若年性アルツハイマーってどんな病気-遺伝によって発病、症状は?

誤解の多い、若年性アルツハイマー病についてお話します。

もの忘れがひどいと、若年性アルツハイマー病を疑いがち。病気の内容を詳しく知れば安心です。

それってアルツハイマー!?

 「もの忘れが多くなってさあ・・・」
 「それって若年性アルツハイマー病じゃないの?」
 最近、若い人の間でこんな会話が交わされるようになりました。しかし、話題になるわりには、その実態はよく知られていません。

 10代~30代の若い人で不安を感じている人がいるようですが、その心配は単なる杞憂。この年代でもの忘れがひどくなるのは、睡眠不足やストレスが溜まっているなどが原因であるケースがほとんどです。

 そもそも若年性アルツハイマー病とは、40代から65歳までに発症するアルツハイマー病。通常、アルツハイマー病にかかる人は65歳以上の高齢者がほとんどですが(老年性アルツハイマー病という)、それと比較すると若い中高年者に発症することから若年性アルツハイマー病と呼んでいます。

遺伝によって発病

 若年性アルツハイマー病も老年性と同じように、最初は、もの忘れが増える、日付や自分のいる場所がわからなくなる、感情表現など精神活動が低下する、といった症状が見られますが、老年性よりも病気の進行が早く、症状も重くなる傾向が見られます。
 また、働きざかりの40、50代でアルツハイマー病を発症するわけですから、家計や介護などさまざまな面で問題がおこります。

 しかし、若年性アルツハイマー病は、老年性のように誰もがかかる可能性がある病気ではありません。若年性アルツハイマー病の原因は、遺伝によるものがほとんど。ごく大まかにいって、アルツハイマー病の原因となる遺伝子に異常がある人は、40代でも発病する可能性があるのです。原因となる遺伝子は次々と見つかっていますが、まだ研究は半ばで、しっかりした遺伝子診断ができる状況ではありません。また、万が一発症しても、発症初期より前の「前駆期」段階で発見し、適切なケアを受けることができれば、病気の進行を遅らせることができます。

アルツハイマー病「前駆期」チェック

 若年性アルツハイマー病は、早期発見、早期治療が大きな意味を持つ病気。以下に、アルツハイマー病「前駆期」段階の症状をあげます。一つずつチェックしてみましょう。

 1 複雑な精神機能を必要とする作業の質と量が変化する。
 2 仕事の能率と量が低下する。
 3 全体状況を判断することが困難になり、細部にこだわるようになる。
 4 その人らしい「個性」が失われてくる。
 5 何となくだるいというような、不定愁訴が増える。
 6 頭痛やめまい、うつ気分、不安感などで悩むことが多くなる。
 7 根気が続かない、疲れやすくなる。
 (武田雅俊氏、篠崎和弘氏、西川隆氏による「臨床症候」より)

 必要以上に病気の発症をおそれることはありませんが、私たちは「痴呆」を遠い先のことと考えがち。同じようなミスが続いても、「年のせいだ」と軽く考えてしまうものです。しかし、「自分だけはぼけるはずがない」と思うのはすこし楽観的すぎ。とくに家族にアルツハイマー病を発症した人がいる場合は、日ごろからかすかな兆候を見逃さないようにしたいものです。

(「アルツハイマーがわかる本」植木彰著、法研より)

【著者】
植木 彰


自治医科大学付属大宮医療センター神経内科教授
1973年東京大学医学部卒業。自治医科大学神経内科助手・講師、ロンドン大学留学を経て1999年より現職。アルツハイマー病、パーキンソン病など高齢者に多い神経性疾患の危険因子の解析専門。『健脳食』(講談社)など著書多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

そのもの忘れ、若年性アルツハイマー病かも

若年性アルツハイマーってどんな病気

働きざかりの40、50代でアルツハイマー病を発症するわけですから、家計や介護などさまざまな面で問題がおこります。
意外と知らない若年性アルツハイマー病 - goo ヘルスケア

認知症には脳... 続きを読む

「アルツハイマー病」の発症リスクを減らす方法

運動習慣を身につける

糖尿病はアルツハイマー型認知症のリスク要因となっている。インスリンの分泌を増やす糖質中心の食習慣、運動不足、内臓脂肪過多がアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータの分解を妨げているとしている。
糖尿... 続きを読む

認知症と物忘れのちがいとは? 認知症を見分ける8つのチェック

昔見た洋画の主演俳優の名前が出てこない、重要な書類をどこにしまったか思い出せない――こんな「もの忘れ」の経験はありませんか?
年をとれば誰にでもあること、と気楽に考えることができる一方で、そんなことが時々あると、「もしかして悪い病気?」と... 続きを読む

認知症-老化との違いとは? 適切な初期治療で症状緩和も

私たちの脳は日常のあらゆる活動をコントロールしている大切な司令塔です。
認知症とは、なんらかの原因で脳の神経細胞が破壊されたり働きが悪くなることによって、記憶や分析・判断、実行といった認知機能が障害され、生活上の支障をきたす状態です。 ... 続きを読む

今すぐチェック!若年性認知症チェックリスト

若年性認知症とは

若年性アルツハイマー病は進行が速いため、とくに早期発見が重要です。
最近もの忘れが激しいけれど大丈夫? - goo ヘルスケア

認知症のうち、64歳以下で発症するものを若年性認知症と呼びます。若年性認知症に... 続きを読む

子宮筋腫とは?30〜40代は筋腫の危険年代 大きくなると手術も

30歳以上の5人に1人が悩んでいるという子宮筋腫。筋腫ができる位置や大きさによって症状はさまざま。ときには、子宮全摘という深刻な選択を迫られることも。子宮筋腫の正体を、正しく知りましょう。 30〜40代は筋腫の危険年代
大きくなると手... 続きを読む

女性や若い人にも多い甲状腺がんとは

女性や30歳代の若い人に多い甲状腺がん

甲状腺にできる腫瘍のうち悪性のもの。甲状腺腫瘍の約20%ががんといわれ、女性は男性の約5倍と圧倒的に多い。
甲状腺がん - goo ヘルスケア

甲状腺がんは、乳頭がん、濾胞(ろほう)が... 続きを読む

唇の個性を演出するリップスピーク

~ビューティー・ルネッサンスを迎えるために~ザビエル鈴木のやせて魅せるワザ 厚みと幅だけではない唇
こんにちは、ザビエルです。
前回で、唇の顔においての位置と、厚みと幅のバランスによってイ... 続きを読む

若年性アルツハイマーの10の初期症状チェック-有効な治療は?

日本では、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症もしくはその予備群と言われ、高齢者人口の増加に伴って認知症患者も増加しています。今年(2014年)春には、認知症高齢者の徘徊などによる行方不明者の多いことが話題になりました。
認知症は脳の... 続きを読む

デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常が... 続きを読む