めまいの3つのタイプと原因と症状-ストレスが原因のめまいも

ぐるぐる、ふわふわ、くらっとくることはありませんか?

突然の「めまい」でも落ち着いて。「めまい」を防ぐ日常生活上のポイントを紹介します

めまいの7割は内耳の異常によるもの

 朝起き上がろうとしたとき、くらっときたり、目の前の風景がぐるぐる回ったりすることはありませんか? 「めまい」の原因の7割は内耳の異常にありますが、脳に異常がある場合や、自律神経やホルモンの乱れなどからめまいが起こる場合もあります。

 めまいの激しさと病気の重大さとは必ずしも一致しません。症状が激しいからといって重大な病気が潜んでいるとは限らない代わりに、ふらつくだけの軽いめまいがくも膜下出血の前兆ということもあります。ですから、めまいを起こしたらなるべく早く専門医を受診して原因をつきとめる必要があります。

タイプ別に対処法を知ろう

 めまいは、周囲がぐるぐる回る、体がふわっとゆれる、立ちくらみがする―の3つのタイプに大きく分けることができます。いざというとき、あわてず的確な対応ができるように、タイプ別に原因と対処法を知っておきましょう。

タイプ1 ぐるぐる回る回転性のめまい(天井など周りがぐるぐる回る)

〔原 因〕 多くは、内耳にあって体のバランスを保つ働きをする三半規管のトラブルによって起こる。大半は「良性発作性頭位めまい症」といって、症状は激しいが安静にすれば比較的すぐに治まる。激しい回転性のめまいに加え、耳鳴り、難聴などがあったら、メニエール病の可能性がある。
〔対処法〕耳鼻咽喉科やめまいの専門外来を受診。過度のストレス、過労は避ける。

タイプ2 ふわふわ浮いている感じのめまい(体がゆれて足が地に着かない感じ)

〔原 因〕 脳の中で体のバランスを保つ働きをする小脳の出血や腫瘍によって起こる。また、脳梗塞や脳出血の前兆である可能性もあるため要注意。心因性の場合も。
〔対処法〕 激しい頭痛や手足のしびれ、ろれつがまわらないなどの症状があるときは、すぐに救急車を手配し、神経内科や脳神経外科を受診。

タイプ3 くらっとする立ちくらみ(目の前が一瞬暗くなる)

〔原 因〕 急に立ち上がったときなど、脳の血流(酸素)量の調整が間に合わず不足することで起こる。血流量を調整している自律神経の働きが低下していたり、貧血や低血圧などで脳の血流量の少ない人が発症しやすい。
〔対処法〕 疲れをためないように休養と睡眠を十分とる。疲れているときは、立ち上がる動作などをゆっくり行う。

 突然めまいが起こった場合、あわてて動こうとすると転んでけがをする危険がありますから、落ち着いて、できるだけ楽な姿勢をとって安静にしましょう。多くの場合、安静にしていると症状が落ち着いてきます。

若い人に増えている心因性のめまい

 内耳や脳には異常がないのにめまいを起こすことを「心因性のめまい」と言っていますが、最近、若い人にこのタイプのめまいが増えています。「心因性のめまい」の特徴は、全身に力が入らず体がふわふわする感じがしたり、座っていてもゆれている感じがするというもの。動悸や息切れ、異常な発汗を伴うこともあります。「まためまいを起こすのでは…」という不安で、ますますめまいが起こりやすくなることもあります。

  心因性のめまいの原因は、ストレスや緊張、不安、うつ状態などですから、心療内科などを受診します。抗うつ薬などの薬物療法やカウンセリング、リラクセーションなどが行われます。

ストレスをためず睡眠を十分とり、積極的に体を動かそう

 内耳の障害が原因のめまいも、ストレスや生活リズムの乱れ、過労などが引き金となっていることが多いため、これらを改善することでめまいを起こしにくくすることができます。

 過度のストレスは内耳への血流量を減らし、メニエール病や良性発作性頭位めまい症などを引き起こすことがあります。また、めまいを気にしすぎるのもストレスとなって悪循環におちいりがち。過労や睡眠不足もめまいの誘引になります。めまいを防ぐには、ストレスをため込まない、気にしすぎない、睡眠を十分とって疲れをためないことが必要です。
  適度な運動は血行や代謝をよくし、内耳の状態をよくすることにつながります。ウオーキングなど適度の運動を積極的に行いましょう。

