生理が遅れたら、まずはどうすればいい? 病気の可能性がある場合

まず妊娠反応を確認。妊娠でなくても3カ月遅れたら婦人科へ

妊娠検査で陽性なら1週間以内に婦人科へ。若いときの無月経を放置すると将来に影響することも

生理が遅れても受診しなくてよい場合と受診が必要な場合がある

 月経(生理)が遅れると、びっくりして婦人科に駆け込んでくる人がたくさんいますが、病院に来なくてもよい場合と、必ず診察を受けてほしい場合があります。しっかりと区別して対応するようにしましょう。

 25日から38日程度の周期で出血が起こっていれば、正常な月経周期です。しかし、周期が正常でも、夜用ナプキンが数時間であふれるほどの多量の出血がある場合や、鎮痛剤が効かないような痛みがある場合は異常です。
 一方で、不定期であっても3カ月以内に次の月経が来る場合は特に治療は不要です。妊娠するために必要な排卵が少ないため妊娠には不利ですが、妊娠を考えていないのであれば必ずしも治療しなくてもよいのです。

 また、18歳になっても自然に月経が来ない場合は、原発性無月経という病気です。治療が必要な場合もあるのですぐに婦人科を受診しましょう。

1週間以上遅れたら、市販の妊娠検査薬で検査を!

 月経が予定日から1週間以上遅れた場合、セックスをしている人は、薬局で売っている妊娠検査薬を使って妊娠していないか必ず確認しましょう。ちゃんと避妊をしたつもりでも、妊娠している場合があります。
 月経予定日から少し遅れていつもと違う出血があった場合、それが月経ではなく子宮外妊娠(異所性妊娠)の不正出血という場合もあります。子宮外妊娠は現代の日本でも毎年数人が亡くなっている怖い病気です。月経がおかしいと感じたときは、まず妊娠のチェックをして、陽性だった場合は1週間以内に婦人科に行きましょう。

 妊娠反応検査は、月経の遅れで婦人科を受診したときに必ず最初に行う検査です。病院での待ち時間を減らすためにも、自分で行っておいたほうが得です。市販の妊娠検査薬は病院のものとほとんど同じです。

3カ月以上遅れたら病院へ

 これまで定期的にあった月経が3カ月以上止まった場合を続発性無月経といいます。もともと月経が定期的に来ない女性もたくさんいますし、定期的に来ている人でも月経がずれることもよくあります。

 しかし、病気ではなくても、女性の全般的な健康のためには3カ月に1回程度の月経が起こるほうが有利です。そのため月経が3カ月以上遅れたら、女性ホルモン剤を投与して月経を起こします。もちろん、妊娠ではないことを必ず確認してから病院に行きましょう。

続発性無月経の原因はさまざま

 月経はホルモンの働きによって起こります。その流れは脳→卵巣→子宮と伝えられます。この流れのどこかに問題があると無月経になります。

 特に近年問題になっているのは、フィギュアスケートや体操競技などの選手が無理なダイエットをすることで無月経になっているのにそれを放置し、骨折をくり返して競技人生を縮めたりすることです。
 若いうちの無月経を放置すると、骨が弱くなって骨折したり、妊娠しにくくなったり、将来に影響を及ぼすことがあります。競技のためにも、その後の人生のためにも無月経を軽視してはいけません。

 病院では、血液検査や超音波検査などによって、原因を調べて治療を行います。

●脳に問題がある場合
 向精神薬などの副作用、ストレス、無理なダイエットによる急激な体重減少、脳腫瘍などにより、脳からの命令が出ない場合があります。採血してホルモンをチェックしたり、MRIで脳に腫瘍がないかなどを調べたりします。

●卵巣に原因がある場合
 閉経が近くなって卵巣が働かなくなったり、卵巣に腫瘍ができたりした場合などです。採血して卵巣からのホルモンを調べたり、超音波検査をしたりして判断します。
 45~55歳くらいで閉経するのが正常ですから、40歳を過ぎた頃から月経が不規則になる人もいますが、3カ月に1回の月経があれば問題ありません。

●その他
 甲状腺の異常や体のどこかに女性ホルモンを出す腫瘍ができた場合などにも無月経になります。採血してホルモン値を調べ、異常がないかどうかを調べて判断します。動悸やだるさ、むくみなど、ほかの症状も同時に起こることがあります。

月経はホルモンの変動がわかるバロメーター

 月経が1週間遅れただけで焦って病院に飛び込んでくる人がいる一方で、何年も月経が来ていないのに放置している人もいます。
 女性ホルモンは月単位、年単位で変化していますが、その正常な変化を含めた動きを実感できるのが月経です。ですから月経は女性の体のホルモンの変動がわかるバロメーターなのです。正しく対応することで、元気に過ごせる時間を長く保つことができます。

