大人のぜんそくが増えている(1)

30年で3倍。早期に発見して対策を!

まずは自分のぜんそくのタイプを知って危険因子を避けること

成人後初めて発症する例が多い

 なかなか止まらない激しいせき、呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューと鳴るのど、そして息苦しさ。このようなぜんそくの発作は、空気の通り道である気道の粘膜がちょっとした刺激に過敏に反応し、気道が狭くなることで起こります。
 刺激に反応した気道では、気管支をとりまいている平滑筋という筋肉がけいれんを起こして収縮します。同時に気道の粘膜が炎症によって腫(は)れ、粘液の分泌量が増えて粘りのある痰(たん)がたまり、さらに気道が狭くなります。そのため、息を吐いたり吸ったりが十分に行えず呼吸困難に陥いるのです。発作が治まっても、ぜんそく患者の気道は慢性的な炎症状態にあります。

 ぜんそくというと子どもに多いと思われるかもしれませんが、実は大人のぜんそく患者が増えています。大人のぜんそくは、過去30年で3倍に増加したといわれています。大人のぜんそくには、小児ぜんそくから移行するケースや、小児ぜんそくはいったん治まったが大人になってから再発するケースもあります。最も多いのは大人になって初めて発症するケースです。子どものころぜんそくではなかったから自分は安心、ということにはならないようです。

 大人のぜんそくは小児ぜんそくに比べ治りにくいといわれます。働き盛りに発病する人が多いため、多忙のせいで重症化しやすいこと、加齢とともに気道や肺の機能が低下することなどが原因といわれますが、早期に発見すれば治療効果も高く、適切な治療と自己管理によって、よくなっている人が大勢います。

かぜをきっかけに発症

 大人のぜんそくも、小児ぜんそくと同様アレルギー性であることが多いのですが、3分の1はアレルギーとは無関係に、かぜやストレス、排気ガスやタバコの煙、薬などがきっかけで発症すると考えられています。

 特にかぜから発症した場合は要注意です!実際、大人のぜんそくはかぜをきっかけに発症することが珍しくありません。かぜは治ったのにせきが続くという“せきぜんそく”のケースが多く、「かぜが長引いているのだろう」と思ってしまい、ぜんそくを見逃すこともあります。

 ぜんそくにはせきのほかにもいくつかの特徴があります。もしも以下のような症状があれば、ぜんそくかどうか、呼吸器科かアレルギー科を受診して検査を受けましょう。

(1)呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューといった音がする
(2)激しくせき込む(せきぜんそくではゼーゼー、ヒューヒューはない)
(3)肩で息をしている
(4)息苦しい。とくに息を吐くときが苦しい
(5)息を吸うと、のど元や鎖骨、みぞおちのあたりがへこむ
(6)寝た状態よりも起きているほうが呼吸がしやすい
(7)ネバネバした痰がたくさん出る
(8)ひどい発作ではくちびるや手足が紫色になる

さらにそれらの症状は
(1)深夜か明け方に起こることが多い
(2)安静にしていても突然起こることがある
(3)症状は一時的だが、くり返し起こることが多い

原因不明タイプはストレスがきっかけになることも

 ぜんそくの発作を予防したり、症状を悪化させないようにするには、 まず気道を刺激する物質やアレルゲンを特定し、身の回りから除去する必要があります。それには検査を受けて自分のぜんそくのタイプを知ることです。

 ぜんそくは、気道に炎症を引き起こす原因によって、アトピー型と非アトピー型の、大きく2つに分けられます。

 アトピー型はアレルギーの原因物質(アレルゲン)が特定されるタイプで、家ダニ、ハウスダスト(室内のほこり)、花粉類、カビ、犬や猫の毛などがアレルゲンになります。
 検査でダニやハウスダストがアレルゲンとわかれば、こまめに掃除してそれらを除去する、ペットの毛がアレルゲンならばペットを手放す、または家の外で飼うなど、アレルゲンを避ける生活環境を整えます。

 非アトピー型はアレルゲンが特定されないタイプです。かぜやインフルエンザなどの感染症、冷気、温度や湿度の変化、タバコの煙、排気ガス、食品添加物、アスピリンや解熱鎮痛剤などが発作の引き金として影響することがわかっています。精神的なストレスや運動が誘引になることもあります。
 このタイプは原因を特定しにくいためその排除も難しいのですが、これまでの発作時の状況などと考え合わせて、原因と推測できる危険因子を避けることを心がけます。

 近年、ぜんそくの治療法や治療目的は大きく変わってきています。次回は、吸入ステロイド薬を用いた予防的治療と自己管理について紹介します。

(「スーパー図解 ぜんそく―最新治療と健やかな毎日の知識」佐野靖之監修、法研より)

【監修】
佐野靖之氏


東京アレルギー・喘息研究所所長
佐野虎ノ門クリニック院長
1941年生まれ。1970東京大学医学部卒業。同大付属病院、東京都老人医療センターを経て、78年、米国クレイトン大学アレルギー病センターに留学。その後、東大医学部助手、国立医療センター、同愛記念病院アレルギー・呼吸器科部長を経て、2006年より現職。研究テーマは、重症難治性喘息、喘息死、慢性閉塞性肺疾患、ブロンコレア。『ケアに役立つ喘息の最新知識 ナーシング・フォーカス・シリーズ』(照林社)、『やさしい肺の病気 やさしいシリーズ』(日本医事新報社)など著書多数。

コラムに関連する病名が検索できます。