腰や脚の痛みは坐骨神経痛かも? 原因となる病気4つの症状

脚や腰が痛い! 坐骨神経痛の原因と症状をお話しします。

神経痛は様々あれど、もっとも多いのが坐骨神経痛。どんな神経痛なのでしょうか?

その痛みとしびれ、原因は何?

 「腰が痛いな」と思っていたら、太ももの後ろ側からふくらはぎ、足に鋭い痛みが生じてきた――中高年以降、このような異変「坐骨神経痛」に見舞われる方が増えています。ところで、坐骨神経痛とは、一体どんなものなのでしょう。

 坐骨神経は、下肢の筋肉を動かしたり、知覚情報を脳に伝える役割を担っています。腰椎から出た神経が何本か集まって骨盤の中を通り、太ももや膝の裏側まで伸びて膝からふたて(総腓骨神経そうひこつしんけいと脛骨神経けいこつしんけい)に分かれており、体の中でも最も長い神経です。
 この坐骨神経の通り道で何らかのトラブルがあるために、坐骨神経が分布する領域で痛みやしびれなどが生じている状態が坐骨神経痛です。
 痛みやしびれだけでなく、足の筋力が低下したり、まひを起こしたり、あるいは歩いている途中で歩きにくくなったり歩けなくなったり、しゃがんだり前かがみになったりすると歩けるようになる「間欠跛行かんけつはこう」という歩行障害を伴う人もいます。

 坐骨神経痛をもたらす病気はいろいろありますが、最も多いのは脊椎の骨の組織や神経に何らかのトラブルが生じる病気、わけても中高年によく見られるのが「腰部脊柱管狭窄症ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう」です。

進行すると排泄がコントロールできなくなることも…

 腰部脊柱管狭窄症とは、腰椎の老化によって神経の通り道である脊柱管が狭くなったため、神経が締めつけられてしまう病気です。前述の間欠跛行に加え、以下のような症状が現われます。

◆腰痛
:腰部脊柱管狭窄症と診断された人の、半数以上が腰痛を訴えます。椎間板ヘルニアや腰痛症と違うのは、この病気による腰痛は、「動いたときに症状が強くなり、安静にしたとき痛みが軽くなる」ところです。

◆下肢痛(脚部痛)
:腰痛についで多い症状です。痛みよりしびれ感の方が強かったり、片方の脚の外側だけに痛みが出ることもあります。

◆脚のしびれ感・知覚異常
:お尻から脚部にかけて、痛みだけでなく、しびれた感じが現われます。他に、冷感、灼熱感、ひきつれ感、締めつけ感などが起こります。また、足裏がジリジリする、足裏の皮膚が厚くなった気がする、などといった知覚異常も起こります。

◆患部の脱力感(筋力の低下)
:約半数の患者さんが、脚部や腰部の脱力感を訴えます。脚に力が入らない、かかとが持ち上がらない、階段などでよくつまずく、スリッパがすぐ脱げる、などの症状が現われるのです。これらの症状は、動作をしているときだけでなく、午後や夕方に強まるのが特徴です。

◆その他の症状
:重症になると、まひが進行して歩行時に尿や便をもらす失禁がみられることもあります。

女性に多いという報告も!

 年齢別の調査で見ると、腰部脊柱管狭窄症は30代より上の世代で増加します。50歳前後から急増し、女性の患者が男性の約2倍以上にのぼる、という報告もあります。
 肥満との関係は明らかになっていませんが、肥満が腰に負担をかけることは確かです。太った人では、脚部の痛みを訴える人も多く見られます。
 腰部脊柱管狭窄症の治療には、薬物療法、神経ブロック療法などが行われます。症状が重くなると治しにくくなりますので、すこしでも異常を感じたら、早めに整形外科医の診察を受けましょう。

(「坐骨神経痛がわかる本」戸山芳昭著、法研より)

