過活動膀胱(OAB)ってなに? 「トイレが近い」「我慢できない!」

ご存知ですか? 過活動膀胱(OAB) PART1

頻尿、尿もれ…年のせいだとあきらめていませんか。
40歳以上の8人に1人が過活動膀胱で悩んでいます。

過活動膀胱(OAB)ってなに?

 「最近、トイレが近いなあ……」ふと、そう感じることはないですか? 「トイレが近い(頻尿)」「尿意を感じたとたん、我慢できなくなる(尿意の切迫感)」など、排尿に関するトラブルを抱えている人は、ずいぶん多くみられます。
 しかし、人前で口にすることがはばかられるため、積極的に医師の診察を受ける人も少なく、これまで実態が明らかになっていませんでした。

 ところが、2002年国際禁制学会(ICS)により、これらの排尿障害に過活動膀胱(OAB)という疾患名がつけられました。これによって、ひそかに悩んでいる人にとっても、この病気はぐっと治療しやすいものになったのです。
 過活動膀胱(OAB)の症状には、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「切迫性尿失禁」などがあります。

・頻尿とは?
日中トイレの回数が8回以上にのぼる(昼間頻尿)
夜中、排尿のために1回以上起きる(夜間頻尿)

・切迫性尿失禁とは?
尿意が我慢できずもらしてしまう
*この尿失禁は、腹圧性尿失禁(くしゃみや咳などお腹に力がかかったときに尿がもれる)とは違います。ただし、切迫性尿失禁と腹圧性尿失禁の両方の症状があることもあります(混合性尿失禁)。

 過活動膀胱の症状があると、外出先ではトイレの場所を確認しないと落ち着かなかったり、夜間の頻尿で睡眠不足になったりと、日常生活にもさまざまな弊害が出てきます。尿意が我慢できないため、旅行など、人と一緒に外出することをためらい、引きこもりがちになったり、職場によっては余儀なく異動や転職したりするようなケースもでてきます。患者さんの生活の質(Quality Of Life:QOL)に影響を及ぼすことは多いのです。

40歳以上の8人に1人が悩んでいる!

 気になるのは、この過活動膀胱の潜在的な患者が、日本ではとても多いこと。40歳以上1万人を対象としたアンケートでは、40歳以上の場合、患者数は全体の12.4%、なんと810万人の人が何らかの排尿トラブルを抱えています。

 その発症率も年齢が上がるにつれ増えています。昼間頻尿は年齢によらず50%前後ですが、夜間頻尿は年齢が上がるにつれて急に増加します。尿意切迫感は、50~70代では男性の方が多く、切迫性尿失禁は40~60代で女性の方が多くみられます。

 こうした過活動膀胱は、いったいどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。

原因は、下部尿路のトラブル

 排尿のトラブルは、泌尿器系の臓器に問題が生じて起こります。泌尿器系の臓器とは、尿をつくって排出する器官の総称。腎臓、尿管、膀胱、尿道から構成されています。このうち、腎臓と尿管を上部尿路、膀胱と尿道を下部尿路と呼びます。

 尿は腎臓でつくられ、尿管を通って膀胱にためられます。膀胱は、150~200mlの尿がたまると、尿意を覚えます。200~350mlたまるとトイレに行って排尿したくなり、500mlたまると強い尿意となります。この間は、尿道括約筋(尿道を栓のように閉めている筋肉)が収縮し、尿がもれるのを防ぎます。この尿をためている期間を「蓄尿期」と呼びます。尿をする気になると、尿道括約筋がゆるみ排尿筋が収縮して尿が出ます。この排尿している期間を「排尿期」といいます。

 過活動膀胱は、膀胱と尿道で構成される下部尿路の機能異常によって起こります。とりわけ、膀胱の筋肉(排尿筋)の過活動が原因とされています。排尿筋過活動とは、膀胱を形づくる筋肉(排尿筋)が自分の意思とは関係なく勝手に収縮する状態です。そのために、尿が近くなったり、我慢できなくなったり、ついには尿を漏らしたりするのです。

 最近ではこのような症状によく効く薬が手にはいるようになりました。適切な治療を受ければ、症状が軽くなる可能性は非常に高いのです。
 また、過活動膀胱の症状は他の病気でもおこってきます。その中には、膀胱癌や前立腺癌などの癌もあります。男性では前立腺肥大症が原因となっていることも多いです。結石が理由のことも少なくありません。