(「ジャストヘルス」法研より)

【監修】
大河原大次先生


耳鼻咽喉科 日本橋大河原クリニック院長
昭和34年東京生まれ。成蹊高校卒業。昭和60年帝京大学医学部卒業後、日本医科大学耳鼻咽喉科入局。その後、伊勢崎市民病院耳鼻咽喉科医長、神尾記念病院副院長を経て、平成18年12月耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック開業、現在に至る。医学博士。耳鼻咽喉科専門医、補聴器認定相談医、身体障害者福祉法指定医。

コラムに関連する病名が検索できます。

この記事を見ているひとはこんな記事も見ています

何度も確認したくなる、不安がつきまとう…強迫性障害の症状とは

家を出たあとで「鍵をかけ忘れたかもしれない」「ガスコンロの火を消し忘れたかもしれない」などと気になって引き返す。こんな経験は誰にでもあるでしょう。
しかし、一度確認をして再び家を出たあと、今度は「確認したとき無意識にかぎを開けてしまった... 続きを読む

バセドウ病はなぜ若い女性に多いの? 主な症状と治療法

バセドウ病は20~30歳代の若い女性に多い病気です。ちょうど就職、結婚、妊娠、出産など人生の大きな節目となるできごとが重なる年代で、それが病気の発症に深くかかわっていたり、治療を受けるうえで大きな不安材料になったりしています。なかには、バ... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む

腹痛の原因となる病気 3-ストレスで悪化する過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腸の検査や血液検査をしても異常が認められないのに、腹痛や下痢・便秘などの便通異常を中心とする消化器症状が長く続く病気です。ストレスが症状を悪化させる要因となり、日本を含む先進国で多くみられます。
日本人の10~15%が... 続きを読む

平均寿命よりも大事なのは『健康寿命』-食事と運動の秘訣

日本人の「平均寿命」は、女性が86.41歳で世界第1位、男性が79.94歳で世界第5位と、世界でもトップクラスの長さを誇ります(厚生労働省「平成24年簡易生命表」)。
この平均寿命に対して、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活... 続きを読む

過度な上がり性は、社交不安障害かも-身体的な症状と治療法


学校では新学期が、社会では新年度が始まりました。入学式、入社式、歓迎会、保護者会、結婚式など、改まった場に出ることが増えるシーズンの到来です。
初対面の人たちや大勢の人たちが集まる場所、あるいは「ここぞ」という大事な場面で上がってしま... 続きを読む

インフルエンザ予防法|家族にうつさないための対策とは

木枯らしが吹いて、そろそろインフルエンザが流行する季節です。もう予防接種は受けられたでしょうか?
インフルエンザは、日本では例年12月から3月にかけて流行し、年明けごろからピークを迎えます。感染予防にはまずワクチン接種を受けることですが、... 続きを読む

女性の片頭痛は男性の4倍! 原因は女性ホルモンの変動?

原因となる病気がなく頭痛をくり返すことを慢性頭痛といいますが、慢性頭痛のなかでも特に女性に多いのが「片頭痛」です。片頭痛はズキンズキンと脈打つような強い痛みが特徴で、こめかみから目のあたりにかけて強い頭痛が数時間から2~3日も続きます。 ... 続きを読む

子宮筋腫ってどんな病気? 筋腫を疑う8つの症状

次のような症状はありませんか?
もし思い当たることがあるようなら、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)かもしれません。 ・健康診断で今まではなかった貧血がわかった ・おなかに圧迫感を感じるようになった ・下腹部にしこりを触れる ・尿が近くなった... 続きを読む

かかりつけ医のすすめ-信用できるお医者さんを探す3つの秘訣

皆さんは病院にかかる前に、いろいろと情報を集めていると思います。評判のいいといわれる病院にかかったとしても、病院は大きい組織のため、いい医師にめぐり合えるとも、望む医療を受けられるともかぎりません。
しかし本来、病院とは大きな検査や治療... 続きを読む