 病院で、「もっと早く来ておけばよかったのに」、「このくらいで来ることはなかったのに」と言われないためにも知っておいてください。病院をうまく使って、元気に長生きしましょう。

(編集・制作 (株)法研)

【執筆】
太田 寛先生


慈桜会 瀬戸病院産婦人科(埼玉県所沢市)
北里大学医学部公衆衛生学 助教
1989年京都大学電気工学科卒業後、日本航空に勤務。2000年東京医科歯科大学卒業。茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センターを経て、北里大学医学部助教。瀬戸病院へ出向中。医学博士、日本産科婦人科学会専門医。

コラムに関連する病名が検索できます。

生理が遅れたら、まずはどうすればいい? 病気の可能性がある場合 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

生理不順や生理がこないは病気のサイン? 放置するとどうなる?

先ごろ、日本のトップレベルの女性アスリートの4割に月経周期の異常があり、「無月経」の人が1割にも達するという衝撃的な調査結果が発表されました。
しかも、最近はトップアスリートだけでなく普通の若い女性の間で無月経が増えているといいます。 ... 続きを読む

運動嫌いでもできる腹筋でお腹美人!「おへそ」はクビレのバロメーター

「食欲の秋」いかがお過ごしですか?メディアの“美味しいもの特集”が強烈で、「粗食・少食・腹七分」なんて言葉が記憶の彼方へ去って行ってしまいそう。本能的にも冬に向かって栄養をため込もうとする季節なのよね~、なんて、食べ過ぎる自分を正当化し... 続きを読む

結婚が決まったら-二人の健康診断 ブライダルチェック検査とは?

これから結婚をひかえているあなたは、新しい生活に期待を感じつつ、さまざまな準備をすすめているのではないかと思います。
そのなかにぜひ加えてほしいのが、結婚前の健康診断である「ブライダルチェック」。
幸せな新生活の基礎となるのは、ふ... 続きを読む

妊娠検査薬のフライング検査で「妊娠力」が分かる? メリットとデメリット

一般的に妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後からの使用を推奨していますが、その前に使うことを「フライング検査」と呼びます。その検査でわかることをご紹介します。 自分の妊娠力を検査薬で知る 市販の妊娠検査薬は、妊娠すると分泌するhCG(ヒ... 続きを読む

女性の身体は月のリズムで変わる。月の満ち欠けとアロマセラピー【新月編】

新月と満月を意識したことがありますか?新月は浄化のエネルギーなのでデトックスに最適な時期。満月は満たすエネルギーなので溜め込みやすくなり、すべてにおいて吸収する時期。いいものを取り入れるということにも意識をむけたほうがいいかもしれません... 続きを読む

女性の病気|こんな症状はすぐに病院へ|不正出血など5つの症状

何となく気になる症状があっても、忙しい毎日の中でついつい取り紛れて見過ごしてしまうことがあります。どんな症状に注意すべきなのか、何に気を配っておくといいのかを知っておくと、病状が進んでしまう前にスムーズに対処できるでしょう。
とくに婦人... 続きを読む

病院の診察はなぜ待ち時間が長いのか? 緊急のときの対処の仕方

病・医院から足が遠のく理由の一つは待ち時間です。なぜ1時間も2時間も待つのでしょう。法律では外来患者40名に対し医師一人を配置するように考えられています。医師の労働時間を1日8時間労働とすると、患者さん一人に割り当てられる時間は12分。そ... 続きを読む

画期的!婦人科検診が恥ずかしくなくなる「検査用パンツ」

子宮頸がんは乳がんと並んで、早期発見すれば治癒できる病気です。にもかかわらず、日本の子宮頸がん検診率は38%弱と、米国の85%などと比べるととても低く、2013年には約2700人が死亡しています。 子宮頸がん検診などの婦人科検査はショ... 続きを読む

婦人科の診察-こんな症状があったら受診するべき-8つの症状


「生理の周期が乱れている」「おりものが多くて心配」……日頃、婦人科系の不調があっても、診察を受けるのをついためらってしまいませんか?
その理由として、婦人科の診察や検査の内容がよくわからないことがあげられます。でも、そんな不安は、診察... 続きを読む

妊娠検査薬で初期の妊娠が分かる? 妊娠初期の体調変化や注意点

正確さは9割以上と言われている市販の妊娠検査薬。でも、あまりに妊娠早期だったり、間違った使い方をしたりすると、判定できない場合があります。正確に使うためのコツをお伝えします。 妊娠をはやく知れば、はやく体調管理が 妊娠検査薬は、妊娠した... 続きを読む