トイレが近い、漏れそうになるということがあっても、「どうせ年だから排尿障害があって当たり前」とあきらめてしまう人も多いようです。でも、それが過活動膀胱のせいなら、薬が効くことが期待されます。そうでなくても、他に重大な病気が見つかるかもしれません。安易に年のせいとしないで、是非とも診察を受けてみましょう。

(「尿の悩みを解決する本」本間之夫著、法研より)

(資料提供)
過活動膀胱(OAB)解決サイト
ファイザー株式会社

【監修】
本間之夫氏


日本赤十字社医療センター泌尿器科部長
東京大学医学部卒業。都立駒込病院、自衛隊中央病院、三井記念病院、東京逓信病院、東大附属病院など経て現職。排尿障害、泌尿器科がんを専門とする。泌尿器科学会指導医

コラムに関連する病名が検索できます。

過活動膀胱(OAB)ってなに? 「トイレが近い」「我慢できない!」 関連コラム

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

過活動膀胱(OAB)の診断法-まずは7つのセルフチェックから

2002年国際禁制学会(ICS)により、新たな疾患として認められた過活動膀胱(OAB)。その症状は、急に強い尿意が起こり、もれそうな感じになる「尿意切迫感」を中心として、トイレが近くなる「頻尿」や、我慢できずにもらしてしまう「尿失禁」など... 続きを読む

トイレは黄

インドの教え「チャクラ」
トイレのアメニティ類は便秘を解消する力があるといわれている黄系でそろえましょう。なぜ黄色がいいのか、それはインドで生まれた「チャクラ」という考え方が基... 続きを読む

女性の大事な体を支える「骨盤底」とは? 生活の質に大きく影響

「骨盤底」と聞いても、「ナニ?それ」と首をかしげる人が多いのではないでしょうか。
骨盤底は女性の体にとって、とても重要な役割を果たしています。骨盤底は骨盤の底にあり、腹部臓器を支えている部分で、筋肉や繊維組織で形成されています。
骨... 続きを読む

膀胱のはたらき-どれぐらいの尿を蓄えているの? 女性に多い膀胱炎

膀胱(ぼうこう)は尿をためておく“袋”です。恥骨(ちこつ)の後ろに位置し、その後ろ側は男性では直腸、女性では子宮と腟(ちつ)に接しています。袋の中の一番内側は粘膜層で、それを平滑筋(へいかつきん)という筋肉の層が覆っています。
腎臓で... 続きを読む

意外と見られてる!?身に付けたいトイレ後のエチケット

職場や出先のトイレを見れば、そこのマナーのレベルがわかる!と言われるほどトイレはその場所の「顔」といわれています。接客マナー講師の筆者も、研修に伺う際、トイレは念入りにチェックします。また、友人宅や彼の家へお邪魔する時など、使用した人が... 続きを読む

20〜40歳代女性に急増している子宮内膜症

子宮内膜症は進行性の病気

子宮内膜に似た組織が腹膜や卵巣など子宮以外の場所で増殖する病気。
子宮内膜症 - goo ヘルスケア

子宮内膜症は、子宮内膜組織が、子宮内腔以外のところで増殖し続ける、進行性の病気です。内膜症の細胞... 続きを読む

過活動膀胱ってどんな病気? 主な3つの症状と治療法

「過活動膀胱」という病気を知っていますか?
OAB(Overactive Bladderの略)ともいい、2002年に国際尿禁制学会(排尿機能などに関する国際学会)で定義が大幅に変更されたいわば新しい病名です。主な症状は、我慢できないほど強... 続きを読む

主婦検診受けてますか? 婦人科健診や40歳以上はメタボ検診も

生活習慣病が現れ始める年齢になったら、毎年定期的に健診を受けて自分の健康状態を把握しておくことは、現代人のいわば常識といってもよいでしょう。会社員や公務員の場合は職場で定期健診という機会があるので毎年チェックしやすいですが、家庭にいる主婦... 続きを読む

注目ワードコラム [あなたが「年」を感じる時はどんな時ですか?]

注目ワードコラム あなたが「年」を感じる時はどんな時ですか? 帰宅ラッシュの電車の中、窓に映った自分の姿に「あれ?老けたかも」なんて感じることはないでしょうか。30代も半ばを過ぎると、立ち上がるときうっかり... 続きを読む

胆石症ってどんな病気?食後の腹痛や下痢に要注意

食事の後、みぞおちや右上腹部が痛んだり、下痢になったりすることはありませんか?
「何か悪いものを食べたのだろうか」と心配になることでしょう。しかも、1回だけでなく、何回も同じような痛みを感じるようになると、放っておくわけにはいきません。 ... 続きを読む