増加傾向の大腸がん-16の危険度セルフチェック 食事のコツ

初期には症状が乏しいことも。気になる大腸がんの情報です。

大腸がんで亡くなる人の数は、この50年で10倍に増加しています。食生活に気をつけて予防しましょう。

女性のがんでは死因第1位!

 かつて、欧米人に比べると、日本人には大腸がんにかかる人が少ないといわれていました。ところが近年、日本人にも大腸がんにかかる人が増えてきました。

 また、患者数の増加に伴い、大腸がんで亡くなる人の数も増えてきています。厚生労働省の人口動態調査によると、昭和30年に大腸がんで亡くなった人の数はおよそ4200人でしたが、平成17年には約4万800人になっています。
 人口10万人あたりの部位別死亡率の推移を見ると、男性では昭和30年に4.7だったのが、平成16年には35.4に。女性の場合は昭和30年に4.8だったのが、平成16年には28.2になっています。しかも、女性ではがんによる死因の第1位が大腸がんなのです。

 大腸がんが増え続ける背景のひとつに、食生活の欧米化があげられます。世界の統計で見ても、欧米の食事のように、脂肪摂取量の多い国ほど、大腸がんの発生率が高くなっています。

それでは、どうしたら大腸がんを防ぐことができるのでしょうか。専門家は、定期検診の重要性を指摘しています。

早期発見が大切!

 大腸がんはがんの中では、比較的治しやすい病気です。早期に発見すれば、手術によってほぼ完治します。しかし、初期には症状が乏しいため、発見が遅れて肝臓や肺に転移して治療が困難になることもあります。
 そこで大腸がんの予防のためには、地域や職場で行われる定期検診を受けることが重要なのです。ただし、便潜血検査を行うだけでは、出血をともなわない大腸がんの場合、発見できないこともあります。内視鏡検査もできれば受診するようにしましょう。

 また参考までに、大腸がんの危険度セルフチェックの項目をあげておきます。沢山あてはまる人は、一度、医師の診察を受けましょう。

大腸がんの危険度セルフチェック
(1)がん家系である。
(2)肛門の病気がある。
(3)肉食が多い。
(4)喫煙している。
(5)糖尿病を患っている。
(6)便秘がちでおなかが張りやすい。
(7)便に血や粘液が混じる、便が細い、下痢しやすい。
(8)運動不足である。
(9)40歳以上である。
(10)貧血がある。
(11)大腸ポリープを持っている、切除したことがある。
(12)倦怠感がある。
(13)食欲がない。
(14)がんの治療をしたことがある。
(15)ストレスが多い。
(16)たくさん酒を飲む。

食生活で予防するコツ

 大腸がんは、食生活と係わりの深い病気です。食事に気をつけて、予防したいものです。
 大腸がんの増加の一因といわれている欧米化した食生活の特徴は、肉類を中心とした高たんぱく、高脂肪、食物繊維の少ない食事です。予防のためには、その弊害をマイナスした内容が適しています。それは、穀物、魚類、野菜を中心にした、従来、日本人が好んできた食事です。肉を食べたら、いつもより野菜を沢山食べるなど、栄養のバランスをとりたいものです。

 そして、大腸がん予防のためには、アルコールもほどほどにしましょう。1日にビールなら中びん1本までが目安です。
 つね日頃から便秘がちだという人も多く、女性にとって大腸がんは身近な脅威です。日頃の心がけから、リスクを遠ざけたいものですね。

(「大腸がんがわかる本」赤須孝之著、法研より)

【監修】
赤須孝之氏


国立がんセンター中央病院大腸外科医長
1982年東京大学医学部卒業。同大学第一外科研修医・助手を経て、1990年国立がんセンターがん専門修練医となる。2004年4月がんセンター中央病院外科医長(大腸外科)、東京大学腫瘍外科非常勤講師となり現在にいたる。「大腸・肛門外科の要点と盲点」(文光堂)、「癌の外科-手術手技シリーズ4大腸癌」(メジカルビュー社)など著書多数。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

がん患者数No.2の“大腸がん”を徹底追及

男女ともに増えているがん"大腸がん”
日本でかかる人が増えているがんは、「大腸がん」です。食生活が欧米化し、脂肪や蛋白の摂りすぎ、食物繊維の不足などが原因と考えられています。


日本人では、1万5000〜1万7000人に1人発症... 続きを読む

今井雅之さんが会見で告白 女性の死亡数1位の大腸がんとは

俳優の今井雅之さんが末期の大腸がんであることを発表しました。予定していた舞台『THE WINDS OF GOD』は降板し、現在は抗がん剤治療を行っているとのことです。 本来、大腸がんは進行の遅いがんで、早期に見つかればほぼ治すことがで... 続きを読む

女性に多い大腸がん-初期症状と診断の仕方・治療のいろいろ

大腸がんはがんの中では比較的治しやすい部類に入るがん。初期の頃に発見し、手術を受けると、100%近く完治が可能です。そのため、早期発見が重要。次のような症状があったら、医師の診察を受けましょう。 血便・下血
血便と下血は、大腸がんの代... 続きを読む

大腸がんの基礎知識 主な検査方法とは? 大腸がんになりやすい人

大腸は肛門に近い約20cmの部分を直腸、それ以外を結腸といいます。がんの発生した部位により、結腸がんと直腸がんに分けられます。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最新がん統計」によると、わが国での生涯で大腸がんにかかるリスク... 続きを読む

わかっちゃいるけどやめられない第1位・誘惑に負けちゃった

おいしいみかんを一日に4個も 太ってしまって大後悔 宮城県
Fさんが誘惑に負けちゃった時
それは、ダイエット中だったある日のことでした。お母さんがみかん(Mサイズ)1kgの箱... 続きを読む

大腸がんを早期発見-便潜血反応検査って知ってる?

近年、大腸がん(結腸、直腸、肛門のがん)による死亡者数が急増しています。厚生労働省の統計によると、平成19年の日本人の死因の約3分の1は「がん」です。このうち男性の大腸がんの死亡者数は10年前の約1.2倍となり、初めて肝臓がんを抜いて3番... 続きを読む

死因でよく聞く悪性リンパ腫とは

悪性リンパ腫とは
悪性リンパ腫とは、いわゆる悪性腫瘍、つまりがんの一種です。人間の体には、血液と同じようにリンパ液と呼ばれる液体が流れています。この液体の流れの束をリンパ管、さらに膨らみのある部分をリンパ節と呼び、体を流れる一連の循環を... 続きを読む

便秘は大腸がんのリスクにならないって本当? 大腸と便秘の仕組み

「大腸」というと、大腸と呼ぶ一つの腸管を想像する人がいるかもしれませんが、実は、摂取した食物の流れる順にいうと盲腸、結腸、直腸という一連の消化管の総称です。このうち結腸はまた、おなかの右下部に位置する盲腸から上に伸びていく部分を上行結腸(... 続きを読む

日本人がもともととってきた食歴

第1回
ダイエットへの第1歩はサプリメントの摂り方を知ること! 「何となくよくなったのはわかるけれど、何がよくなったのかよくわからない……」。 サプリメントを試したことのある人の大半はこんな感想を... 続きを読む

ウォーキングとカテキンで予防-メタボと隠れ肥満

厚生労働省『平成16年国民健康・栄養調査』によると、男性では20歳以上の肥満者(BMI 25以上)の割合が、ここ20年間で増え続けています。とくに30~60歳代では平成16年の肥満者は30%前後に達しており、現代の中高年男性はまさにメタボ... 続きを読む