています。

【行動の目安】
・不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らし、屋内でも窓の開閉や換気を必要最小限にする。
・高感受性者(呼吸器系や循環器系疾患のある人、小児、高齢者など)は、体調に応じてより慎重に行動することが望まれる。
*1 日平均値が70マイクログラム以下であっても、高感受性者では健康への影響がみられる可能性があるため、体調の変化に注意する。

 また参考情報として、その他の対策について次のように挙げています。
●マスクの着用 医療用や産業用の高性能な防じんマスクには微粒子の吸入を減らす効果があるが、顔の大きさに合ったものを空気が漏れないように着用する必要がある。不織布マスクなど一般用マスクにはさまざまなものがあり、それぞれの性能によって吸入防止効果は異なる。

●空気清浄機 PM2.5除去効果は、フィルターの有無や性能など機種によって異なるため、効果に関する詳細は製品表示や販売店・メーカーに確認する必要がある。

PM2.5はたばこの煙にも多く含まれる

 実は、PM2.5の発生源には、車の排気ガスや工場のばい煙などよりもっと身近で問題の大きいものがあります。それはタバコです。PM2.5はタバコの煙にもたくさん含まれていて、特にフィルターを通さず周囲に広がる副流煙に多いのです。環境省は、喫煙によって室内のPM2.5 濃度が大きく上昇することに注意を呼びかけています。

 さらに、日本禁煙学会は2月「日本では国内の受動喫煙が最大の“PM2.5問題”」とする見解と提言を発表、「禁煙を実施していない日本の飲食店内は、北京の最悪汚染時に匹敵するPM2.5レベルとなっている」と警鐘を鳴らしました。
 日本のさまざまな飲食サービス業店内のPM2.5濃度を調べた学会のデータによると、全面禁煙の店と完全分煙の店の禁煙席以外では、ほとんどすべてで1立方メートル当たり100マイクログラムを超え、自由喫煙の居酒屋ではなんと700マイクログラムを超える高濃度になっていました。禁煙席でも、喫煙席と完全に仕切られていない店は大変高い濃度が観測されました。
 家庭でも、喫煙する家族がいる屋内の濃度は喫煙者のいない家庭より30マイクログラム高いことがわかっており、学会では屋内の全面禁煙を訴えています。

 最後にPM2.5に対する防衛策をまとめると、濃度の高い日はできれば外出を控える、外出するなら高性能のマスクをきちんとつける、室内では換気を避けPM2.5除去効果の確かな空気清浄機を使用する、禁煙する、といったところでしょうか。

【PM2.5に関する情報】
環境省ホームページ
 『微小粒子状物質( PM2.5 ) に関する情報サイト』
 『微小粒子状物質(PM2.5)に関するよくあるQ&A』
 環境省大気汚染物質広域監視システム『そらまめ君』

*そのほか、国立環境研究所や各自治体のPM2.5関連情報サイトがあります。

(編集・制作 (株)法研)

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

我が家をマイナスイオンで癒し空間にする方法-4つのポイント

緑が美しい季節になりました。気候がいい季節、みなさんお休みの日はどう過ごされていますか? 時間に追われ、忙しい毎日が続いていると、都会の喧騒や満員電車の中で、ふと大自然の中で思いっきり伸びをし、新鮮な空気を胸いっぱい吸い込みたい!温泉に行っ... 続きを読む

携帯電話の電波はペースメーカーに影響なし 総務省が指針を発表

携帯電話の電波のせいで心臓のペースメーカーが誤作動を起こす…そう思ってはいませんか?しかし、携帯電話の電波はペースメーカーには影響がないことが、総務省の調査結果からもわかっています。 携帯電話の電波の影響は極めて限定的 2014年度... 続きを読む

働く世代の喫煙率は下げ止まり-妊娠中、出産後の喫煙が問題

喫煙が肺がんだけでなく全身のがんのリスクを高め、脳卒中や心筋梗塞をはじめとするさまざまな病気の原因となることは広く知られるようになっています。しかし、喫煙率は一頃より減ってはいるものの、働く世代の男性ではまだまだ喫煙する人の多いことが、国... 続きを読む

公共の場の全面禁煙へ-受動喫煙防止の大切さを理解して

街中の多くの人が利用する施設では、「禁煙」を掲げることが今や当たり前のようになっています。この当たり前のようなことをさらに徹底し、公共的な場所を「全面禁煙」にする動きが加速しそうです。
これは、厚生労働省が「受動喫煙防止対策について」と... 続きを読む

産地直送!とれたてサンマの買えるサイト

とれたてのサンマが食べた~い!
そんな人のために、gooダイエットではとれたてのサンマをご自宅まで直送してくれるお魚屋さんを集めてみました。どちらも新鮮なサンマを送ってくれる親切でお店ばかり。お好みの... 続きを読む

子どもの足の健康、気にかけてますか?女の子に多いトラブル

扁平足や外反拇趾、スポーツ障害など、子どもの足の健康が問題となっています。文部科学省では、1980年ごろの小学5年生の1日の歩数は23000歩であったが、20年後には13000歩と半減しており、1日に約1時間分の歩行が失われていると報告し... 続きを読む

熱中症は屋内にいてもなる? オフィスや家庭でも対策方法

昨年の夏は平均気温が観測史上最高、熱中症で救急搬送された人の数も過去最高という記録的な猛暑でした。今年は、梅雨も明けないうちから猛暑日を記録するなど、6月の暑さは昨年以上で、その後も暑い日が続いています。東日本大震災による電力不足対策で節... 続きを読む

ナンパが上手そうなイメージのある都道府県ランキング

大阪府 東京都 神奈川県 兵庫県 沖縄県 6位以降をみる ... 続きを読む

花粉症の完治する?「舌下減感作療法」は本当に効果があるのか?

花粉症の人には憂うつなシーズンになりました。気象情報会社の発表では、昨年夏の日照時間が全国的に少なかったことから、北海道以外のエリアでは今シーズンのスギ花粉の飛散量は昨シーズンの半分以下と予想しています。ただし、飛散開始の時期は早まり、東... 続きを読む

絶対に日焼けしたくない人-鉄壁のUVケアとスキンケアとは?

初夏の陽気に誘われて、近所のお散歩からレジャーまで、アウトドアを楽しむ機会が増えますね。そこで徹底したいのが、紫外線のプロテクト。
紫外線はシミ、そばかすをつくるだけでなく、シワやたるみ、くすみなど老化全般を早めることも知られるようにな... 続きを読む