【取材協力】
戸山芳昭氏


慶應義塾大学医学部整形外科教授
慶應義塾大学病院副院長
昭和50年慶應義塾大学医学部卒業後、同大学整形外科入局。専任講師を経て平成10年から現職。平成17年から慶應義塾大学病院副院長、医学博士。日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医。日本整形外科学会副理事長・日本脊椎脊髄病学会・日本脊髄障害医学会理事などの他、厚生労働省厚生科学審議会委員をはじめ各種公職も務める。 著書に『腰椎の臨床』(メジカルビュー社)、『脊椎脊髄の手術』(三輪書店)ほか。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

坐骨神経痛の診断のポイント-検査方法や治療法を紹介

腰や脚などに痛みが出て、歩くのが苦痛になる坐骨神経痛。その原因疾患の代表は、背骨にある神経の通り道の「脊柱管」が細くなる腰部脊柱管狭窄症ようぶせきちゅうかんきょうさくしょうです。しかし、腰椎の椎間板が変性してしまった「椎間板ヘルニア」や腰... 続きを読む

デスクワークはお尻が疲れる? 開いたお尻と股関節をストレッチ

長時間デスクワークをする方や車の運転をする方は、肩や首がこるだけでなく、腰が曲がったり、両膝の間が開いて、股関節が外に開いてきてしまいがちです。
そうなると、大殿筋の奥にあって骨盤と股関節をつないでいる中殿筋が後ろに引っ張られ、おしりの... 続きを読む

とにかく脚の太い私! ブーツは諦めなきゃダメでしょうか……

Q.とにかく脚の太い私!
ブーツは諦めなきゃダメでしょうか…… A.ふとももorふくらはぎ、太い部分によって選ぶブーツは異なります。
秋冬の定番アイテム・ブーツ。毎年、色々な素材やデザインが出て、目... 続きを読む

長い時間正座をすると足がしびれるのはなぜ? しびれない4つのコツ

長い時間正座をすると足がしびれます。お茶やお華の席で、いつもつらい思いを味わっている人も少なくないでしょう。正座をしても足がしびれないよい方法はないものでしょうか。
そういえば、お坊さんはお勤めや法事のときなど長く正座をしているけれど、... 続きを読む

臭いおならは腸内の悪玉菌が原因-腸内環境を整えるには?

「出もの腫れものところ嫌わず」とは昔からよくいわれてきましたが、お尻から思わずもれてしまったガス(おなら)が、無音だったにもかかわらずにおいが強烈で、周囲に無言のひんしゅくを呼び起こしてしまった、という経験はありませんか。
もしもにおい... 続きを読む

ほっそり脚を手に入れたい!脚やせに効果抜群なオススメストレッチご紹介します

「ほっそりした脚を手に入れたい」というのはすべての女性の願い。ストレッチで簡単に脚痩せができると知ったらどうしますか?さっそくチャレンジしてみましょう。ほっそり脚を手に入れたい!脚やせに効果抜群なオススメストレッチご紹介します ハムスト... 続きを読む

脚のむくみにはリンパが効く♪簡単にできるオススメのほぐし方ご紹介

「なぜ、こんなにも脚がむくんでしまうのだろう・・・」と思ったことはありませんか?オフィスワークで夕方になると脚がパンパン。そんな時には、自宅で手間暇いらずのセルフケアをしたいものです。足をすっきりさせてスリムに見せましょう。脚のむくみに... 続きを読む

寝たまま解消!【超簡単】脚のむくみ取りポーズのやり方

足のむくみに悩む女性はデスクワーク中心のことが多く、慢性的にむくんだ状態にあると言えます。そのためいくら念入りにトリートメントを行っても、治ってはむくみ治ってはむくみが続くようです。そんな方にオススメなのが、寝ながら楽に行える足のむくみ... 続きを読む

たるんだ脚とお尻のお悩み解決!「冷水シャワー」で一気に引き締める!

みなさんこんにちは。トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。いよいよ夏が来ますね。ショートパンツをカッコよく履きたい!脚を引き締めたい!というみなさんに、今回は一気に身体の引き締めが期待できる、冷水シャワーをご紹介してい... 続きを読む

腰が痛い人必見、椎間板ヘルニアの治療法まとめ

椎間板ヘルニアとはどんな病気

椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア、herniated disc)は、ヘルニアの一種であり、椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態である
椎間板ヘルニアとは - goo Wikipedia ... 続きを読む